IBS石井スポーツ福岡店 ☆久住に行ってきました☆

2014-04-28

 

この間のお休みに、大分県の久住に行ってきました!

雨の予報が曇りになり、移動中は太陽を拝むこともできて暖かくなるかな?と思いましたが、登山口の気温は9度。

やはり春山。油断して薄着で行くと危ないですね。

ということでスタート!最初のコンクリートが一番きつい。今回は牧ノ戸峠から星生山を経由して久住山という縦走コースです。

 

スタート

 

少し歩くとすぐ暖かくなりジャケットを脱ぐことに。

 

分かれ道

 

前日の雨で足場はかなりぐちゃぐちゃ。滑らないように岩場を抜け、分岐点に到着。このまままっすぐ進むと久住山直行。

しかし、今日は星生山から登ります。

 

ほっしょう算頂上

 

すみません・・・途中の景色を撮るの忘れてました。

分岐点からいきなり結構な急な登りになります。身長の低い方は苦労する岩場も出てきます。

今回のメンバーにも岩場を超えるのに苦労する仲間がいましたが、テープスリングを持って行ってたのでそれで登る介助をしました。

 

硫黄山

 

山頂から硫黄山(立ち入り禁止)が眺めれます。

 

案ビット

 

僕のアンビットで時間と距離と高度をだしました。こうやって使うととても面白い時計です。

さあここから久住山へ行きます。

星生山から久住山へは、これまたかなりのガレ場になっています。高所恐怖症の方は結構怖いかも。

帰りの時間を計算しつつ久住山へ!

 

久住山を見上げる

 

星生山を下山し、久住分かれに到着。写真は久住分かれから少し進んだ場所。目指すは写真右、久住山。

 

久住山頂上

 

到着!頂上には結構な人数。寒くてダウンを着ている方も発見。僕たちも寒いしおなかが減ったしで、すぐ下山しました。

 

ごはん

 

先ほどの久住分かれにて昼食。今回は食事担当が用意した麻婆豆腐!うまい!!僕は足りなかったので、ほかにスープを飲みました。

ここで一瞬霰が・・・・たしかにかなり寒い。コーヒーを飲んで早めに下山!

 

帰り道

 

帰りは星生山を登らないルートで下山します。右手小さく見えてる黒い場所は星生山です。見上げると、やはりかなりの岩場。

このまま無事下山し、トータル6時間半ほどの山行になりました。

春山はまだまだ寒いです。必ず防寒着を持って行きましょう。

 

IBS石井スポーツ福岡店  池田