オークリー スノーゴーグルの見え方【カンダコンペカン】

2021-12-10

こんにちは。

 

本日はオークリーゴーグルのレンズを覗いた時の見え方の違いをご紹介します。

 

まず、オークリーのゴーグルのほとんどが「PRIZM SNOW LENS」が搭載しており、通常のレンズよりも雪面の地形や凹凸、障害物を見やすくする為、コントラストを増幅させています。視認性が向上し雪山に特化したレンズです。

「PRIZM SNOW LENS」のレンズからーは9色あり、天候や明るさのコンディションに合わせた多彩なレンズバリエーションです。

その中から現在、カンダコンペカンにあるレンズカラーを6色ご紹介します。

※店内で撮影した為、外で見た時のレンズの明るさやレンズを覗いた明るさに多少違いがございます。ゴーグル選びのご参考になればと思います。

 

●PRIZM SNOW CLEAR(可視光線透過率:65%)

CLEARというレンズカラーですが、透明ではなく、薄いパープルが入っています。晴天よりは降雪や曇天など、悪天候で見やすい、明るめのレンズです。ナイターでも使えそうです。

 

●PRIZM SNOW HI PINK IRIDIUM(可視光線透過率:46%)

レンズカラー通りのピンク色のレンズです。PRIZM SNOW CLEARよりは色が濃くなり眩しさや雪面の凹凸がハッキリします。しかし、晴天時は眩しく感じる場合もあるので、このレンズも降雪や曇天で発揮するカラーです。

 

●PRIZM SNOW ROSE(可視光線透過率:26%)

オレンジが強くなり、より眩しが抑えられます。ミラー加工は強くないので、晴れ~降雪で使いやすいレンズです。PRIZM SNOW LENSの中で濃さで言えば中間のレンズカラーです。

 

●PRIZM SNOW TORCH IRIDIUM(可視光線透過率:17%)

このレンズからミラーが強くなり、晴れから曇りで見やすいレンズカラーです。オレンジよりレッドの感じが出てきて、よりコントラストがハッキリします。凹凸などは、より鮮明に見えます。

 

●PRIZM SNOW JADE IRIDIUM(可視光線透過率:13%)

 

このレンズもミラーが強く、PRIZM SNOW TORCHよりも少し濃いレンズです。より晴れコンディションのレンズと言えます。しかし曇りでも使えるレンズなので、どんよりとした天候でなければ、雪面の凹凸や変化は見やすいです。

 

●PRIZM SNOW SAPPHIRE IRIDIUM(可視光線透過率:13%)

PRIZM SNOW SAPPHIREと同じくらいの濃さです。ミラーレンズのカラーが違うので、見え方は少し異なります。晴天時の雪面の凹凸はもちろん、曇りでも雪面の変化、視認性の良さはあります。

 

オークリーのレンズの特徴はとにかく雪面のデコボコが見やすいと個人的に思います。比較的、濃いレンズですが、雪面をハッキリクッキリ見たい方にはオススメです!

店舗では実際にゴーグルをご試着できます。フレームの形やベルトのカラーも様々あります。ぜひ、お試しください!

この記事を書いたのは:


カンダコンペカン

住所 東京都千代田区神田神保町1-6-1 タキイ東京ビル1F
電話番号 03-3295-6060
FAX番号 03-3292-3856
営業時間 10:00~20:00
アクセス 地下鉄「神保町」駅より3分、A5出口を出て左手方向へ進み、2つ目を左に曲がり右角にございます。(登山本店裏側)
駐車場 無し

※記事中の情報および価格等は掲載当時のもので、最新では異なる場合がございます。予めご了承ください。