日付 2020/10/16
内容 テント山行記
所要時間 片道7時間
オススメ 紅葉

【大宮店】無雪期最後の北アルプス!テントで双六へ

こんにちわ!大宮店さんぺいです。

 

10/6~7に北アルプスの双六岳にテント一泊で行ってきました。

北アルプス南部に位置する双六岳は、標高2,860m。

双六谷の源頭、飛騨山脈の裏銀座の主稜線に位置しています。

 

*****今回のコース*****

一日目・・新穂高温泉登山口~わさび平小屋~佐俣林道~

小池新道~鏡平山荘~弓折乗越~双六小屋 (休憩含め約7時間)

テント泊

二日目・・双六小屋~空身で双六岳ピストン~テント撤収、新穂高温泉へ下山

****************

 

高速のサービスエリアで車中泊してから

新穂高温泉の駐車場に車を止めます。

 

 

案内板を見ると複数駐車場がありますが、無料の所は開いていませんでした。

登山指導センターの建物でトイレを利用可、自動販売機もあります。

 

AM 9:30 出発です!

 

 

笠ヶ岳登山口を見送り、しばらく平らな林道歩きが続きます。

ワサビ平小屋に到着!

 

 

 

コーラやお茶だけでなく、果物がキンキンで買えるなんて真夏には最高に

有難いですね!

 

 

登山道は色づき始めた木々がとても綺麗。

 

 

小池新道を登っていきます。

鏡平山荘に到着!

 

 

 

小屋の解体が始まっていて、営業は10/10までとの事でした。

小屋内のキレイなトイレを借りると、

蛇口付きの洗面台に手拭き用のペーパーが設置されていてとても衛生的でした。

 

弓折乗越では槍ヶ岳の素晴しい景色!

 

PM4:00 双六小屋が見えてきました!

いやあ~長かった・・

 

標高2,600mにある双六小屋は、大きく立派な山荘です。

営業は6月上旬~10月中旬、

小屋の収容人数は通常200名(今年は減数)。

小屋の前に蛇口の水場があります。

 

さて我々は受付を済ませたら池に面するテント場へ。

 

 

夏のお盆休みには大賑わいのテント場も、

小屋閉め間近なのでこの日は15張りほど。空いていました。

 

 

 

ペグが刺さりづらいので石の重しで固定しました。

 

今夜のメニューは、カルディで購入した火鍋です♪

 

 

カットしてきた白菜、ネギ、きのこ、豆腐に

冷凍豚肉と水ギョーザでモリモリ!

初めて買った火鍋の元は、タイカレーの味がしましたw

山飯も、鍋が美味しい季節になりましたね☆

 

夜の気温は0℃まで下がりました。

寝袋はモンベルの#2(マイナス2℃対応)に、薄手のフリースを着て

プラティパスの湯たんぽを抱いて快適に寝ました。

 

次の日は、日が昇ってからテントを置いて空身で双六岳へ。

山荘から1時間です。

 

毎度のことですが、朝イチのアタックが一番キツイ。。

空身なのに息が切れる貧弱なわたしです。。

 

山頂からは槍・穂高連峰を始め360℃の贅沢なアルプスの景色!

今年の無雪期最後になるであろうアルプスの姿を見ることが出来て幸せでした♪

 

 

***********

新穂高温泉から双六小屋へはコースタイム約7時間と長い工程ですが、

登山道はよく整備されていて歩きやすく、

槍穂高を眺めながら素晴しい時間を過ごすことが出来ました。

今年の夏山シーズンは残念ながらもう終わりですが、

来年はぜひ、皆さんも行ってみてください(^^♪