日付 2020/08/20
内容 沢登り
店舗 仙台店
所要時間 8時間
オススメ シャワークライミング

【仙台店】二口渓谷でシャワークライミング!

こんにちは。

 

泳げないけど沢好きな仙台店のひとつです。

 

今回は仙台市内で最も涼しい場所でのシャワークライミングのご報告です。

 

場所は名取川水系二口渓谷本流の小松原沢、仙台市内秋保温泉から山形へ抜ける二口林道の「二口番所跡」まで車で行き、今は山形市の造林小屋となっている山小屋の前から南沢を分ける本流(昭文社・山と高原地図では「禿沢」と記されている)を詰め上がる沢です。

 

 

こちらは岩登りの基本を学んだ方なら沢登り初心者でも経験豊富なリーダーの同行であれば楽しめるうえ、登り体力・岩登り(下降)技術・渡渉・藪漕ぎ・視界の無い中でのルートファインディングなど夏山登山の総合力が試せるため、古くから多くの学生さんや山岳会の新人さんたちを迎えてきた好ルートです。

 

 

本流に入ると程よい間隔で3~8mクラスの滝が続き、「小松倉沢」を分けたところからこの沢の核心部が始まります。8m、8m、15mと滝が続いた後、奥に50mの「銚子大滝」が立ちはだかります。

 

 

「銚子大滝」は突破方法が多様に有りますが、今回はちょっと冒険したい3人組だったので下部は滝の真ん中を水を浴びながら直登、途中から側壁の岩をクライミング、最後の滝を各々のラインどりで越えました。

 

 

この滝の後は、水深く川幅狭く両岸が高いゴルジュ地形となり増水時は泳げない人はもっとも緊張するところですが今回はすんなり通過。

 

 

美しいブナ林の中の源流となった後は水量に導かれるままに登り、沢形が無くなり水が消えてからは熊笹の藪を経て山形神室~仙台神室岳間のダンゴ平へ抜けます。

 

 

下りは仙台神室岳の山頂から猛烈なヤブ尾根を真北へ下り、「南沢」を下降するのですが、ここで方向を間違えると、南の川崎町へ下る沢に迷い込み遭難騒ぎになってしまうので、地形図とコンパスを駆使しての前進でした。

 

 

滑りやすい急斜面の藪を下っていくとどこからともなく水の流れが現れ、それが集まってくると崩れやすいガレの詰まった沢になります。これを慎重にかつ快調に下ると南沢に着く頃、目の前に巨大な老木が!

 

 

ここからは傾斜も緩み、岩盤の上をさらさらと水が流れるナメ地形となり深い森を堪能しつつ今日の旅のクールダウンに入りのんびり下れました。

 

 

まだしばらく暑い日が続きそうなので、泳がず涼を楽しんでいきたいと思います。最後まで乱文を読んで下さりありがとうございました(^^♪

 

仙台店 一柳

この記事を書いたのは:


ヨドバシ仙台店

住所 宮城県仙台市宮城野区榴岡1-2-13 ヨドバシ仙台4階
電話番号 022-355-7906
FAX番号 022-295-6214
営業時間 9:30~22:00
アクセス JJR仙台駅東口より徒歩1分 
駐車場 ヨドバシカメラ マルチメディア仙台専用駐車場/基本料金 30分200円 サービス:1,000円以上お買い上げで1時間サービス/5,000円以上お買い上げで2時間サービス/5万円以上お買い上げで3時間サービス

※記事中の情報および価格等は掲載当時のもので、最新では異なる場合がございます。予めご了承ください。