テント山行デビュー 10万円チャレンジ【大丸東京店】

2020-06-13

 

テント山行を考えていらっしゃるお客様のご来店が増えてきました。

 

そこで、
日帰り登山の装備から、追加で必要な装備はいくらぐらいするのか、
価格優先で選ぶと、10万円でお釣りがくるのか?
リストアップしてみました。

(商品名はヨドバシ・ドット・コムにリンクしています)

・テント
プロモンテ VL-16(1人用)
¥36,800(税込・2020/6/10現在)

定番モデルがモデルチェンジでお買い得。
テント選びはサイズと重量だけではありませんよ~
いろいろあるので、どれを選べばいいか分らない!という方、是非ご相談ください。


・寝袋
イスカ アルファライト 500
¥16,500(税込・2020/6/10現在)

春~秋の季節にお勧めの化繊シュラフ。
シュラフは対応温度をどこまで見るかポイント
軽く小さくしたい方はダウンシュラフを!

 


・マット
ニーモ スイッチバック ショート ボリエール
¥5,830(税込・2020/6/10現在)

人気のマットにニューカラー登場
こちらの「クローズドセルフォームパッド」に対して、
収納サイズが小さい「エアマット」も人気です。


・クッカー
ダグ BANQUET- I  
¥3,480(税込・2020/6/10現在)

早めにテント場に着いたらゆっくり食事の準備でも
自分で料理する時は、底が広い鍋いいですね。
ライト&ファースト重視でお湯沸し中心であれば縦長の小さなクッカーでも

 


・バーナー
EPI NEOストーブ
¥7,480(税込・2020/6/10現在)

安定のいいちょっと大きめのバーナー
お湯もすぐ沸くハイパワー
別売のガスカートリッジが必要です。

 


・大型ザック
ドイター エアコンタクトライト 50+10
¥25,300(税込・2020/6/10現在)

装備をすべて入れるには60リットル前後の大型ザックが必要です。
全ての装備を軽量コンパクトで選べば45リットル程度でも可能な場合がありますが、
大型ザックは腰のパッドなども大型で、体の負担を軽減するよう考えられています。
重さを加えて背負い比べてみると、結構その差を体感できますよ!

 

 

さて、ここまでの費用は、、
テント 36,800
シュラフ16,500
マット 5,830
クッカー3,480
バーナー7,480
ザック 25,300
—————–
合計 95,390円

 

見事予算クリア!

 

予算に余裕がある方は、それぞれをじっくり選んでくださいね。

 

「一番いい!」と思ったものを長く使うのが山道具選びの基本でもあります。

 

それと、食糧・水・燃料なども合わせると、装備重量が10kg前後になるので、
足回りもあまり軽いハイキングシューズではNGですね。

 

それなりに体力も必要ですから、近郊の山でトレーニングも必要でしょう。

 

山に泊まると夕日や日の出の感動や、
全て自分で成し遂げた忘れられない体験ができるかもしれません~

 

 

大丸東京店 宗形