靴底がもう限界!になる前に。次の1足をお探しください【仙台店】

2020-05-20

 

仙台駅前からおばんです!

 

誰しも、長年愛用してきた登山靴があると思います。

 

今年は特に使う機会が少なくなり、未だに棚の中で眠りっぱなし……なんてことになっていないでしょうか。

 

 

 

私の思い入れの1足は、真っ赤なマウンテンランニングシューズです。久々に棚から出してみると、

 

思っていた以上に靴底(アウトソール)が減っていました。

 

こちらの1足は4年以上履いていますが、

 

靴の寿命は履きつぶすだけでなく、長時間履かなくてもどんどん短くなっていくんだな……と改めて噛みしめています。

 

 

 

 

春先は土中の湿り気が戻り、柔らかく、踏み外しやすい状態の地面になっていきます。

 

使っている最中にズルズルと滑ってしまわないように、まずご自宅で靴底のチェックをお願いします!

 

 ☆ 靴底の「いい状態」とは? ☆

      基本の3項目 

 ①ツメと溝(ラグ)が、はっきりと残っている。

 ②砂利が付いていたり、小石が挟まったり

  していない。

 ③カビ加水分解の原因になる水気が無く、

  乾いている

 

そしてもし、今の靴では引退だなと思ったら。

 

いい靴底をした ”次の相棒” をぜひ探してみてください

 

「たくさんの山へ連れて行ってくれてありがとう、お疲れ様!」という思いで、私の赤いシューズにも退してもらうことにしました。

 

 

 

この靴に引けを取らないモデルが、仙台店にも続々入荷してきていますので、次の相棒探しに大注目です。

 

その中の1足、HOKAONEONE(ホカオネオネ)のトレイルランシューズ。

 

Speedgoat 4
税込 ¥20,900 (Mens・Womens)※2020.05.20現在

☆ヨドバシドットコムでも取り扱い中!☆

 ⇒ Womens / Mens

 

アウトソールには、登山靴で広いシェアを誇るビブラム社のビブラム® ソールを採用。

 

ツメを良く観察してみると段々畑のようになっていて、トレイルを下りる時に、しなやかで強力なグリップを期待できそうです。

 

 

鮮やかなカラーリングにわくわくします。

 

 

脚幅が広めの方に、ワイドタイプも展開しているようですよ!

 

 

仙台店 登山靴&トレランコーナーからご紹介でした。