涸沢岳西尾根(敗退)【登山本店】

2020-03-28

3月25.26日 涸沢岳西尾根~奥穂高

メンバー:天野校長、 金井、宮下、土井(登山本店) 岩田(大丸東京店)

みんなで涸沢岳西尾根~奥穂へ。届出出して出発。初日は2380mのテン場まで林の中の急登を登っていきます。

 

 

スコップで雪を掘り起しテント設営。

夜明けと共に出発。雲一つない快晴。

気持ちよく軽快に進むが、途中で岩田の膝が悲鳴をあげギブアップ。

この山行の前日も、酒にのまれ、胃腸もやられてたようです。

若いのに体ボロボロです。

一人サヨナラ。。

 

雪庇に気をつけながら、コンテで進みます。

最高の天気の中、トレースをつけて歩くのはとても気持ちイイですね。

そして、後ろには天野校長に金井ガイド。

なにこの安心感・・・もう完全にガイド山行です。

 

 

さて、ここから岩と雪のミックス・・・からのなぜか凍った所もチラホラ。

ちょっと不安になりながらも先を進みます。

最年長、金井(登攀具担当兼ガイド)はイケイケです。

そして、ここにきて不安的中。ほとんどアイスバーン。

所々ピッケルアイゼンが刺さりにくい硬さ。。マジか。。

雪の上をサクサク歩くつもりで来たのに

カリカリ。カチコチじゃないですか。

自分はピッケル1本になぜか岩用のアイゼンで来てしまった(反省)

 

安全地帯で話し合い。ロープも出したいが支点が微妙。

天野校長「おそらくこの雪の状況は奥穂まで続くかも・・こんなに悪いのは珍しい。」

トップを歩く金井は、あいかわらずイケイケで行く気満々ですが、そこは無視しして(笑)

「はい 帰りましょう!」

撤退。

慎重に下山。下山の方が怖いです。

せっかくなんで、蒲田富士は登って帰りましょう。

 

 

下山。

体調不良でお留守番の2人にあって一安心。

いろいろありましたが、楽しい山行でした。

天候や雪の状況によってコンディションはだいぶ変わりますので、

春山に行く際はにはご注意ください。

 

 

 

 

登山本店公式Twitter始めました!!
山にまつわる鮮度の高い情報を毎日つぶやいています!

フォローとイイネをお願いします!https://twitter.com/MtshiiT