山の花【長野店】

2020-04-02

山では色々な花が咲いてきてますね

ツツジやモクレンなどは甘い香りがするので、

山を歩いていると甘い匂いがして、長い冬の終わり、春の始まりを感じます。

京ヶ倉のヒカゲツツジ(4月後半)

この時期、山では黄色い花も多く見かけます。

キブシ(小さな風鈴のような丸い花を連なって付ける。低木。)

アカメガシワ(伐採した後等よくみかける生命力の強い樹。大きな葉っぱ)

シキミ(大きな花。硬い葉っぱの常緑樹)

・・・などなど

中でもダンコウバイ、アブラチャン、クロモジ、サンシュユ等は

花がとても似ています

同じような高さの樹(亜高木:低木でも高木でもない中くらいの樹)で花もそっくり、見分けが難しいです

ダンコウバイの花は花序に柄がなく丸く集まってみえます、葉っぱは恐竜の足跡みたいな丸くて大きいです。

アブラチャンはクロモジ科ですが、花はダンコウバイと違い花序に柄があります。クロモジは枝が黒くて特徴があるので分かり易いですね、ツマヨウジに使われ岐阜ではカンジキにも使うらしいです。

サンシュユはミズキ科です。花序は散形でやや散らばって花びらの先が丸くなっています。

・・・

・・・・

見分けるのはなかなか難しいですが

その時にすぐ分かることはそれほど重要ではないと思っています

センスオブワンダーという本(著:レイチェルカーソン)の中でも感じることの方が大切と述べています。

同じ山を季節を変えて登って、

春「あ、なんかボンボンみたいな黄色い花がある」

夏「大きな葉っぱだなぁ、なんか虫多いな」

秋「きれいな黄色だなぁ、虫食い多くない?」

冬「ここにあったはずだけど雪の下かな?」

などなど、一年を通じて興味を持って見て欲しいと思います。

ダンコウバイには虫や鳥がよくとまっています。

葉っぱも虫に食われますしね。

動物の豊かな森には生き物を嫌がらない樹があるからかも。

数年後「あれ、この辺りにあった丸い葉っぱの樹がない」

なんてことも・・・

亜高木は周囲の環境に影響しやすく、動物にかじられたり樹の枝が落ちて倒れたり、少しの虫食いや病気で枯れてしまいます。

ですが、周囲の状況次第で増えたりもします。

これはヒカゲツツジです

 枯れた枝は虫の住処になります。

鳥の地鳴き(チャチャチャと小刻みな感じ)を聞くと虫を探しているのかな・・・

逆に枝が少ない樹林帯は虫の隠れ家が少ない、鳥も少ないのかな・・・

そんなことを思いながら登山してみてはいかがでしょうか?

新緑もきれいですし、紅葉も楽しみです

カエデの枝は対生といって、対になって生えます

この雪解けの時期、昨年見かけた植物がこの春も出ているか心配しながらも、また会えるか楽しみしつつ探しています。

北岳の八本歯を登った先にあるキタダケソウ、信越トレイルのセクション3のカンアオイなどなど、今年も会えるだろうか。再会がなんとも待ち遠しいものです。

長野店 細田

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

石井スポーツがヨドバシグループの一員になり、ネットのお買い物も益々便利になりました。宜しくお願い致します。

ヨドバシドットコム

石井スポーツ ストア

石井スポーツ・アートスポーツでヨドバシゴールドポイントがご利用いただけるようになりました ⇒詳しくはこちら

☆インスタグラムもやっています 石井スポーツ長野店 インスタグラム

instagram.com/isii.nagano/