ガチで雪洞掘ってみた!【富山店×松本店】

2020-03-26

富山店×松本店

 

勝手にコラボ企画!

 

【ガチで雪洞掘ってみた】

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然みなさんこんにちは!

 

最近「ブログを私物化している」と囁かれている

富山店スタッフ・山野本です。

 

 

今回はスペシャル企画です。

 

松本店屈指

 

山岳フォトグラファー酒井氏

とコラボして

 

北アルプス・乗鞍岳

本気の雪洞掘りに行ってきました!

雪洞とは、文字通り「雪の洞穴」です。

冬山における有効なビバーク手段の一つで

最近でも、冬山遭難者が

雪洞を掘ってビバークして

生還したなんてニュースも散見されています。

 

 

そこで、男二人。乗鞍岳へ!

さらに、ただのビバークでは物足りない!

 

掘って掘って掘りまくって!

ワンランク上のビバーク

 

そう!プレミアム・ビバーク!

しようじゃないか

 

 

というわけで、

標高約2600m付近の雪面に場所を選定し、

訓練開始!

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、空、山、雪、自然、屋外約1時間~大人一人が寝転がれる程度
約2時間~大人二人が寝転がれる程度
約3時間~膝立ちしてもまだ余裕がある広さ

掘って掘って掘りまくる!動画クリック

掘り続けること約4時間

 

大人二人が膝立ちでき、

手足を伸ばして寝られる広さ

 

まで拡大することができました。

あとはせっせと体裁を整え、完成です。

 

二人とも服の色が被るまさかの双子コーデ

 

入口に被せたツェルトの色と同化する奇跡

 

画像に含まれている可能性があるもの:2人、雪、屋外、自然レスキューカラーのオレンジが

雪山では映えます。

 

こんにちは酒井さん!完成動画

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上雪洞空間は快適で、

風を完全に遮断できるので、

寒さを感じません。

⇓⇓⇓⇓⇓360°画像⇓⇓⇓⇓⇓クリックしてみて

晩御飯を食べるころには、

外は吹雪と暴風でしたが、

中はハイブリッド車のエンジン音ぐらい

静かな空間でした。

(おかげで二人して寝坊)

⇓⇓⇓⇓⇓360°画像⇓⇓⇓⇓⇓クリックしてみて

朝起きると、

もう日の出を迎えているはずが、

まったく光が射していない。

そう!昨晩の吹雪で入口が埋没しています!

 

しかし、焦ることなかれ!

ピッケルとスコップを雪洞内に入れておく

 

という基本を忠実に守ることで、

 

脱出はスムーズ!無事に生還いたしました!

 

 

必死の大脱出動画!

長くなりましたが、今回の雪洞泊では、

学ぶことがたくさんありました!

 

冬山は常に危険と隣り合わせです!

少しでも、行程や装備に不安があれば、

石井スポーツスタッフまで、

お気軽にご相談ください!

まだまだ雪のシーズンは続きます!

安全に登山を楽しみましょう。

 

 

 

今回使用したのは、ファイントラックのツェルトです。

ツェルトは、安全登山には必須の道具ですので、

持っていて損はありません。

⇓⇓⇓⇓⇓画像をclick


※価格は2020/03/26時点のものです