ゼロからのスキーデビュー2 ~僕をスキーへ連れてって~【富山店】

2020-03-17

富山店スタッフ企画

【ゼロからのスキーデビュー】

~僕をスキーにつれてって~

 

 

 

こんにちは!富山店スタッフ・山野本です!

 

みなさん!お待ちかね!(待ってない?)

 

待望の続編です!

 

まともにブーツも履けない、

歩けど歩けど後ろに下がる、

超が付くほどド素人の僕は、

果たして滑れるようになるのでしょうか。

 

 

episode2】

無事に、無傷でゲレンデに向かった僕は、

 

一に転んで、二に転び

三四も転んで、五も転ぶ!

 

もうそれはそれは、転びます!

ズッコケ動画①!

 

 

僕が転ぶ度に、指導員たちは、

子供に補助輪無しで自転車の練習をさせている

母親のような眼差しを向け、

「うんうん。転けて上手くなるんだよ」

なんて励ましてくれます。

 

 

普段は、「若いから何でも出来そうだね」とか

「スポーツ万能で羨ましい」

なんてチヤホヤされ、

調子に乗っている僕が、

生まれたての小鹿のようになっている様を、

キャッキャと楽しんでいる感さえあります。

(実際、楽しんでいる)

 

 

そんな眼差しに、僕は沸々と

闘志を燃やすのです。

 

ズッコケ動画②

 

誰が言い出すともなく、

「もうリフト乗っちゃって、上まで行けば?」

という流れで、人生初のスキーリフトへ

 

リフトの係員さんに

「35歳で初めてリフトに乗ります」

などといらぬ申告をし、

 

係員さんを不安がらせたことを

ここに謝罪いたします。

 

 

そんなこんなで

ゲレンデ初心者コースにたどり着き、

人生初のゲレンデ滑走!

 

僕の感想は、

 

「こわ楽しい!」

 

滑っているのは、めちゃくちゃ楽しい!

でも上手く止まれない恐怖がある!

このまま勢いついて、止まれずに、

どっかに突っ込んじゃったらどうしよう!

みたいな感じです。

 

 

ゲレンデに出ても、転ぶ転ぶ!

その度に、「うんうん」という、

あの眼差しを浴びるわけです。

もうグサグサ突き刺さります。

前後左右を囲まれ、両手両足に華!

贅沢な指導を受け、回数を重ねるうちに、

何だか滑れるようになってきました!

 

ズッコケ動画③

お付き合いくださった

当店スタッフの皆様には、

感謝しかありません。

 

あと僕は一つ、大きな過ちを犯しています。

お気づきの方もいると思いますが、

ヘルメットを被っていません。

 

転倒時に頭部でも打とうもんなら、

大きな怪我に繋がりますし、

上手く止まれずにゲレンデで転ければ、

他の滑走者との衝突もあり得ます。

 

安全面から、ヘルメットは、

絶対に被らないといけません。

安全面への配慮が足りなかったことを、

ここに謝罪したします。

 

 

なんだか謝ってばかりですが、

安全にスキーを楽しむため、

基本をしっかりと身に付けようと思います!

 

ゲレンデデビューは、

いざ滑りだすと、楽しすぎて、

お昼ごはんを食べるのも忘れそうなくらい、

夢中で滑っていました!

風を切る心地よさに、虜になっていました!

 

なんとかコツが掴め出したところで

ドキュメントはepisode3に続きます。

 

なんとなくの体験談だと飽きちゃうので、

タイトルを付けておきます。

 

 

次回

episode3は、

「ゲレンデは3割り増し」

 

です。

 

 

みなさんのお暇潰しと、

これからスキーを始めたいという方への

勇気付けになれば幸いです。