【川越店】レインウェアを手入れしました

2019-12-28

レインウェアの撥水性が低下してきた為
ファイントラックの洗剤と撥水剤で
リカバリーをしてみました。

 

 

 

☆オールウォッシュで洗濯
・ジャケット、パンツのファスナーをすべて閉じます
・洗濯ネットに入れ、洗濯
・すすぎは2回、脱水は洗濯槽の水を抜くだけ

 

 

 

☆陰干し。平行して撥水剤の用意
・目安( 水と、その水量の10%分の撥水剤)を基に用意します
・今回は「ジャケット&パンツ」の2点を浸せる水量が欲しいので
2700mlの水と270mlの撥水剤を用意しました。

 

 

☆水と撥水剤のバランスが大事
洗濯直後のウェアに含まれる水分によって
撥水剤を薄めてしまいます。
水がウェアから滴り落ちない程度まで干してから
撥水剤に浸すと、より効果的との事です。

 

 

☆浸す時間はおよそ1時間ほど
・水面からウェアがあまり出ずに浸せる水量がベストです
・ゴム手袋をオススメします。撥水剤か皮膚へ付着するのを防ぐためです
・ファイントラックの撥水剤は効果が長持ちするのが特徴の1つです
・ビニール袋でも代用できますが1枚では心もと無いかもしれません
・ウェアが浮いてこないよう、ぎゅ~っと押込みます
※完全水没は出来ず多少は浮きますので、日陰での作業をオススメします

 

☆しっかり陰干しします
・撥水剤特有の匂いは、ウェアが乾いた頃には飛んでしまっていて
個人的には殆ど認識できません。
・フードに撥水剤が溜まってました。
タイミングをみてフードを裏返しにしてしっかり乾かします。

 

 

☆もし可能であれば
・洗濯表示でOkとされていれば、アイロンがけをおすすめします
・熱よって、撥水効果をより高める事が可能です
・あて布をして、低温で。生地を押し付けずに軽い力でかけます。

 

 

☆完成

 

 

 

透湿機能は、表生地の撥水状態の影響が反映されます。
新品だった時により近いコンディションで
アウトドアを楽しめて行けたらと思います。

 

長文、失礼しました