日付 2019/09/03
内容 天狗尾根をAKU「テングGTX」で挑戦!
店舗 登山本店/平林
所要時間 1泊2日
オススメ バリエーションルートで「テングGTX」をテスト!

【登山本店】AKU「テング」で赤岳天狗尾根にトライ!

赤岳天狗尾根でAKU「テング」が大活躍!

足元は今回の山行で真価を発揮したAKU「テングGTX」

 

こんにちは!登山本店バヤシです。

今回はAKU「テングGTX」のフィールドレポートです。

赤岳の南東側にあるバリエーションルート、その名も天狗尾根を使い赤岳へ行ってきました!

※天狗尾根は一般登山道ではないのでクライミングの装備、技術のない方の入山は危険です。

 

 

 

美しの森から入山!

これでもかといろんな形式の砂防ダムが次々に現れる

 

清里の美しの森駐車場からスタート。

あいにくの曇り空でしたが暑くないのは助かりました。長~く単調な林道をやっと抜けると沢沿いの道に。次から次へと現れる砂防ダムを堪能しながら進みます!コースは地元の山岳会の方が整備してくれているため、下草も刈ってあり快適に歩けます。感謝!

 

 

目指す天狗尾根が見えた!

中央のそそり立つ岩が大天狗

 

延々ガスの中を歩いていましたが、一瞬風でガスが流れて天狗尾根が登場!特徴的な岩峰が姿を現しました!

 

 

出合の小屋で小休止!

非常時には避難小屋として利用させてもらえる出合小屋

 

14時に出合小屋に到着。ここがツルネ東稜と天狗尾根の分岐になります。このルートでは唯一の貴重なトイレもありここで鋭気を養います。このトイレが無理な人はこの先へ進むことはあきらめた方がいいと思います。

天狗尾根へは小屋の右手の沢をしばらく行き、右岸の急登から取りつきます。

 

 

今夜はツェルトでビバーク!

立木と倒木を利用してツェルトを設営

 

17時頃ビバーク適地を見つけてツェルトを設営しました。

夕食後に天気は大荒れになり嵐になりました。風雨の音はすさまじく横を新幹線が通過しているようだと同行の友人は言っていましたが、自分は日ごろの睡眠不足のため爆睡。

 

 

朝まわりを見ると美味しそうなキノコがたくさん顔を出していました!

 

しっかりと設営できる技術があれば、フレームのないツェルトは意外と風にも強いもので、ポールが折れるような強風に耐え無事朝を迎えることができました!

 

 

読図もできて一石二鳥!?

地図扇子「八ヶ岳西部」 ¥800+税

 

取出だしたるこの扇、なんと廃図になった地形図を再利用したその名も「地図扇子」!

ちょうど赤岳、阿弥陀岳が収まっており天狗尾根と真教寺尾根の核心部もばっちり!涼まりながら優雅に現在地を確認できちゃいます!

 

 

ついにカニのハサミが現る!

不気味に登山者を待ち受けるカニのハサミ岩

 

地味な樹林帯の尾根歩きから突如、屹立した岩稜が現れます!

ここからはヘルメット、ハーネスを装着しいよいよ天狗尾根の核心部に突入!

 

 

岩稜縦走におすすめの1足!

IMGP0001

AKU「TENGU GTX」 重量 UK8:725g UK5:650g0¥40,000+税

テングGTXは山を駆け廻る天狗のような軽快さが特徴のライトマウンテンブーツ。UK8で725gと軽量ながらセミワンタッチアイゼンに対応し、耐久性と岩稜縦走に必要とされる剛性を持ちながらフレキシブルな足首周りで軽いフットワークを実現しています。

 

岩だけでなく泥にも強いソールパターン!

岩場だけでなく泥濘でもグリップ力を発揮するソールパターン

 

テングGTXに採用されたビブラムのクルクマソールは、一般的な岩場向けのソールパターン比べ、溝の間隔が広めになっており泥や小石が詰まりづらいのが特徴。

 

 

しなやかなミッドソールが岩に食い込む!

ミッドーソールのオレンジの部分が凹んでソールが岩に密着している

 

ミッドソールはAKU独自の高い衝撃吸収性と安定性を誇る「IMS3」を採用。三層構造のミッドーソールは荷重を分散し疲労を軽減するだけではなく、岩場などでソールが岩に食い込むことで抜群のグリップ力を発揮します!

 

 

テングは岩場で真価を発揮!

クライミングゾーンを効かして天狗尾根のカニのハサミを登攀

 

固すぎず、柔らかすぎず絶妙なカーボンシャンクの剛性感でアプローチも岩場も快適!

一般登山道はもちろんバリエーションルートでもテングGTXは抜群の履き心地で難ルートも悠々突破!

 

 

ついに大天狗に登頂!

天狗尾根のランドマーク大天狗を制覇!

 

次から次へと岩峰が現れ、天狗尾根の象徴的な岩峰「大天狗」に登頂!

本来なら大パノラマが広がるのですが、残念ながら雨が降りだしてしまいました・・・

 

 

小天狗の向こうは赤岳!

大天狗の上から見た小天狗

 

大天狗の上で少し粘っていると、ガスの向こうに赤岳が!

展望もほんの束の間で本降りになってきました。

 

 

天狗尾根を抜けて一般縦走路に到着!

小天狗の奥に聳える大天狗

 

小天狗の左脇を巻いて登りきるとキレット小屋に続く一般縦走路に到着です。 縦走の余韻に浸る間もなく、また一面ガスに包まれて視界は無くなってしまいました。

 

 

大人気の赤岳を貸切!

ガスで何も見えない赤岳山頂

 

360度広がる眺望のため人気の赤岳も一面真っ白!なんと山頂を貸切です!!

気温は8度と下界の暑さを忘れる寒さで、レインを羽織っていても肌寒いくらいでした。

 

 

特別天然記念物様が登場!

ガスの中のんびり貪る姿が癒されるカモシカ

 

貸切と思われた山頂付近になんと先客がいました!

最近増えすぎてなんだか有難味がなくなってきている(?)カモシカです。

ガスの中、大きな黒い影が動いていると一瞬身構えてしまいます。

 

 

手もと.足もとShinkyoji!

下りは長い鎖場が名物の真教寺尾根を利用

 

下りは鎖満載、ロックな真教寺尾根を下山!

強くなった雨に濡れる鎖場でもテングGTXは抜群のグリップ力を発揮!

 

 

延々と続く鎖場にお腹一杯!

とにかく鎖場が続く真教寺尾根

 

下っても下っても先の見えないガスの中、鎖は続く!

ひたすら岩と鎖でお腹一杯になった二日間もいよいよフィナーレ。

雨風もだんだんと強くなりあたりは真っ暗になっても強行軍は止まらず、なんとか気合で下山し美しの森の駐車場まで無事帰還しました。

今回の山行を通してテングGTXへの揺るぎない信頼がさらに強固になりました。ぜひ店頭にてお試しください!!

 

 

登山本店公式Twitter始めました!!
山にまつわる鮮度の高い情報を毎日つぶやいています!

フォローとイイネをお願いします!https://twitter.com/MtshiiT

 

 

 

 

 

次は夜のロープワーク講習会に参加する登山本店☆バヤシでした!