【川越店】石井スポーツ登山学校 北アルプス唐松岳へ行ってきました

皆さん山に登っていますか

石井スポーツ登山学校では一人でも多くの登山者を増やしたいと思い

実際に山に登る実技講習を開いています。

今回の登山学校は大宮・川越店の合同企画

北アルプス唐松岳 八方尾根のゴンドラとリフトを利用して八方尾根の八方池山荘を起点にした日帰り往復登山です。

1830mの山荘から八方池を経由して2695mの唐松岳のピークハントをします。

一般登山者が日帰りで唯一北アルプスのピークを踏める山です(多少強行です)

今回は参加者と石井スポーツのガイドを含め9名で行ってきました。

まずは八方池山荘の前で準備運動とストレッチ。

ゴンドラとリフトを利用したのですでに1830mの八方尾根の中間地点。

唐松岳の登り始めは八方池巡りのハイカーが多く、ほぼ行列の状態。ペースがやや乱れるも順調な歩きだし。風がやや強く、稜線がどうなっているか気になる天候でした。

ちょっと旬を過ぎましたが、八方尾根はスキー場より上はかなり高山植物が咲いています。7月の梅雨明け頃が盛りと思われます!

途中に休憩に適したポイントがあったり、急なコースが少ないため北アルプスの中では初心者には最適なコースです。

樹林帯を歩くよりも森林限界を越えた展望のいい稜線歩きのような登山ができるのが八方尾根の魅力です。

八方尾根の後半部分。丸山ケルンから眺める不帰キレットの岩峰群。

荒々しさと谷の深さが北アルプスのスケールの大きさを実感できるポイント。

登山開始から3時間でこれだけの絶景ポイントはめったにないと思われます。

11時55分に無事 唐松岳の山頂到着。展望がないのが残念!

12時に参加者全員で記念撮影。風が強くて体感温度は10度切っています。

少し厳しいコンディションでしたが順調に時間通り山頂にたどり着きました。

その後、簡単なランチを済ませ(20分と短く参加者の皆さんすみません)

12時40分に唐松山荘から八方山荘のリフト乗り場へ向かいました。

帰路も順調に歩くことができ、15時40分予定より20分早く下山口に到着。

けが人もなく、麓の八方尾根ゴンドラ降り場でお開きとなりました。

改めてご参加された皆様にはお疲れ様でした。

次はもう少しマイルドな企画を考えます。こうご期待!

 

担当 よねやま