【川越店】苗場山に行ってきました。

 

こんにちは~ (^o^)丿

2019/ 8/ 4 (日) 新潟県南部と長野県北東部の県境に位置する

【苗場山】 標高 : 2145m に行ってきました。

 

天気 : 晴天

 

秡川登山口駐車場 ⇒ 和田小屋 ⇒ 下ノ芝 ⇒ 中ノ芝 ⇒ 上ノ芝 ⇒ 神楽ヶ峰

⇒ 富士見坂 ⇒ 雷清水 ⇒ お花畑 ⇒ 雲尾坂 ⇒ 苗場山山頂 ⇒ 苗場山頂ヒュッテ

⇒ 秡川登山口駐車場

 

 

 

 

日本百名山の一つで、上信越高原国立公園に属しています。

山頂南西側の平坦面には、湿地が形成され、湖沼が点在しており

たくさんの高山植物を楽しめる山です。

 

 

秡川登山口駐車場に 6:00 ちょと過ぎに到着。

駐車場はすでに空きスペースが、少ない状態でした (;´Д`)

さすが! 人気の山!(駐車台数 30台 ~10/20まで有料¥500 )

登山道入口に綺麗なトイレがあり、女性には本当に助かりますね。

 

 

【秡川登山口駐車場】出発 6:40 『行ってきま~す』

 

スタート早々、ズルズル登山道だぁ~ (一一”)

 

かぐらスキー場の敷地内 (かぐらエリア) を歩いていくと・・・

 

 

スタートから 20分 程度で、【和田小屋】に到着!

和田小屋は、~ 2019 / 10 / 19 (土)まで夏季営業です。

トイレは、有料 ¥100 で使用可能。

 

ゲレンデを歩き進んで行くと【五合半】【六合目】の標識を通り過ぎ・・・

和田小屋から 60分で【下ノ芝】に到着(´▽`*)

 

 

 

 

【七合半】の標識を通り過ぎ、ベンチが出てくると【中ノ芝】所要時間30分

たくさんの登山者が、休憩されていましたが、通過しま~す。

 

 

空へと続く木道階段(´▽`*)  うっとり♡

【上ノ芝】まで 所要時間 25分

すぐに小松原分岐の標識があり、十日町方面からのくる小松原コースとの合流

 

カッサ湖(田代湖)を眺めることができました。

なんで?カッサ湖?

信濃川水系カッサ川 (勝沢川) カツサ川とも言うらしい???です。

 

【神楽ヶ峰】八合目 に到着。上ノ芝より20分

神楽ヶ峰の標高 2029.7m (山と高原地図より)

 

 

ニッコウキスゲ と ヒメユリ が、咲いており(´∀`*)ウフフ

 

10分程で、富士見坂に到着。

さらに数分歩くと【雷清水】があり、冷たい水にありつけます。

 

ここから少し下り【お花畑】と呼ばれる鞍部へ

 

   

   

   

お花を眺めながら息を整え、ここから登り返しスタート。

お花畑より【雲尾坂】までは、所要時間 30分

 

 

最後の急登を登れば、山頂湿原!もうひと頑張り!

 

途中、めったに見られないコケを見ることが、出来ました☆″

ヒカリゴケ なんですけど、分かりますか? 実際、光ってるんです。

山頂湿原まで、すぐ下の辺りで、見られますよ。気にしてみては・・・(^_^)

 

 

 

山頂湿原に到着! 遠くに小屋が見えてきました。

 

 

ワタスゲに心を奪われ、何枚も何枚もカメラに収め(´▽`*)

 

 

 

苗場山らしい景色で、ずっとニコニコの私♡♡♡

 

【苗場山山頂】標高 2145m に到着しました。

雲尾坂より 30分の所要時間。

秡川登山口駐車場より 4時間の行程時間で登頂!!! (立ち休憩のみ)

 

 

山頂よりすぐに【苗場山頂ヒュッテ】があります。

浄化槽による水洗トイレ完備。(日帰りの方 有料 ¥100 で使用可能)

 

 

広い休憩スペースもあり、のんびりされたい方には、ピッタリですね。

(休憩のみ 有料 ¥300 )

 

 

お願いして客室をちょっと拝見。

綺麗な客室で泊まってみたくなりました。(収容人数:最大92名)

オリジナルTシャツもあり、「新作です♡」とおススメの声が。。。

 

 

苗場山頂ヒュッテの目と鼻の先には、木道に大きな休憩スペースがありました。

湿原を眺めながらのランチも最高です!

 

 

 

山頂のワタスゲとお別れをして、「秡川登山口駐車場目指して、出発~!」

 

順調に要所を通過していくと・・・あれ?あれれ???

 

神楽ヶ峰から10分程度下山すると・・・【股スリ岩】の標識が(´゚д゚`)

行きには、まったく気づかず通過していた様です。

 

 

無事に和田小屋まで下りられました。

しかし、駐車場まで(山頂より 所要時間 3時間10分) の舗装道路が、熱いのなのって!!!

熱中症対策は、しっかり行ってくださいね。

それでは また (^o^)丿