山小屋サミット ご来場ありがとうございました!

2018-05-14

第7回山小屋サミット ご来場いただきましてありがとうございました!

 

 

2019年5月10日(金)と11日(土)の2日間に渡って、東京・秋葉原のアキバスクエアにて「第7回 山小屋サミット」が開催されました。
まるで初夏を思わせる陽気に恵まれ、神田祭も開催され街には神輿も練り歩いたこの週末は、多くの来場者で賑わいました。

 

登山の「今」をリードするスペシャルゲストのトークショーや、旬のいちおしアイテムを揃えたアウトドアブランドや自治体・旅行会社のブース、第61回を数える山松会「夏山相談所」での山小屋関係者との交流はもちろん

石井スポーツ登山学校などの体験コーナー、Mt.石井スポーツ厳選の登山用品のお買得物販ブースまで、盛り沢山のコンテンツで来場者の皆様をお出迎えしました。

山を愛する人々の熱気に包まれた当日の会場の雰囲気を、少しだけのぞいてみましょう!

 

 

 

カルチャーブース ~スペシャルゲストによるトークショーイベント~

 

カルチャーブースでは2日間で7つのトークショーイベントを開催しました。例年は入場整理券を入手するための行列でお待ち頂くこともありましたが、今年からMt.石井スポーツメンバーズカード会員限定のWEB事前予約も実施。ほぼ全てのトークショーが満席となりましたが、スムーズな入場ができるようになったことも好評でした。

 

2019年は以下の7つのトークショーを開催しました。

 

5月10日(金)

・「山旅は知的な大冒険!」…低山トラベラー・大内征
・「親子で挑んだ南米大陸最高峰 アコンカグア」…プロスキーヤー・登山家 三浦雄一郎・三浦豪太
・「クイズで学ぶ夏山の天気入門」…山岳気象予報士 猪熊隆之
・「山でお泊まり!~山小屋泊で感じる自然の時間~」…モデル・フィールドナビゲーター 仲川希良

 

アコンカグア挑戦時と変わらぬ絆を見せた三浦雄一郎さん・豪太さん

猪熊さんは楽しいクイズ形式で山岳気象を解説

 

初日と2日目のコーディネイトの違いも希良さんならでは

低山の新たな魅力を教えてくれた大内さん

 

5月11日(土)

・「のびのび山あそび!~山も麓もたっぷり味わう~」…モデル・フィールドナビゲーター 仲川希良 登山ガイド・渡辺佐智
・「山の安全について考える」…YAMAP代表・春山慶彦 フリーライター・羽根田治 山岳ガイド・クライマー・天野和明
・「気が付けばK2の頂に来ていた」…登山ガイド・林恭子 山岳ガイド・クライマー・天野和明

 

山岳遭難事故の教訓を検証する春山さんと羽根田さん

山あそびクラブでも名コンビの希良さんと佐智さん

 

登山との出会いからK2までを語る林さん

春山さん・羽根田さんと林さんの対談を務めた登山学校校長・天野

 

三浦雄一郎さん・豪太さんのアコンカグアへの挑戦や、林さんのK2に至る成長過程への「共感」や「勇気」。
大内さんの低山を楽しむ新たな視点や、希良さん・佐智さんによる山小屋泊や山麓も含めた登山の楽しみ方など、より重層的な登山スタイルの「発見」。
猪熊さんによる山岳気象の知識や、春山さん・羽根田さん・天野氏による山岳事故から得られる教訓など夏山登山前の貴重な「学び」。
トークショーに参加された参加者おひとりおひとりの心に、登山に対する「何か」が残れば幸いです。

 

トークショー後のサイン会は、気さくに記念撮影に応じる三浦雄一郎さん・豪太さんや、参加者の希望に合わせたイラスト入りのサインを描いてくれた希良さんなど、参加者とゲストとの貴重な交流の場としても賑わい、長蛇の列となりました。

 

 

情報ブース ~山小屋・旅行社・観光協会他ブース~

同時開催された山松会による第61回夏山相談所には、北海道から日本アルプスなど各山域の山小屋や観光協会など、それぞれの山を知り尽くした伝道師たちがブースを出展。
来場者と出展者が1対1で対話できるこのイベントならではの形式で、登山者との貴重な邂逅や再会の場として大いに賑わいました。

 

各山小屋のご主人が勢揃いの八ヶ岳観光協会

写真談義で盛り上がる山岳写真相談ブース

 

ここ数年の傾向として特徴的なのは、来場する山小屋主人の世代交代。若く希望にあふれた若い世代の小屋主たちが、これからの登山業界の一角を担っていく予感に満ちていました。

 

 

旅行社ブースには、今年で創業50周年を迎えたアルパインツアーサービスをはじめ2社が出展。世界の秘境から日本の名山まで、豊富なラインナップのツアーをPRしていました。

 

観光協会他ブースには、日本で最初に登録された世界自然遺産のひとつである白神山地を有するあきた白神広域観光推進会議をはじめ、ユネスコエコパーク登録5年を迎える南アルプス南部の大規模なジオラマ展示が印象的だった静岡市環境局や

 

ライチョウのマスコットと共にひときわ目を惹いた南アルプスのジオラマ

あきた白神広域観光推進会議と山梨県警

 

安全登山の啓蒙を来場者に熱心にPRしていた山梨県警がブースを連ね、それぞれの山域の魅力や登山者の心構えを発信していました。

 

 

アウトドアブランドブース

 

アウトドアブランドブースには登山を安全・快適に楽しむためのウェア・ギアから、遭難対策制度、ビールテイスト飲料まで、14社がブースを出展。それぞれのブランドが趣向を凝らして、この夏イチオシのアイテムの展示やフィッティング、サンプリングで来場者の注目を浴びていました。
ここでは、各ブースの特色を写真でご紹介します!

 

女性用モデルも充実のバックパックブランド・deuterではフィッティング体験も

トレッキングポール・LEKI、日本発の登山靴・caravan、クライミングギア・CAMP

 

イメージキャラクター・キャロラインも大活躍のバックパックブランド・karrimor

MOUNTAIN HARD WEARのストレッチ素材のウェアや個性豊あるバックパック

 

Foxfireからはこれからの季節にオススメの防虫機能のあるウェアを提案

公式Instagramも開設されたMarmotでは、おなじみのマーモットがお出迎え

 

Milletではバックパックやウェアに加え、夏山に備えた汗処理にこだわったアンダーを提案

MAMMUTでは身体の動きに追随するバックパックやスプリングスチールソール導入のシューズを展示

 

THE NORTH FACEでは新たな発想を求めアウトドアがオフィスになるテントを展示

GORE-TEXでは防水透湿素材の展示だけでなく、メンテナンス方法もご紹介

 

jROには独自の山岳救助機構だけでなく遭難防止や日常の防災に役立つグッズも

シーラーデルソルではコストパフォーマンスにも優れたアウトドア用スキンケアグッズを提案

 

Salomonでは素早い水分補給など機動性にこだわり抜いたギアを展示

山での至福の喉ごしを安全に楽しめる「サントリー オールフリー」もお楽しみいただきました!

 

Mt.石井スポーツでも、AKUの登山靴とTERNUAのウェアをご紹介しました

 

 

登山学校ブース・体験ブース

 

登山学校ブースでは、フリークライミングインストラクター・矢崎慎一氏がアドバイスするボルダリング体験や、FIXロープへのセルフビレイ体験、ロープの結び方クイズを実施。さらに、登山業界のアカデミー賞・ピオレドール2度目の受賞の平出和也氏も来場し、同じくピオレドール受賞者の登山学校校長・天野和明との夢のツーショットも実現しました!

 

登山学校校長・天野みずからボルダリングのアドバイスも

ロープの結び方をクイズ形式で楽しく学びます

 

ふたりで3度のピオレドール受賞の夢の共演

VRゴーグルを使用したエヴェレスト登頂体験も人気

 

VRゴーグルを使用して、切り立った雪稜を登りエヴェレスト山頂からの360°のパノラマを体感するコーナーも盛況でした。

 

 

お買得物販ブース

 

今年はオープンスペースで開催されたお買得物販ブース。初夏の爽やかな風と日射しが注ぐ中、Mt.石井スポーツ厳選のウェアやグッズのショッピングをお楽しみ頂きました。オリジナルのコラボグッズなど店頭ではなかなかお目にかかれないレアアイテムに歓声を上げる来場者もいらっしゃいました。

開放感あふれるお買得物販ブース

 

 

今年も多くの来場者で賑わった山小屋サミット。登山を愛する皆様との「リアルな」接点として、Mt.石井スポーツのスタッフはもちろん、山小屋やアウトドアブランドの出展者、トークショーの出演者も、毎回充実した貴重な時間をご一緒していると感じています。来年もまた、山小屋サミットでお会いしましょう!