日付 2019/06/18
内容 ご来光を山小屋で迎えてから出発するノンビリ富士登山
店舗 立川店
所要時間 登り6H お鉢めぐり2H 下り4H(1泊2日)
オススメ とても日本とは思えない富士山火口の壮大な景色!

【立川店】今年こそ富士山に登ってみよう!~富士山ってこんなところ~前編

 

 

日本人なら1度は登ってみたい富士山

普段登山はしないという方でも、富士山にはいつか登ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。

 

 

富士登山といえば、ご来光を見るために夜中暗いうちに山小屋を出発し、大行列をなして山頂を目指すスタイルが定番ですが、

 

 

夜中に歩かなくても十分富士登山を楽しめることを知り、ご来光を山小屋で迎えてから、ゆっくり出発する富士登山を昨年やってみました。

 

 

山頂でご来光を見たい方には参考にならないかもしれませんが、富士山はこんなところというイメージにお役立て頂ければと思います。

 

 

 

2018年 7月19日 曇りのち晴れ

 

昨年は梅雨明けが6月下旬だったので、心配していた梅雨空での登山は回避できました。

 

1日目は富士吉田口から登り、七合目の東洋館に宿泊、15時山小屋着を目標にしました。

 

 

高速に入る扉が、富士山頂に繋がる不思議などこでもドアに見えた

 

 

8:30AM   日野インターチェンジから富士急行 富士山五合目行に乗車。

高速道路からバスに乗るという初体験。

 

 

 

 

10:30AM  富士スバルライン五合目着

 

すぐに登山を始めてしまうと高山病になりやすいので、

標高に慣れるため、まずはここで1時間滞在します。

 

着替えをしたり、トイレに行ったりして登山準備を整え、お土産屋さんをぶらぶらしました。

 

ここで、 私の富士登山三種の神器登場!

 

トレッキングポール、ハイドレーション、アミノバイタルです

 

店の先輩に教えてもらって、ぜひ飲んだ方がいいと勧められた アミノバイタル(通称 飲む筋肉)を歩きはじめる30分前に飲みます。

 

五合目登山口はとにかく凄い人混み!

 

 

 

11:30AM  富士登山開始

 

この辺りはまだ普通の観光客も多いです。

 

 

 

 

まずは六合目まで。

 

向こう側から来る下山者の方達の疲労度合にビックリ!

旦那さんに支えられながら、やっと歩いているような女性や、うな垂れて歩てくる人がちらほら。

この時間に下りてくる人は、おそらく夜中に出発した山頂ご来光組。

 

これから始まる富士登山が過酷なものになるんだと実感しました。

 

 

 

11:50AM 泉ケ滝の分岐着。

 

ここから六合目まで少しの樹林帯歩き。

 

7月ですが、虫はほとんどいませんでした。

虫よけスプレーも必要なし。

 

 

12:15PM 六合目(2390m)着

 

樹林帯が終わり、砂の登山道になりました。

 

観光客の方はここまで。ここから上は登山装備がないと上がれません。

 

ヘルメットの貸出場所、トイレあり。

 

 

 

落石、土砂崩れから登山者を守る防護壁が出てきました。

 

ここからしばらく防護壁沿いに歩きます。

 

 

この標識は救助要請の際に自分の場所を知らせるものらしいです。

看板の電話番号に電話して、場所の番号を伝える。

ここの場所はY026です。

 

日差しが強く、防護壁の日陰を利用して休んでいる人もいました。

 

 

 

少し先に休憩出来る場所があったので、荷物を降ろして体力を温存。

 

今まで歩いてきた道が一望できました。

 

晴れていればとにかく暑いです。

日よけ帽子、アームカバー、バフ、サングラスなどなど、日よけグッズは必須。

 

 

 

上を見上げると、山小屋らしきものが見えてきました。

 

 

 

 

13:30PM 七合目(2700m)着。

 

ここから八合目まで岩場歩きがスタート。

登山初心者の方にはハードに見えますが、

ゆっくり慎重に上がれば難しいことはありません。

 

七合目から山小屋が現れます。

 

 

 

 

景色が良くなってきました。雲がすぐ近くに。

 

 

 

とにかく日差しが強くて、喉が渇きます。。

 

 

ここで、私の三種の神器、2つめが登場!

 

 

 

ハイドレーションです。

 

このような道幅の狭いところでは、リュックから水を取るのもおっくうになってしまいます。

 

人も後ろからたくさん来るので、あまり立ち止まってもいられない。

 

 

そんな時にハイドレーションだとサッと水が飲めるので、

すぐに水分補給が出来ました。

 

 

定期的な水分補給高山病予防にもなります。

 

 

岩場の行列

 

今日泊まる山小屋が見えてきました。

 

14:40PM 山小屋 東洋館(3000m)着

 

 

 

山小屋前で休憩する人達。 右の建物が東洋館のトイレ。

 

八合五勺まで点在する山小屋が富士登山の休憩ポイントになります。

 

 

 

 

16時を過ぎても、まだまだ人が上がってきます。

 

他の山域の山小屋とは違いますね、富士山ってすごい。

 

 

 

寝袋はノースフェイス。

 

体を拭いてTシャツを着替え(もちろんお風呂はありません)、宿泊する部屋でちょっと休憩。

ここ東洋館は立て替えたばかりのようで、とても綺麗な山小屋でした。

 

この寝袋の上が私のスペース。

 

昔テレビでみた富士山ドキュメント番組のイメージとは全く違い、お隣の人とも余裕あり、快適な山小屋でした。

 

私は一人で行ったので20人くらいの相部屋でしたが、何人かだと個室対応もあるみたいです。

 

 

晩御飯の準備風景

 

16:30 晩御飯

 

早く着いた人から、順に晩御飯です。

 

晩御飯はハンバーク定食。左は朝用のお稲荷弁当。

 

ご飯おかわり自由でしたので、大盛りでおかわりしました!

 

こんな山の上で温かいご飯が食べられるのは本当にありがたいです。

 

私は以前山小屋で働いていたので、違う山域の山小屋に泊まると、資材などどの様に上げているかなどが気になります。

 

小屋の人とお話しできる機会があったのでお尋ねしてみると、富士山はヘリではなく、ブルトーザーで上げているとのことでした。

 

ご飯もガスで炊いているらしく、ふっくら美味しかったです。

 

 

 

食事が終わり、テラスで夕焼けを眺めた後、夜20時に就寝。

 

長かった1日が終了。

 

富士山での夕暮れは不思議な時間でした。

 

 

実は7合目(2700m)を過ぎたあたりから、頭痛がしていました。。

荷物の重さで、後頭部が痛いのかなと思っていたんですが、

寝るときまで、ずーっとジワジワ痛みが治まりません。

 

今思えば、少し高山病になりかけていたのだと思います。

 

布団に入りながら、携帯酸素や頭痛薬持ってくればよかったかなと、、

後悔しながら眠りにつきました。。。

 

 

後編(2日目)につづく!

 

立川店 ふくやま