【川越店】小江戸を走る 川越観光?ランニング

こんにちは!

 

川越店のまわりには古い町並みや神社など
見どころが沢山あります。

 

2月3日、快晴の川越を少しだけ走ってきました。
その道中でみつけた(寄り道した)観光スポットをご紹介します。

 

☆時の鐘

 

今日のランニングコースの折り返し地点です

 

江戸時代初期に建設されたと伝えられています。
幾度かの焼失を経て、現在の時の鐘は
明治26年、川越大火の翌年に再建されました。
高さは約16メートル。

 

平成8年には、環境庁の「残したい日本の音風景百選」に
選ばれています。

 

☆スターバックス川越鐘つき通り店

 

時の鐘から徒歩1分もしない?うちに
いつもとまったく違った雰囲気のスターバックスに到着です。

 

外観は蔵作りの街並みに合わせた純和風のデザイン。
正面から見える部分は埼玉県産の杉材を使用した木造の趣。屋根瓦も雨樋も和風な造りです
温かみを感じる店舗看板が素敵でした

 

 

☆埼玉りそな銀行川越支店

お客を待つ人力車がかっこよかった!

 

蔵作りの街並みと一緒に、明治・大正時代の洋風建築が川越には現在も多く残っています。
埼玉りそな銀行川越支店も、その中のひとつ。
今から約100年以上前、埼玉で初めて設立された銀行です。

 

☆旧山吉デパート

 

明治・大正・昭和と活躍した建築家、保岡勝也氏が手がけた
「川越4部作」といわれる内のひとつです。
川越でお住まいの方なら知らないひとはいない「丸広百貨店」様が、昭和11年に、この3階建ての建物からスタート致しました。ちなみに、埼玉りそな銀行川越支店もこの4部作に入っております。

 

☆川越八幡宮と民部稲荷神社

 

本日ご紹介する名所の中では、当店から一番近い川越八幡宮。縁結びや目の神様など、たくさんのご利益にあやかれるパワースポットです。

 


八の字にハトが(^^♪

 

おっきな桃を見つけました。
桃は、古来より厄除けの果実といわれ、神として祀られているようです。
昔話「桃太郎」の鬼退治もこれに由来するそうです。

 

境内の鳥居の下には、川越八幡宮にちなんで「八」の形をかたどった足形があります。
末広がりの未来が参拝者に訪れるように祈願している、とのことです。

 

 

境内には、もう一カ所、足型があります。
もしいらした際はチェックしてみてください。
ヒントはこちらもやはり鳥居の下です。

 

 

民部稲荷神社は川越八幡宮の境内にあり、足腰のご利益として知られる場所。ランナーにも人気の神社です。

 

 

昔、梵心山という所にあったとされるがやがて荒廃してしまい、その後は川越八幡宮の境内に移されたといわれています。
後に、梵心町(現在の新富町2丁目)に民部稲荷が再建され、現在は丸広百貨店様の屋上に鎮座しています。

 

また、川越店からもう少し足を延ばしますと、
入間川を跨ぐたくさんの橋や周辺の公園など、見どころが満載です。

 

なお、時の鐘から少し移動しますと、明治から続く菓子屋横丁があり
そこではむかしながらの菓子屋や駄菓子屋が軒を連ねています。
ウォーキングや、お菓子をつまみながらの散策も楽しいと思います。
健康と観光の両方?が楽しめる川越エリアのご紹介でした。

 

お読みいただきまして有難うございました