雪崩時の埋没軽減にイチ押しの装備品 アバランチザック

2014-06-26

カスタムフェア情報☆

FLOAT エアバッグ体験会開催!
これまでのカスタムフェア各会場で
注目のエアバッグ、bcaブランド「FLOAT」が、

今週の大阪会場でも体験できます。

bca_float_32 .jpg

エアバッグのシステムは雪崩に巻き込まれるまさにその時、
リスク回避・軽減のために求められる機能で、
アバランチザックはその機能を装備したザックです。
177人 Survived 生存
3人 Dead 死亡
これは過去に(2008年)北米にてbcaが
雪崩時における埋没者の生存率を
アバランチザック使用者を対象に、
生存または死亡、それと埋没状況を5パターンに分けて

統計されたもので、画像はそれをグラフに表したものです。

1.png

エアバッグを使用した生存率は98%という結果があり
この統計からはアバランチザックの使用が
高い生存率を出していることがわかります。※
以下は埋没状況を5パターンに分けた内訳です。
82人 Not buried 100%埋没無し
64人 Partly buried 一部埋没
17人 Completely buried (Airbag on surface) 体は埋没 (エアバッグは雪面に見える)
3人 Completely buried (Airbag not on surface) 雪面に何も見えない状態
14人  Degree of burial unknown 状態不明
上記の「雪面に何も見えない状態」が死亡例との事です。
※あくまでも北米での2008年の統計データであり
場所や状況によりデータ内容が異なります。
※怪我のレベル、後遺症などはこの統計には含まれていません。
重量感やザックのフィッティングはもちろん
実際にエアバッグを膨らませることもできます。
※膨張時は大きな音がでます。
膨張させてからの収納もわかりやすく簡単。
是非一度、会場で性能をお確かめください!
また、実際の使用状態に近ずけるため
展示のウェアを着用された状態で
体験してみるのもお勧めです。