試乗会情報! VOLKL SKI 一押しモデル

2014-02-27

こんにちは!

なかなか更新できていない試乗会情報で
申し訳ありません!

VOLKLから、試乗機のラインナップより
オススメの板をピックアップいただきました。

 

VWERKS_KATANA.jpg

 

’14-15 VOLKL V-WARKS KATANA
試乗機サイズ 184cm 搭載ビンディング Marker Tour F12

極めて薄い形状とフルカーボンに覆われた軽量なフルロッカー形状により
ダイナミックなパフォーマンスを生み出します。
フリーライドの限界を試すには最も軽く信頼のあるMODELとなっています。

1415_ONE.jpg

’14-15 VOLKL ONE-Blue
試乗機サイズ 176cm (※写真は186です。)
搭載ビンディング Marker Griffon Demo

バックカントリーだけでなくパークもオンピステも楽しめるスキーが欲しい
という声から生まれたMODELです。
「ONE」はコンパクトなセンター幅を採用することで、
俊敏性に長けたMODELとなっています。
フルロッカー形状により楽で「コントロールされたターン始動」が可能です。

ONEは登場して2シーズン目となる継続モデルです。
色々なコンディションで操作性にストレスが少なく
「BCデビューにはまずコレ!」としておススメできるモデルです。

フルロッカーの、特にフォルクルが生み出すフルロッカースキーは
たわませ方が実にナチュラルで無理矢理曲げました、という感じが少ないです。
オンピステでも長いエッジグリップで雪面をしっかり捉えてくれます。

ウエストは確かにそれほど絞っていませんが
この2台はウェスト幅ではなく形状で、ゲレンデでもしっかり
ターンができてしまうのが面白いです。

ただ、ご紹介しておきながら言うのもアレですが
キャンバー感を楽しみたい、キャンバーで地形を攻めたい方には
乗ってみると、その操作感はやっぱり期待しているものとは違うと思います。

個人的なフルロッカースキーの乗り心地は…
ターンの直前、長い板でも足元のすぐそこに接雪点を感じる事が多いため
捉えにくい柔らかな雪でそれほどスピードを出さなくても
すんなり言うことを聞いてくれます。(太さによるとは思いますが)

キャンバーか、フルロッカーか、あるいはそのミックス形状か。
迷いや興味がある方は、ぜひ試乗会でその「良し」と「悪し」を体験してみてください!

ちなみに、Oneから派生した女子モデル「One-Pink」が登場します。
ほぼ同じスペックで156cmからのサイズ展開です。
試乗会では166cmをご用意する予定です。

フォルクルの一押しスキーのお知らせでしたー!