立山縦走ツアー報告 2014.09.04(金)~07(日)

2014-09-15

石井スポーツ主催の立山黒部アルペンフェスティバル2014に合わせ、
札幌発の立山縦走ツアーに行ってきました。

ガイドにおなじみ菊池泰子さんを迎えアルパインガイドノマドさんにご協力をいただきました。
ご参加のお客様は10名で、これにガイドと私を含めた総勢12名での4日間の旅となりました。

Day1
まずは新千歳空港に集合です。
11:00発に合わせ皆さんが集まったところで、早速、大ハプニング発生!!
なんと予定していた飛行機の欠航!
何とも初めから思いやられるスタートとなってしまいましたが、
しかしここで、ガイド菊池泰子さんが本領発揮。
テキパキと代替案を調べつくし時間の調整をし、代替飛行機の手配、
予約していた宿のキャンセルと新たな宿の予約、到着後の乗り物の検討など、
あっという間に新たなスケジュールの練り直しをサクサクこなしてくれました。
というわけで、当初の予定を変更し我々一同は、羽田経由で富山に向かう事とし、
初日のお宿は立山駅の目の前の千寿荘さんに、急きょお世話になることにしました。

_DSC0006
Day2
朝からぐずつく天気のスタートとなり、ケーブルカー、高原バスと乗り継ぎましたが、
景色はいまいちで、室堂平に到着しても、山の様子は何にも見えないという状態。

_DSC0014

ターミナルで情報収集した結果、予定のコースを逆回りするコースを選ぶ事とし、
まずは、スタートの記念撮影をし、景色は見えないながらもせめて雷鳥が見られることに期待をしつつ
一路剱澤小屋へ向かいました。

_DSC0026  _DSC0052

途中、どしゃ降りで寒さに震えながらも剱御前小屋で味噌汁を飲み、結局この日は雷鳥には会えませんでしたが、
何とか無事に剱澤小屋到着。

_DSC0057

到着後ほどなくして雨も上がり、先ほどまで隠れていた剱岳の全容を拝むこともでき、
皆さんの期待も膨らむ中、おいしい晩御飯をいただいて、この日は早めの就寝となりました。

_DSC0064

Day3
この日はいよいよ、この度のメインディッシュである、立山を縦走し雄山に登る本番の日。
朝から非常に天気が良く、昨日歩いていても何も見えなかったすべての景色がはっきりと見えそうで、
一同期待の朝となりました。

_DSC0074 _DSC0112
_DSC0123

剱澤小屋を出て、今日こそ雷鳥に会おうと言いながら登った別山からは、
想像以上な雄大な景色を見ることができ、遠くには槍ヶ岳、穂高はもちろん、富士山まで見ることができました。

_DSC0135

_DSC0151

_DSC0157

そこから、昨日歩いた室堂平をまるで箱庭のように眺めながら先ずは大汝山を目指します。

_DSC0181

_DSC0189

_DSC0193

まるで空の散歩でもしているような、晴れ渡った秋空の中気持ちよく歩いていると、
前方から、石井スポーツグループ各店の団体がやってきて、これまた楽しい交差縦走となりました。
北海道にはない立山ならではの景色が楽しみながら歩き続け、いよいよ最高到達点3015mの大汝山に到着。
ゆっくり休憩した後、ついに立山連峰の主峰雄山へと登頂を果たしました。
雄山神社でしっかりお祓いをしてもらい、残すは室堂までの下りとなりました。

_DSC0207

この日はたくさんの登山者が雄山に登っており、時折渋滞しながらの中、この日も雷鳥には会えませんでしたが、
最後まで全員元気に室堂まで戻ることができました。

_DSC0223

_DSC0225

室堂ターミナルで行われていたアルペンフェスティバルを楽しんでいただき、
この日のお宿の雷鳥荘で、最後の乾杯となりました。

Day4
さあいよいよ、札幌へ見向け帰らなければならない日がやってきました。
今日の行程は、雷鳥荘~室堂ターミナルまで歩き、そのあとは高原バス、ケーブルカー、富山電鉄と乗り継ぎ、
富山空港からの飛行機で北海道という行程です。
朝の室堂平は濃霧。
昨日とはうって変わるお天気でしたが、みんなの気持ちはすでに大満足。
「良い旅ができましたね」などと話しながら歩いていると、
最後の最後でサプライズ!

_DSC0280

なんと雷鳥が歩いているではありませんか!
結局すべての目的を達成できた旅となりました。

ご参加いただきましたお客様、ガイド菊池泰子さん、楽しかったですね。
ありがとうございました。

藤野