【TNF bcmap club 神田】2018.6.27 谷川岳トレイル

2018-06-28

Katanokoya山頂は雲におおわれ、思いっきりの眺望とはいきませんでしたが
足元に咲く花に癒され、雲の切れ目から時折見せてくれる景観に足を止め、息を整え歩を進めてきました。
土合付近の駐車場からスタート→西黒尾根からハイクアップ→オキの耳(スタートからここまでで約2時間15分)
→トマの耳→天神尾根→ロープウェイ山頂駅→ロープウェイ下の道を下り土合付近駐車場へ
(オキの耳から駐車場までが訳1時間15分)

start

Otomoshimasu

西黒尾根は途中から一気に高度を上げていきます。

途中から壁みたいな地形を攻めます。

写っていただいているのは、なんと同じお店のスタッフさん!
同じルートを攻略中で、偶然の合流でした!

rakudanose
ラクダの背です。ここから本格的な急登です。
岩の切れ目から見せてくれる
小さな花が励ましてくれるかのようで
意外と攻略は楽しいですよ
Kouzannsyokubutu
途中、振り替えれば
高度感のある景色が望めます。
上がってきたなぁと実感できる時です。
さて、ここは冬になりますと沢山の雪が積もる地域ですが
よく見かけるはずの針葉樹林があまりないんです。
谷川岳特有の数ある不思議の一つ・・・Santyoukoru山頂は、耳と呼ばれるようになった二つの到達点。
西黒尾根から登ると最初に到達する「トマの耳」ですが

まずは奥に位置する「オキの耳」に向かいました。途中のコルにて。
左からの強風に右側からの雲が
強い風の音とともに飛ばされています。
Korukarakita
途中、雲の切れ間から茂倉新道が見えました!(右端の尾根)
見れたのは本当に一瞬で、すぐに雲に隠れてしまいます…
Okinomimi
オキの耳到着です!
(別名:谷川富士)
風が強くて、タイマーでの自撮りに若干苦戦!
カメラマンさん募集したい!(笑)
Tomanomimi
戻ってきて、トマの耳です!
(別名:薬師岳)一息入れて、ここから駐車場に向かって下山です。
Anzennokaneロープウェイ山頂駅付近にある「安全祈願の鐘」です
デザインが好きです!Doai

駐車場付近の小さな滝です。無事ゴールできました。

今回とくに気になったのが湿度です。
湿度が高いと、いつも以上に汗をかきやすいコンディションとなります。
余るくらいの水分を用意しても損はないと思います。

ちなみに私は2リットル弱の水を用意して、半分以下まで消費していました。
これから本格的に暑くなる時期です。体調管理をばっちり整え
夏山を楽しみましょう!

ながい文章、お読みいただきましてありがとうございました!

画面調整がうまくいかず
御見苦しい投稿となりますことを
お詫び申し上げます

THE NORHT FACE b.c.map club 神田店 ないとう