【TNF bcmap club 神田】2018.5.15 蛭ヶ岳 Mountain running

2018-05-19

こんにちは!

先日、晴天の丹沢山系(塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳)を
楽しませていただきました!

その時の様子をまとまりませんが載せてみました。

・・・大倉→塔ノ岳(約95分)・・・
20180515TANZAWA1

大倉を6時過ぎに出発。
この時間帯は差し込んでくる光の角度が低い為
ちょっとした尾根を歩いていると光と影がハッキリしていて
個人的にはとても「朝」を感じる瞬間です

20180515TANZAWA2

それから少し時間が経ってきますと
だいぶトレイルが明るくなってきます。気温が上がっていくのを
肌で感じてきます。

20180515TANZAWA3

途中、トレイルの難易度が上がってきた頃に
見つけました看板です。
ここからさらにハードな登りが続きます。
一息入れるにもよいタイミングかもしれません。

20180515TANZAWA4

塔ノ岳、到着です!
西に、霞んでいましたが富士山も見れました。

東から南には海も見渡せる、快晴のなかで来ることが出来ました。
過去の登頂はいつも視界不良でした…
一息入れて、ここからは私は未踏となる、丹沢山へ向かいます

・・・塔ノ岳~丹沢山(約30分)・・・

ここからは、比較的緩やかなアップダウンを繰り返し
丹沢に向かって北上します。

途中に咲く花とその香りに癒されながら
トレイルを進みます。

20180515TANZAWA5

シロヤシオ

20180515TANZAWA6

トウゴクミツバツツジ

この名前を書けるのも、進む途中でご丁寧に教えてくださった方のおかげです。
きれいな花を見ることが出来ても名前を知らずに下山してしまう所でした。

20180515TANZAWA11

「ちょうど咲いた頃に見れるのは運がいい」
その方はそう言って下さいました。確かにそうかも知れません。
ただ、私にとっては、こうして教えてくださったコトの方に運を感じました。
ありがとうございました!

5/20追記
後で伺った話では、数年ぶりの開花量だったそうです。
本当に貴重なご案内を戴きましてありがとうございました!
この場を借りまして御礼申し上げます。

20180515TANZAWA7

丹沢山、到着です。
乾いた風がすがすがしく、体と気持ちをリセットしてくれます。

ここでも一息いれて、今日の目標の山
蛭ヶ岳を目指します。

・・・丹沢山~蛭ヶ岳(約50分)

20180515TANZAWA8

ここから先のトレイルはアップダウンが大きくなり
左右の谷を見下ろしながら蛭ヶ岳をめざし進みます。

尾根道となるため、左右に見下ろすと高度感がある沢筋、
前方には1つ先向こうのトレイルが視界に入ってきます。

山肌に根を下ろす植物が吹き上げてくる風に揺さぶられ
さざめく葉の音、波打つ葉の緑、あの場を攻略する人たちの
疲れを癒すかのような光景でした。

秋の紅葉もすごそうですね

1つ、2つとアップダウンを攻略してくると
次第にゴールの蛭ヶ岳が見てきます。
なかなか近づいてこないもどかしさは
景色を見て忘れます!

20180515TANZAWA9

到着しました!
本当に来れるかドキドキでしたが
神奈川県の最高峰に来ることが出来ました!

20180515TANZAWA10

帰りみち、丹沢山から塔ノ岳へ続く尾根を見た所です
本当に良く晴れていた丹沢トレイルでした。

蛭ヶ岳→大倉(約2時間20分)
※時間は、携帯アプリYAMAPを参考にしています。

長々、失礼いたしました!