【TNF bcmap club 神田】軽さを体感♪FP Hybrid 30

2018-07-09

昨年度からリリースされ、今年も展開中のバックパック
FP Hybrid 30。

 

 

天蓋がない、ロールトップ形状にすることで
縫製を少なくすることが出来て、全体的な軽さがあります。

ショルダーベルトはランニングパックのシステムを応用しており
体にビタ~とフィット。スピード重視の動きにも追随可能です。

FP Hybrid30 5

この形状で圧縮すると、パック全体をシンプルに圧縮可能。
天蓋がフラフラする、ということもなくなる為、よりスピーディな行動に
追随しやすくなります。

FP Hybrid30 4

FP Hybrid30 3

なお、デイジーチェーンという機能も付けており
大きなものを取り付けたい、とした時に対応できるようになっております。
やや細めのチェーンを使用。軽さへのこだわりを感じる部分でした・・・

FP Hybrid30 2

開口時は、天蓋タイプよりも、口が大きく開けられます。
寝袋やクッカーなど、ある程度の大きさのギアでも
出し入れがスムーズに感じます。

欲を言えば、サイドアクセスが欲しかったなぁといったところですが
それも省いた積み重ねでここまで軽量に出来たのですから
私の中では良しとしました。

FP Hybrid30 99

こちらはFP 25
・サイドアクセスあり
・しかもウエストベルトは外すこともできる

昨年、どちらかの購入で迷いました。
Hybridにした決め手は「積み込み時の安定感」です。

FP Hybridはアルミフレームが入る事で
重い荷物を入れても型崩れが少ないメリットがあります。

IMG_20180403_135020_188

2018年4月3日 雲取山に向けた装備品(日帰り・トレイルランニング)

20171112122210

2017年11月12日 長野県野辺山でのOMMにて(テント泊・ロゲイニング)

テント、寝袋などを入れると、こちらの方が歩きやすさをより感じたため
バーナーなど、ある程度以上の重量を背負うようなトレイルラン、ロゲイニングでは
とても頼りにしております。

FP Hybridは30と40の二種類を展開しています。
機能はまったく同じで、全体的な容量の違いのみです。

☆テント泊の装備品で収納するというイメージで
・30は外ポケットの機能をフル活用して装備していく
・40は丸ごとメインの気室内に納められる
荷物の収まり具合の違いはこのような感じです。

********* FP Hybrid30 のスペックです*******

【Size】 M、L
※K(ブラック)カラーのみサイズ展開:S、M、L
【Weight】 S/820g、M/840g、L/860g
【Color】 (K)ブラック、(TB)ターキッシュブルー、(HR)ハイライズグレー
【寸法】 (高さ×幅×奥行き)S/49×28×18cm、M/54×28×18cm、L/59×28×18cm
【Capacity】 S/27リットル、M/30リットル、L/33リットル
【適応背面長】 S/39-47cm、M/43-51cm、L/48-56cm

底の部分は210Dリップストップナイロン
底から上の部分は70Dジオリップストップナイロンを使用。

IMG_20180515_124332_768 (3)

製品のことでお悩みの際はお気軽にご相談ください!
少ない経験かもしれませんが、ご案内させていただきます

お読みいただきましてありがとうございました!

THE NORTH FACE b.c.map club 神田店 ないとぅ