【立川店】激走!奥多摩奥秩父縦断「分水嶺トレイル2018」後編

2018-07-31

日本の背骨中央分水嶺を大縦走!「分水嶺トレイル2018」後編

2018分水嶺02s
灼熱の3日間を走り抜けフィニッシュの獅子岩駐車場に到着!

 

こんにちは立川店バヤシです。

前回に引き続き知る人ぞ知るコアな山岳縦走レース「分水嶺トレイル2018」の後半戦をレポートします!

 

 

2018分水嶺トレイルコース図s

「分水嶺トレイル2018」とは?

▼熱い戦いの前半はコチラ▼

☛「分水嶺トレイル2018」前編

 

 

コース最高峰「金峰山」は暑さと大量のアブが選手を大歓迎!

2018bunsuirei31金峰s
7月15日 分水嶺トレイル2日目 「金峰山」2599mを通過する選手達 撮影:スイーパー国井健三氏

例年だと、ゲリラ豪雨や夜間の冷たい雨に身体を冷やし体力を消耗しますが、今回は3日間とも奇跡的に大会コースを雨雲が避けてくれてまったく雨に濡れることなく3日間過ごすことが出来ました!

しかし、焼けるような猛烈な暑さは確実に選手達を蝕みリタイヤが続出。特にチームのリタイヤ率は高く、本来はチームで助け合い補い合いながら完走を目指すところですが、暑さでチームメイトがダウンしてしまいチーム自体もリタイヤというのが非常に多かったようです。

チームのメンバーに力量差がある場合リーダーの統率力、給水や行動食の取り方など補給や休憩などメンバーへのケアなど、炎天下の行動に対するノウハウの有無が勝敗を分けたようです。

 

 

CP4富士見平もトップは吉藤選手!

21:10 CP4富士見平Bコーストップ選手到着!
21:10 CP4富士見平Bコーストップ吉藤選手到着! 左は分水嶺トレイル実行委員長の武田耕治氏

CP3大弛峠のスタッフをバトンタッチして大急ぎで富士見平小屋のCP4へ登りました。

21:10 しばらくするとCP1、CP2、CP3とぶっちぎりで独走してきたBコース吉藤選手が到着!

 

 

20180715 分水嶺山之内選手
富士見平で6時間超の睡眠後、Bコース女子トップでフィニッシュした山之内選手

そして昨年の分水嶺でも圧倒的な速さを見せつけたBコース女子トップの山之内選手など続々と富士見平に到着してきました。

 

 

富士見平小屋のご主人から選手達に差し入れをいただきました!

K5IP7383おいも
富士見平小屋のご主人からのプレゼントにほっこり!

 分水嶺トレイル立ち上げのときからお世話になっている富士見平小屋のご主人から、新ジャガの差し入れをいただきました!

ほくほくのおイモとお塩がとても美味しく、特に大量の発汗のため塩分を身体の奥底から欲しているので選手に大好評でした!

 

 

渡渉部が増水の為一部コースが変更!

K5IP7619地図
数日前の雨の影響で丸太橋が水没しコースの変更を強いられました。

瑞牆山から急坂を下り不動沢を2回渡渉し、最後の渡渉で右岸に渡り踏査区間に入るのが本来のコースでしたが、数日前のの雨の影響で増水し危険な状態のため急遽林道を迂回するコースに変更になってしまいました。

 

 

K5IP7863コース説明
全選手にコースの変更ポイントを説明しました

コースの変更で距離は若干遠回りになりましたが、不動沢林道と松平林道を通る事になり走りやすいルートになったのは選手にとってはラッキーだったかも知れません。

 

 

灼熱の富士見平CP4!

富士見平CP4
スタッフも熱中症になりかけた灼熱の富士見平CP4

レース中の日差しは凄まじく、富士見平小屋のご主人からお借りしたタープの下でも熱線に焼ける(!)感覚を受けるほど。

あまりにも熱いのでタープの上にSOL「ヘビーデューティーブランケット」を掛けて対処しました。アルミが蒸着されていいる面を上にすることで強い日差しを反射し、カバーされている所が周りよりもかなり涼しくなります。この手法は熱中症で倒れている人にも有効で、強い日差しを遮り日陰がだいぶ涼しく快適になります。

 

 

ULタープでキャンプをより快適に!

SOTエスケイプタープ
シートゥサミット「エスケイピストタープL」とアライ「スーパーライトツェルト2」で快適な空間!

レース中の3日間はいつものツェルトにタープを追加して(バヤシ通常時と比べて)ゴージャスな空間を演出!

シートゥサミット「エスケイピストタープL」は300×300㎝の余裕のあるサイズながら、なんと重量はたったの350g!!
カンカン照りや雨でもタープがあれば快適なスペースを作れます!

 

 

選手はひと時の休息で体力回復!

20180715分水嶺仮眠DiGry3_U8AA1jSL

Bコースの選手はすでに出発してからの行動時間が20時間以上。富士見平から瑞牆山を越えた後は道なき道を進む踏査区間が待ち構えています。ここでしっかり休息して万全な体調で最難関区間の突破を目指す選手が多数です。

 

 

 ここで富士見平グルメ情報!

K5IP7609カレー
「Rock復興カレー」¥1800と「コーヒー」¥800

 富士見平小屋は豊富な水量のある水場に恵まれ、この名水で沸かしたコーヒーは格別です!

「Rock復興カレー」は溶け込んだ鹿肉と清里村特産の鹿肉ソーセージが自慢のガッツリ系のカレーライス。

若あるじが厳選したこだわりのコーヒーと一緒に召し上がれ!

 

 

K5IP7498きのこうどん
「天然きのこうどん」¥1000と「鹿肉3種ソーセージ盛り合わせ」¥1000

こちらの「天然きのこうどん」はご主人とおかみさんが山で採ってきた正真正銘の天然キノコ。

キノコの食感とおぼろ昆布が絡み合って絶妙な逸品!

ジビエの鹿肉ソーセージは3種類の味をそれぞれ楽しめ、オリジナルクラフトビール「富士見平ビール」と良く合う定番おつまみです!

※役員の業務中はもちろん禁酒しております
 

超デンジャラス!アブが大量発生!!

K5IP7692リムーバ
刺された箇所を「アスピブナン」を使って応急処置

この時期の奥秩父の山は、天敵のトンボもいなくアブなどの不快な害虫が大量発生しています!

露出している肌はもちろん、ウェア越しに刺されてしまうことも!

もしも刺されてしまった場合は、腫れる前に応急処置が必要です!「アスピブナン」は軽量ながらとても吸引力が強く、簡単にしっかりと毒を吸い出して悪化を抑える事が出来ます。蚊、蜂、蜘蛛などに応じて吸引カップも付属し、アウトドアの必須ファーストエイドアイテムです。

 

 

 

 虫除けスプレーとモスキートネットで鉄壁の備え!

K5IP7836モスキートマン
頭部、腕、足をモスキートネットで被い鉄壁の対策をした選手

 分水嶺トレイルのコースは藪漕ぎを強いられる区間もあるので肌の露出はなるべく抑えたウェアリングを推奨しますが、上の選手のようにモスキートネットで鉄壁の備えをしている用意周到な方もいます。夜間行動中に耳の中に入ってくる不快な虫もこれで解決!

虫刺されを防ぐにはまず虫除けスプレー。ミントなどのハーブ系よりもやはり有効成分に「ディート」が含まれるタイプが有効。近江兄弟社の「メンターム虫よけスプレーND」は携帯に便利なサイズで、さらさらパウダーが入っておりベタつかずシトラス系の香りで快適な使用感が特徴。ノンガスタイプなので飛行機への持ち込みもOKです。

アレルギーを持っている方は虫刺されで重症化しやすく刺された所が大きく腫れてしまったり、足や手全体が浮腫んだりと刺されてもすぐ処置しないと大変な事になってしまいます。傷口から毒素を速やかに吸い出したのちは、抗炎症剤が入った痒み止めで応急処置をし、医療機関にて診てもらうことを推奨します。

 

 

 富士見平にツェルト村が出現!

K5IP7975テント村
7月15日夕方 富士見平の分水嶺トレイル特設区画に現れたツェルト村

 分水嶺トレイルではキャンプ指定地でのみツェルトを張りビバークし休憩することが出来ます。雁坂小屋と富士見平では仮眠する選手がたくさん出ることが予想されたため、分水嶺トレイル参加者専用区画を設けて一般登山者への影響を最小限に抑える配慮をしました。

 

 

しっかり設営出来ればツェルトも快適!

K5IP7964ツェルト
手前のツェルトはファイントラック「ツェルト1」。ストックシェルターやテントなど装備はバラエティーに富むのが興味深い

 ロングトレイルにおいては必須のビバーク技術。ツェルトなどのシェルターを使いこなせればテントよりも圧倒的にコンパクトで軽量化できます!

 

 

短時間の仮眠はビィビィサックで!

K5IP7972
SOL「エスケイププロビィビィ」で仮眠する選手

レースも2日目になると睡眠不足に極度の疲労で幻覚・幻聴に悩まされた選手も多くいましたが、しっかり横になって休養すれば短時間でも驚くほど体力が回復します!

こちらの選手が使用しているSOL「エスケイププロヴィヴィ」は防水透湿素材にシンパテックスを採用しシーム加工で完全防水!このようにむき出しで使用時に雨が降っても安心(?)、体熱の90%を反射し高い保温性能を誇り、その重量なんと227gと超軽量なのが特徴です。

 

 

A、B各スイーパーも富士見平に到着!

7月15日21:52 ランナー界のレジェンドBコーススイーパーの国井健三氏(右)
ウルトラランナー界のレジェンドBコーススイーパーの国井健三氏

7月15日15:04 ハセツネ完走20回以上のスーパーアドベンチャーグリーンにしてサロマンブルー、フルマラソン105回連続完走という驚異のウルトラランナー国井健三氏が富士見平に到着!

国井氏は分水嶺トレイル創成期のプレ大会から毎年連続完走の「走る伝説の賢者」。今回はBコース最後尾の役員であるスイーパーとして大会を支えてくれました!

ちなみに今回のコース上の写真はこの国井氏より提供してもらいました。感謝!

 

 

K5IP8156スイーパー
Aコーススイーパーの早川氏(左)と高濱氏(右)

 7月15日21:53 Aコースの最後尾の選手とスイーパーの早川氏と高濱氏が到着!

高濱氏はBコースの選手と一緒に奥多摩から出発し、石尾根を縦走しいったん七ツ石山から鴨沢に下山。鴨沢からはAコースのスイーパーとして獅子岩駐車場まで走破しました!

選手の富士見平の強制スタート時間は16日03:00ですが、選手たちは2時頃には全員が出発していきました。

 

 

 踏査区間は地図を頼りに慎重に通過

6fd57c8bd166b7456dbaf9e46ec4e9c1.jpgYABUKOGI
踏査区間の槍付近の藪漕ぎ

富士見平から先は瑞牆山を越えて不動沢の渡渉と登山道未整備の踏査区間を経て、いよいよフィニッシュの獅子岩駐車場です!

 

 

 

過酷なコースを走破しトップ選手がフィニッシュ!!

20180715分水嶺トップ吉藤選手S
圧倒的な強さを見せたBコーストップ吉藤選手!

 7月15日07:15ついに全選手の先陣を切ってBコースの吉藤選手がフィニッシュ!!

終始トップを維持して2位の選手と1時間差と圧倒的な強さを見せて獅子岩駐車場に到着しました!

 

 

◆分水嶺トレイルレース2018大会結果

Aコースソロ:57名中61%35人完走 優勝タイム15日13:01
Aコースチーム:11チーム中41%5チーム完走 優勝タイム16日03:53
Bコースソロ:85名中70%60人完走 優勝タイム15日07:37
Bコースチーム:25チーム中36%9チーム完走 優勝タイム15日18:27

 

今回は猛烈な暑さとの厳しい戦いが完走率に如実に現れました。特に全員の体調を維持するのが難しいチームの完走率が悪くA、Bコース共に50%を切る厳しい結果になりました。日中スタートのAコースは全体に完走率が低く暑さでダウンする選手が多数出てしまいました。反面単独でも完走できる実力があると認められたBコースのソロは70%と高い完走率はさすがです!

今回は肋骨骨折(ちなみに骨折した選手は痛みに耐え完走)、肩の脱臼、酷い虫刺され、熱中症などの傷病者がでましたが、なんとか無事に大会を終える事が出来ました。強靭な体力が無ければ死者が出かねない猛暑の中、3日間の大会を制覇した選手の皆さんはさすがです!

 

 

◆分水嶺トレイル表彰式&報告会

8月25日(土) 18時よりiciクラブ神田「アースプラザ」にて開催します。

 

 

2018分水嶺01
笑顔がまぶしいフィニッシュ後の乾杯!

「分水嶺トレイル」来年はさらにパワーアップ!?乞うご期待!!

皆様のチャレンジをお待ちしております!!

 

 

 

ICI立川店公式Twitter始めました!!

一味違うコアな情報を毎日つぶやいています!

ブログ用 立川店つぶやいています 石井スポーツ立川店公式アカウントhttps://twitter.com/ICI50687787

 

石井スポーツの最新情報はコチラ!

最新アイテムや、山情報など毎日つぶやいています!

ブログ用 ツイッタ- 

石井スポーツグループ公式アカウントhttps://twitter.com/isggreen

 

もうメンバーズカードは忘れない!

スマホでメンバーズカードを管理できます!

ブログ用 ショプリエ

ショプリエの詳細はコチラ

 

立川店は車でも電車でも超便利!

毎日夜9時まで営業!!山の帰りに、仕事帰りにぜひお立ち寄りください!

装備の選び方、使い方、おススメの山など、山の悩み事はお気軽にスタッフまで!

皆さまのご来店お待ちしております(^o^)丿

立川店取扱いブランド

ICI石井スポーツ立川店

東京都立川市曙町2-42-1パークアベニュー1F

TEL:042-540-4801 営業時間10:00~21:00

JR立川駅北口よりパークアベニューまで直結徒歩5分! 多摩モノレール立川北駅より徒歩1分!

パークアベニュー駐車場:¥5,000以上のお買い物で1時間の駐車券をプレゼント!

 

リハビリの陣馬山で足がパンパンになった立川店☆バヤシでした