【石井山専ミレー】ファーストクラスの背負い心地をお届けするMilletの定番バックパック「SAAS FEE(サースフェー)」

2017-04-21

 

1

 

ストレートに背負い心地を追求したシンプルさを湛えたザック「サースフェー」。

ミレーを代表する製品であり、疲れにくいザックの王道です。

 

2.yamakei-brandaward

こんにちは。ミレーの山おんな、松井です。

ヤマケイオンラインが全てのアウトドアブランドを対象にユーザアンケートを行った結果、ドライを追求した革新的な製品の開発と優れた性能が認められ、MILLETは「ヤマケイオンライン ブランドアワード 2016」を受賞致しました。
その受賞要因となった製品の一つが、MILLETの追求するドライで革新的な性能を兼ね備えた「MILLETの定番バックパックSAAS FEEシリーズ」です。

 

3

 

唐突ですが、私の自宅には、容量と種類の違うザックが5つあります。行く場所・時期・目的に合わせてそれぞれを使い分けています。
その中でも、遠出の日帰りや小屋泊まり登山で愛用し、最も使用頻度の高いザックが「レディースのサースフェー28L」です。
それはこのザックが、真正面から「背負い心地の良さ」と向き合い、真夏でも「背中が蒸れにくい」素材と構造を備え、かゆいところに手が届くような「使いやすさ」を有しているからです。

 
今回はサースフェーの背負い心地、快適さ、使いやすさの秘密に迫ります!

 

 

ファーストクラスの背負い心地

 

4b

 

私は大学の部活で登山を初めました。しかし、しばらくは、ただ重い荷物が肩に食い込み、足元を見てひたすら長時間歩く辛いものでした。
ザックの体への負担は、疲れに直結します。疲れてしまっては、登山はただの苦行と言っても過言ではありません。
当時は驚くような重い荷物をお粗末なパッキング技術で、決して良品とは言えなかった大型ザックに詰め込んでいました。体への負担は相当だったと思います。
その体験があったから、登山経験を積んで色々なバックパックを持った今も、ザックは背負い心地が一番重要だと感じています。

 

4a

 

背負い心地が良くて疲れにくいザックは、荷物の重さを「腰と背中で7割・肩で3割」のバランスで背負えるものだと言われています。
そのためには、そのバランスを可能にする構造と素材(スポンジ、生地、フレーム)が必要です。
サースフェーは、型崩れしにくい本体に、フラットな背面構造と広く覆うハーネスベルトが体全体の荷重を分散することで、長時間の歩行による疲れを大幅に軽減します。
そして、肩ベルト・腰ベルト・背面のクッションが厚くて柔らかい!
体全体で重い荷物の衝撃を吸収することで、体への負担を軽減してくれるのです。

 

 

優れた速乾性と通気性

 

5

 

泊まりがけの山行で、前日に雨が降り、翌朝にザックを背負ったら背中や肩のスポンジが乾いておらず、冷やっとした経験はありませんか?
サースフェーは、雨や汗による水分を含みにくい水はけの良いクッション材を使用し、体に触れる部分をドライで快適に保ちます。
具体的には、「フィルターフォーム」と「EVA」という2種類のスポンジを組み合わせることで、優れた通気性と速乾性を実現しています。

 
・「フィルターフォーム」
エアコンの室外機やイヤフォンパッドなどに使用され、抜群のクッション性と水はけの良さを両備するスポンジ。雑菌が繁殖しにくいのも特徴
・「EVA」
靴のミッドソールなどに使われ、疎水性(水の通しにくさ)に優れたスポンジ。衝撃吸収と芯材の役割を果たす

 
また、背中に触れる面がメッシュになっており、背中と背面の間に空気の通り道を備えることで、構造的にも蒸れにくくしています。
汗や雨で濡れても、快適に使える工夫がされているのです。

 

67910

 

ザックの中は2気室構造になっており、スムーズな荷物の出し入れが可能です。
ウェストベルトや雨蓋などに大小9個のポケットを搭載し、収納力も抜群です。
付属のレインカバーは本体に固定できるため悪天候でも風に飛ばされる心配がありません。
他にも、多彩な機能がありますが、枚挙にいとまがないので、ぜひ店頭で確認してみてください!

 

 

 用途に合わせて選べる容量

 

121113

 

 

日帰りから1泊山小屋に最適な30L(レディース28L)
小屋泊り1~2泊に最適な40L(レディース38L)
様々な山行に合わせ、最適な容量をお選び頂けます!

 

 

選べる背面長3サイズ展開

 

17MIS2048_368915

 

背中の長さは、S(43cm レディースモデル)、M(48cm)、L(51cm) の3サイズ展開。
あなたの体にしっくりと馴染むサイズがきっと見つかります。

 

サースフェーの製品詳細は、ぜひこちらでご覧ください!

http://www.millet.jp/contents/15ss/backpacks/saasfee/

 

20

 

 
石井山専ミレーでは、サースフェーを体感できるコーナーを設置して、皆さまをお待ちしております!
ぜひ足をお運びください。

 

石井山専ミレー  松井