【石井山専ビックロ ミレー】 ドライレイヤリングで汗冷えや低体温症のリスクを軽減するには?

2017-09-29

 

millet_20170929_1

 

最近話題になっている、「ドライアンダー」や「ドライレイヤリング」。

具体的にはどういうことなの?と思っている方に、ドライレイヤリングの目的とアイテムの選び方をお教えします。

こんにちは。ミレーの山おんな、松井です。

登山は、他のスポーツと違って、汗をかいたからといってすぐに着替えることが難しいですよね。
その上、汗が出た状態で、どんどん標高が高く気温が低い所へ登っていくので、「汗冷え」という現象が起こります。

 

millet_20170929_2

 

汗冷えは、肌についた汗が蒸発する際の気化熱で、体の表面温度が下がり、体温が奪われる現象。
疲労によるペースダウンや腹下し、ひどい場合は低体温症を招く、登山の天敵です。

しかしながら、汗を肌から素早く離したり、蒸れを逃がしたりする性能に優れたウェアを重ね合わせることで、汗冷えを予防することができます。それがドライレイヤリングです。

 

millet_20170929_2_2

 

ドライレイヤリングを実践するには、ドライアンダー・カットソー・アウタージャケット・防寒着にドライアイテムを選び、効果的に重ねることが重要。
今回はそれぞれの選び方のポイントをご紹介します。

 

 

STEP1.ドライアンダー

 

millet_20170929_3

 

肌から汗を素早く吸い上げ、上に着たウェアに拡散させることで、肌をドライな状態に保ち、汗冷えやベタつきを抑えてくれるアイテム

 

選び方のポイント

1.吸汗・速乾スピードが速い
2.体温推移が小さい(暑くも寒くもなりにくい)
3.上に着たウェアからの汗戻りが起こりにくい

 

ドライアンダーの詳細は、ぜひこちらのブログをご覧ください!

http://yamasen.ici-sports.com/staff_blog_detail.php?p=3438

 

 

STEP2.カットソー

 

millet_20170929_4

 

ドライアンダーから素早く汗を吸い上げ、拡散・乾燥させるアイテム

 

選び方のポイント

1.吸汗性が高い
2.秋冬は保温性と調湿性に優れた素材(メリノウールなど)
3. 夏は通気性と速乾性に優れた素材(ポーラテックパワードライなど)

 

 

STEP3.アウタージャケット

 

millet_20170929_5

 

雨風による冷えから体を守り、体の内側から起こる蒸れを逃がし発汗を抑えるアイテム

 

選び方のポイント

1.透湿性(蒸れにくさ)
2.防水性
3.用途の汎用性(ソフトシェルとしても幅広いシーンで使える)

 

 

STEP4.防寒着

 

millet_20170929_6

 

気温と使い方に合わせて、保温性をプラスするアイテム

 

選び方のポイント

1.高い保温性ならダウン
2.適度な保温性と通気性ならフリース
3. 適度な保温性と収納性なら化繊中綿(3defxなど) 

 

みなさまもドライアンダーを活用したドライレイヤリングで、一日の寒暖差の激しい秋山も快適に楽しんでください!

 

 

秋山ドライレイヤリング講座開催!

 

millet_20170929_7

 

秋山ドライレイヤリング講座にて、ミレースタッフ松井がさらに詳しくドライレイヤリングについてご説明させていただきます!!
ドライレイヤリングの実践方法やアイテムの選び方などをご紹介。みなさまの疑問にもお答えします。
ご興味のある方、ぜひご参加ください!

 

秋山ドライレイヤリング講座
10月7日(土) 
13:00~14:00
@石井山専ビックロ店アースプラザ

 

 

↓↓↓お申し込みはこちら↓↓↓

https://www.ici-sports.com/climbing_school/school/detail.php?id=1210

 

お待ちしておりまーす。

 

millet_20170929_8

 

石井山專ミレー 松井