【石井山専ビックロ ミレー】 レインウェアの蒸れを解消しませんか?

2018-03-16

millet_20180316_1

 

雨の登山でレインウェアの中が蒸れてしまい、体中が自分の汗でビショビショになり、雨に濡れている状態と変わらなくなってしまった。なんていう経験、ありませんか?

こんにちは。ミレーの山おんな、松井です。

昨年大人気だった次世代レインウェア「ティフォン」の最新作が入荷中!今回は昨年ご好評いただいたブログをリライトし、蒸れにくいレインウェアの魅力をお伝えします。

 

millet_20180316_2

 

耐水圧、透湿性、軽量性、機能性などレインウェアを選ぶ際にはいろいろな観点がありますが、春夏の山を中心に使うということであれば、透湿性を重視して選ぶのがオススメです。

 

思えば私がレインウェアの透湿性の大切さを痛感したのは、大学1年生で最初の長期登山で八ヶ岳を縦走したときのこと。

当時の私が着ていたのは、上下セットで約7,000円と、登山店で安さに飛びついて買ったゴム引きのレインウェア。

ゴム引きは、外からの雨はしっかり防げても、内側からの蒸気も全く逃せないということを知らなかったのです。

 

途中の2日間は、大雨に降られて自分の汗でびしょ濡れに。暑いのに自分の汗で冷えるという状態、汗冷えを初めて経験し、散々な山行になりました。

 

millet_20180316_3

 

レインウェアは耐水圧(防水性)が良いことは大前提として、春夏で使用するなら、透湿性(蒸れにくさ)も同じくらい重要です。

 

春夏の登山、特に尾根を登っているときは、ただでさえ運動量が激しく暑いのに、そこに長袖の上着を着るのだから、たくさん汗をかくのは当然ですよね。

だから透湿性が大切になってくるのです。

 

millet_20180316_4

 

私は、透湿性の高いレインウェアは以下のようなものだと考えています。

 

1.防水メンブレン(膜)の透湿性が高い

2.表地・防水メンブレン ・裏地が一体化した3層構造になっている

3.表地と裏地も薄くて蒸れにくい素材

 

そこでご紹介したいのが、ミレーの透湿性抜群のレインウェア「ティフォン」。

防水メンブレンというとゴアテックスが有名ですが、ティフォンに使われているミレーのオリジナルメンブレン「ドライエッジ タイフーン50000」は、透湿性(50,000g)と一般的なゴアテックスレインウェアよりも透湿性が高い!

耐水圧も登山に必要な20,000mmを備えています。

また、生地が軽くて柔らかく、ストレッチ性も抜群のため、ウィンドブレーカーとしても使いやすいのが特徴です。

 

 

 

< 製品情報 >

耐水圧:20,000mm
透湿性: 50,000g/㎡/24h
重量:304g(メンズ)262g(レディース)
価格: 26,000円(グレーカラーは29,000円)

 

メンズ

 

millet_20180316_5millet_20180316_6

millet_20180316_8millet_20180316_7

millet_20180316_9

 

 

レディース

 

millet_20180316_10millet_20180316_11

millet_20180316_13millet_20180316_12

millet_20180316_14

 

透湿性の高いレインウェアで、雨の日も快適に登山してくださいね!

 

なお、ティフォンの詳細はこちらのブログにも掲載中!ぜひご覧ください。

レインウェアとソフトシェルを一着で済ませるには?─新作ティフォンのご紹介─

 http://www.ici-sports.com/blog/?p=234655

 

石井山専 ミレーストア  松井