【登山本店】山形県・蔵王山・月山に行ってきました

2017-10-08

登山本店スタッフ宮守、東北の大自然に翻弄されるの巻。

ようやく暑さも落ち着き、秋らしい気候になってきました。

秋山シーズン到来です!

そんなわけで、今が真っ盛りの紅葉を見るために東北の蔵王山月山まで遠征してきました!

…が、

まず蔵王山へ向かいましたが生憎の天気。

1507270388462

蔵王の山頂の一つ、刈田岳までは山頂直下までバスで行けます。

しかし風が強く寒いです。

1507270415120

1507270445427

視界も悪いですが、刈田岳レストハウス~熊野岳避難小屋と頂上までは目印の柱が等間隔に立てられています。

1507270471582

霧の向こうにかろうじてお釜(火口)が見えました。

晴れていれば綺麗なんだろうなあ…

1507270489386

万が一の火山活動の活発化に備えて避難誘導の看板が随所にあり、これも良い目印に。

しかしこの辺りからさらに風が強くなり、雨は霰へと変わり…

まさかの吹雪。

なぜだ。

それでも何とか頑張って熊野岳頂上まで。

1507270613821

コース上唯一風が避けられる場所でもあります。

コーヒー飲んで一息。 しかし寒い。

1507270634004

頂上の社はすでに凍りついていました。

当初の予定ではこのまま地蔵岳のロープウェイ駅まで抜ける予定でしたが、あんまり天気が悪いので安全策を取り、元来た道を辿り刈田岳からバスで下山しました。

今シーズン初の吹雪でした。まさか10月の初めでこんな吹雪に遭うとは…

予想外の天候にだいぶひどい目に遭わされたなあと思いましたが…

この程度では終わりませんでした。

翌日は月山へ。頂上で朝日を迎えようと、夜明け前の早朝から歩き始めました。

1507270657126

登山口には熊注意の看板が。

一人暗闇に怯えつつ、藪から飛び出してきた鳥に腰を抜かしそうになったりしながら、暴風雨の中を突き進んで行きます。

(一応天気予報は良くなる方向になってたんで、夜が明ける頃には晴れるかもって希望を持っていたんですが…)

視界もほとんどありませんが、木道や石畳の道が良く整備されているので迷わず進めます。

ただ、歩き始めて30分位で樹林帯を抜けてしまうので、そこから先は風がもろに吹き付けて結構辛いです。

インナーダウンのジャケットを持っていなかったらどうしようもなかったでしょう。

ヘッドランプの淡い明りを頼りに進み続け、頂上直下までたどり着き、ようやく明るくなってきた頃。

さぞかし素晴らしい紅葉の景色が広がっているだろうと期待して顔を上げてみたら…

1507270682281

まさかの銀世界。

だからなぜだ。

(どうやら今回も雨男の本領を全開で発揮してしまったようで…)

1507270721166

頂上まで本当にあと少しというところでしたが、吹雪に加えてガスも濃くなり、風も強くなって来て、十分な装備の無い状況でこのまま行動し続けるのは危険と判断し、下山を開始。

1507270816057

途中休憩用のベンチがありました。きっと晴れていれば景色の良い場所なんでしょうが…

1507270833569

見える景色はこんなんでした。

1507270869967

道のはっきりした所まで戻ってきてとりあえず一安心。

1507270883867

夜中に歩いた自分の足跡だけが、木道の雪の上にはっきりと残っていました。

降りて来るにしたがって天気も落ち着いてきて、朝日を暖かく感じるようになってきた頃。

1507270902612

下山直前まで来て、ようやく景色が開けてくれました。

思った通りとても綺麗な紅葉が広がっていました。

とりあえず、さんざん苦労してここまで来た甲斐はあったかなぁと思います。

…ここまで大変な思いをする予定はなかったんだけど。

逆に、シーズンを先取りして雪山を堪能できたと思えばそれなりに楽しかったかなと。

秋山・紅葉のシーズンもまだ始まったばかりですし、近くまたどこかにリベンジに行こうと思います。

…その時は良い天気に恵まれますように。

 

登山本店 宮守