【登山本店】 赤岳鉱泉 2017年3月6日~3月7日

2017-03-12

2017年3月6日~3月7日 八ヶ岳の赤岳鉱泉に行ってきました。

P_20170306_155508 P_20170306_113606

この日は美濃戸口までは雪も凍結もなく、美濃戸口からの林道はかなり多くの部分で凍結していました。

美濃戸口に車を止めて林道を歩くことになります。

気温 早朝-8度~日中4度

八ヶ岳にしては暖かい気温でした。

赤岳鉱泉でテント泊して翌日に帰りました。

使用したテントはG-LIGHTX2~3人用

外張、ボトムシートは使用していません。

雪の上なのでボトムシートは使用していませんが土の上、石の上ではテントの保護のためにボトムシートの使用がオススメです。

冬の雪が十分あるコンディションでは外張があった方が快適なこともありますが、軽量化を重視してG-LIGHT Xテント単独の使用にしました。

G-LIGHTXテントはX-TrekFabricsという防水透湿性素材を本体に使用しているのでフライシート無しでも使用可能です。

重さも1~2人用で1180g 2~3人用で1330gと軽量で、テントの組み立ても比較的シンプルで組み立てやすいのでとても気に入っています。

冬の使用では透湿素材を使っているとはいえ、テントの内側が結露で凍りますが、氷なので装備が濡れることもなく特に気になりませんでした。

それ以上に軽量で組み立てやすい事が非常にメリットだと思いました。

マットはサーマレストのリッジレストソーライトのレギュラーとテントの床面全面を覆う銀マット

P_20170306_180743 P_20170306_221219

テント外の調理やテント内では、日中に太陽光発電で充電しておいたSOLARPUFFが大活躍。

太陽光で充電できるランタンなので電池切れの心配がなく便利です。

しかも、75gの軽量設計。

非常に素晴らしいアイテムです。

P_20170302_162447

寝袋は-17度まで対応できるPAINEのウィンターを使用しました。

土居