【仙台店】ひとつMONOがたり

2018-08-13

こんにちは。来週末の白馬岳登山ツアー2泊3日に添乗させていただきますひとつです。今回のツアーには思い入れがあります。白馬連峰が私にとって想い出の多い場所だからです。

小蓮華岳方面

??年前の若かりし私は今回の宿としてお世話になります㈱白馬舘が運営してる山小屋とスキー場でアルバイトとしてお世話になっていたんです。そして、その時一番お世話になっていた方が、今回2日目にお世話になる白馬山頂直下にあります「白馬山荘」で今もなお支配人をされておられるんです!!お会いできたらいいな~♪♪

沢装備

本題は、白馬岳でも栗駒山でも私が常に持ち歩く用具のうちから、最も使いたくないけど持ってかなきゃならなくて、でも何を持ったらいいか誰もが悩む、ファーストエイドキットをご紹介します。上の画像は先月の栗駒探検時の持ち物。この中の一番上の右端の赤いポーチとオレンジ色の箱がお題になります。
私はファーストエイドキットを、緊急時用と落ち着いてからのケアー用との2つに分けています。

救急きっと1

上のがすぐに必要なもので、小さな負傷時用。ポイズンリムーバーと軟膏はハチに刺された時のためのもの。冷えピタは、打ち身や捻挫の時にひとまず歩けるように腫れを遅らせるものとして。腫れると軽度の捻挫でもまったく動けなくなっちゃいますから。ツムラ68番は自分用。

救急キット2

こちらがあまり急がない、またはがさになるもの。クレラップは、切り傷や擦り傷の傷口の保護用です。三角巾やガーゼを傷口に当ててしまうと、皮膚に繊維が貼り付き感染症予防のための処置が遅れてしまうのです。このボックスで私のオリジナルは2個のヘッドランプ。ここに入れておくことで、スイッチの誤操作などが生じず困ったときにすぐに使えます。ラップのすぐ下、中央のが介護用のゴム手袋。傷の手当のときに使います。どれも出すことのない山旅を楽しみたいですね。

雷鳥

登山学校担当、ひとつでした!