毎月13日は石井スポーツグループ登山の日
安全登山の豆知識3月編

3月 登山の日「陽光さそう春の山 突然の嵐」

春山安全登山術


3月の登山の日は、奈良東大寺のお水取りの翌日。修二会と呼ばれ奈良時代から続くこの行事は、春を告げる行事として日本人の心に深く刻まれています。いよいよ春ですが、積雪量に注目して各地の状況をみますと、北海道富良野では前年比116%・青森県酸ヶ湯では96%で平年並みです。ところが、長野県野沢温泉では61%。豪雪で知られる白川郷では、41cmで前年比41%でした(3月3日調べ)。しかし、降水量に着目すると白川郷では前年の約2倍の降水量です。おそらく、シーズンを通して気温が高く降雪ではなく降雨となったことが原因と思いますが、この状態はこれからの春山にも強く影響を及ぼします。

 

備えて安心安全春山登山術

今春注意するポイント
①南から湿った空気をもたらし、南岸の低気圧が急速に発達して春の嵐となる。
②山麓では雨だが、稜線部は降雪となり大規模な雪崩が発生する危険性が高い。
③暖かい湿気の多い風が残雪で冷やされて霧が発生しやすいので視界不良となりやすい。
もちろん転滑落の危険も否定できませんが、気象遭難の危険性がいつもより高いことに注意を払って登山の準備を整えましょう。

 

<濡れに強く風雨を防ぐレイヤリング術>

この時期は降雨から降雪に変化するなど、冬より一層濡れや寒さに対応するウエアリングが重要です。加えて撥水処理なども怠らないようにしましょう。レイヤリングに王道はありません。状況(気温や雨・雪・風など)に応じてウエアを組み合わせる。「寒かったら着る、暑くなったら脱ぐ」をこまめにするのが大原則です。
①ベース(インナー)レイヤー
湿気を吸収、吸着熱を発して、保温性に優れるメリノウールを着用。加えてメリノウールの特性を最大限に生かせるようにメリノウールの下に化繊の吸汗速乾アンダーを着用するとさらに濡れに強く快適です。
②ミドルレイヤー
フリースは行動時に適した保温性能・透湿性能を発揮して汎用性が高いのでおすすめですが、嵩張ります。特に春は、気温も高めなので、はっ水性・防風性のある薄手のソフトシェルを活用して、森林限界まではソフトシェル・ベースレイヤーを組み合わせて行動中の発汗と降雪に備えます。森林限界以上は撥水ダウンを使ったインナーダウンや(化繊)中綿素材のインナーを着用すると、濡れに強く携帯時にかさばらず便利です。
③アウターレイヤー
思わぬ降雨による濡れや過冷却水による凍結等、より厳しい条件にさらされることを考えて防水透湿素材のジャケットであることは当然ですが、換気のためのベンチレーターや顔の凍傷を防ぐフードを備えて、視界の確保しやすいジャケット・状況に応じて脱ぎ着のしやすいサイドジッパーを備えたオーバーパンツがお勧めです。
④防寒着
休憩時やテント泊・クライミングのビレイ時などコンパクトで暖かいダウンジャケットは必携ですが、濡れに強い撥水加工ダウン・高品質ダウンを選ぶことが肝心です。
⑤手袋
手袋も凍傷を防ぐためにインナーグローブ+ウールグローブ+オーバーグローブとレイヤリングすると効果的です。特に春山ではインナー・ウールグローブは必ず予備を用意して濡れに備えます。
⑥靴・靴下・スパッツ
濡れたり、寒くなった時に容易にケアが出来ないのが足回りです。靴はワンランク上の保温性を備えたものを選び、靴下は良質のメリノウールは当然ですが、インソールを断熱性の高いものに取り換えるのも効果的です。加えて雪の侵入を防ぎ・保温性を高めるゲイター(スパッツ)は冬用・バンド式で強度のあるものを選びましょう。ベルクロ式は着脱がしやすくて、着脱のトラブルがないのでお勧めです。

 

ウエアのレイヤリングを基本として、視界不良で行動できないときは、ツエルトを活用して体力の温存を図る。風で体感温度が下がる状況下ではサーモスの活用とサプリの活用で低体温症の予防と行動するカロリーの温存に努めましょう。

 

「用意周到な準備で安全登山」皆様がすばらしい登山をされる事を石井スポーツスタッフ一同願っております。

【おすすめ ベースレイヤー】

THE NORTH FACE×ISG別注
S/S HYBRID PLUS CREW Z

特殊繊維サーマスタット+マキシフレッシュを使用した吸汗性、ストレッチ性があり、適度な保温性をもったベースレイヤーです。

\5,800

【おすすめ ミドルレイヤー】

ICE BREAKER ZONE LS HALF ZIP

吸湿性と保温性に優れるニュージーランド産メリノウールを100%使用。柔らかな肌触りで体の動きに優しくフィットします。

\13,000

【おすすめ アウターレイヤー】

TERNUA ASCENT GTX PRO JKT

従来のゴアテックスより透湿性が高いNEW PROを採用した強靭で軽量なアウターです。

\69,800

【おすすめ 靴下】

BRIDGEDALE トレッカー

マメができにくいライクラ編み込みの、湿気蒸散性能に優れたソックスです。

\3,200

【おすすめ 登山靴】

AKU テッレアルテGTX

抜群のホールド感と軽さを実現したセミワンタッチアイゼン対応のマウンテンブーツです。

\44,500

 

AKU YATUMINE GTX

3mm厚の革を使用した断熱性、剛性に優れたマウンテンブーツ。日帰り~テント縦走まで多様に使えるオールラウンドモデルです。

\45,000

PAGE TOP