毎月13日は石井スポーツグループ登山の日
安全登山の豆知識11月編

11月 登山の日「木枯し吹く晩秋の寒き山」

効果的に保温(頭・手・首)して快適晩秋ハイキング


気象庁の発表によると、今年は10月24日に関東地方、25日に近畿地方で「木枯し1号」が吹いたそうです。ついひと月前には半袖で通勤していましたが、確実に冬に向かっていますね。木枯らしが吹くようになると、山々は紅葉に彩られて、一年でも最も美しく、さわやかにハイキングが楽しめる季節の始まりです。11月の登山の日は、最もハイキングに適した秋の山を楽しむポイントについて皆様にお伝えしたいと思います。

 

木枯らしが吹くということは?
気象庁では、「10月半ばから11月末日の間で、初めて吹く北または西寄りの風(秒速8m以上)」を木枯らし一号としています。山で8メートル以上の風が吹けば、稜線では危険を感じる風速です。加えて風速1mにつき、体感温度は1度下がるとされています。紅葉は最低気温が8度以下で始まり、それから3週間くらいで見頃を迎えるといわれています。つまり、この時期の山は体感で零度以下となる可能性があるということです。

 

★ポイント1「零度に対応する服装の準備が必要」

熱が体内から体外に放散される経路は?
① 熱伝導 「物」を通じて熱が移動すること。例えば、雪を握ると手が冷えます。
② 対流 「液体・気体」を通じて熱が移動すること。冷たい風に吹かれると体が冷えます。
③ 放射 「赤外線」による熱の移動のこと。全ての物体は温度が絶対零度でない限り、表面から熱を電磁波の形で放射しています。気温が人体の熱より低いと風がなくても、放射で体が冷えます。
④ 発汗 汗をかくと、汗が空気中に蒸発して (気化して)熱が体から奪われて冷えます。

 

★ポイント2「体が冷える経路別に対策を立てる」

ここで熱が体内から体外に放散される経路ごとの対策を考えてみましょう。
① 熱伝導の対策
登山中に冷たいものに触れるのは、手・足と休憩時に座る時でしょう。対策としては手袋の用意・断熱性の高いインソールの用意・休憩時の携帯断熱マットが考えられます。
② 対流の対策
登山中の対流と言えばもちろん風です。対策としてはゴアテックスウエアの活用が定番ですが、この時期さらに快適にハイキングをするためにはより湿気のこもりにくいソフトシェル素材のジャケットもお勧めです。
③ 放射の対策
外気温が低いと登山中にどんどん熱を放出します。気温に応じた服装のレイアリングを心掛けることが基本です。体感的に特に熱の放出を感じられるのは頭・首・手首・足首ではないでしょうか。頭は熱の変化に弱い脳細胞を守るため血管が集まり、首と名のつくところは太い動脈が通る場所で共に体温維持に関係する血流の要となる場所です。ここを効果的に保温することにより、より薄いレイアリングで行動が出来ます。ぼってりとした着衣より、軽快なスタイルで秋の紅葉を楽しみましょう。
④発汗の対策
より軽快なスタイルでと書きましたが、これは発汗に対する対策になります。
運動中に着用する衣服の役割は、
▽寒さなどの外部環境の変化から体を保護する。
▽体から出る熱や湿気などの変化に対して、衣服内環境を快適に保つ。
でしょう。
体温が上昇すると、服の中の空気の温度も上がり、最初は暖かさを感じますが、体表からは温度調節をしようと汗が出てきます。汗は衣服や体表で蒸発するときに皮膚の温度を奪い、いくら厚着をしてもなかなか暖かさを感じないのはこれが原因です。対策として保温性に優れた吸汗速乾性機能素材のアンダーウェアを着用しましょう。

 

以上、効果的に保温して快適に晩秋ハイキングを楽しむポイントについて述べました。皆さんの参考になれば幸いです。また、より具体的なレイアリングや、ニット帽や手袋の選択については店舗スタッフが詳しく説明させていただきます。ぜひご来店ください。

【おすすめ 断熱性の高いインソール】

SIDAS ウィンター3D

特に冷えやすい前足部にアルミフィルムを装着した保温性の高いモデル。しっかりしなやかにカカトとアーチを支えるナイロンアーチフレックスサポート。

\5,000

【おすすめ 携帯マット】

サーマレスト Zシート

アルミ蒸着されていて保温性があり、アコーディオン式で小さく折りたたんで携帯できます。

\2,200

【おすすめ ソフトシェルジャケット】

テルヌア SIX WINDS 1415

オリジナルの防風透湿素材と裏側のグリッドフリースが優れた保温性を発揮。柔らかく風合いの良い素材が着心地の良さを実現。

\25,800

【おすすめ 首回りの保温アイテム】

テルヌア NARROW NECK

保温性に優れたフリースと吸汗速乾性に優れた素材をミックスした多機能ネックウォーマー。

\3,200

【おすすめ 足首の保温アイテム】

PAINE メリノウールソックス

羊毛の中で最高級のメリノウールを採用。抜群の肌触りと保湿性が特徴。高所遠征でも認められたソックス。

\2,580

【おすすめ 保温性に優れた吸汗速乾アンダーウェア】

THE NORTH FACE
L/Sホットクルー・L/Sホットトラウザーズ

体温を輻射する光電子ファイバーを使った厚みのある起毛素材が高い保温効果を発揮。

各\6,800

PAGE TOP