第97回全日本スキー選手権大会アルペン競技会 レポート

2018年12月25日~28日の日程で開催された、全日本選手権大会の開催レポートをお届けします!

今大会は石井スポーツがメインスポンサーとなって開催されました。
会場には、旗門のフラッグをはじめ、スタートハウス、コースサイド、ゴールエリア、ウイナーズボード、など様々なところにMt.石井スポーツの新しいロゴが!

会場は、釧路市国設阿寒湖畔スキー場、ライトウィングコースでした。
今年度の大会は、2019年FIS世界選手権の男女出場選手選考レースを兼ねており、
各種目の優勝者が出場権利を獲得できるということもあって、白熱したレースとなりました。

バーンコンディションも、大会関係者のインジェクションによる水撒き作業や、
暖冬で積雪不足も懸念されていましたが、人工降雪機を5台稼働させるなどのご尽力により、
晴天も続き最高のコースで非常にフェアな大会が実現されました。

非常に難易度の高いコースやポールのセッティングとバーンにより、最終日の回転競技では完走できた選手は少なく、誰が優勝してもおかしくない展開となり、ラップタイムが更新されるたび、ゴールエリアが期待に湧く展開となりました!

 

結果は

男子 大回転競技 石井智也選手
女子 大回転競技 安藤麻選手

男子 回転競技 湯浅直樹選手
女子 回転競技 向川桜子選手

 

の4名が見事優勝を果たし代表権を獲得する展開となりました!

 

男子 回転競技ではMt.石井スポーツがアスリートサポートしている

小山陽平選手が3位に入る活躍を見せました!

 

Mt.石井スポーツは今後もスキースポーツの普及活動に焦点をおき、
「学び・楽しみ」をキーワードに様々な活動を実施していきますので是非ご期待ください。

選手・父兄・観客の皆様、ご参加いただき誠にありがとうございました!