メンテナンス

GORE-TEX®アウターウェアには特別なケアは必要ありません。洗濯などのごく簡単なお手入れをしていただくだけで、より長い間ご愛用いただけます。洗濯と撥水性の回復についてそれぞれのポイントをご紹介いたします。

洗濯

ほとんどのGORE-TEX®アウターウェアは洗えます。汚れたと思ったら洗濯してください。洗濯によってGORE-TEX®ファブリクスの性能が低下することはありません。ただし、ウェアはさまざまな部材が使われていますので、まず「洗濯取り扱い表示」に目を通して、その指示に従ってください。

ご家庭で洗濯の場合の例

ご家庭で洗濯の場合の例 1

ジッパーやマジックテープをすべて閉じてゆったりめの洗濯ネットに入れてください。

ご家庭で洗濯の場合の例 2

洗濯機に入れてぬるま湯(40℃以下)で洗ってください。洗剤は少なめの量で、すすぎは十分に行ってください。ご家庭で日常の洗濯で使用している洗剤であれば、粉末でも液体でも問題ありません。また洗剤以外に柔軟材や漂白剤は使用しないでください。表生地が脱色したり、撥水性が一時的に低下する場合があります。

ご家庭で洗濯の場合の例 3

洗濯、すすぎが終わったら、衣類乾燥機で乾燥してください。温度設定できる場合は「標準」で。乾燥機を使わないときは日陰で吊り干しして完全に乾いてから、あて布をしてアイロン(低温)をかけてください。

撥水性の回復

撥水性とは、表生地の表面が水をはじくことによって、生地を濡らさない性能のことをいいます。アウターウェアの表面を水滴がコロコロと流れ落ちる状態であれば、撥水性は維持されています。

撥水性能が低下した表生地

撥水性能が低下した表生地

生地に水が染み込み、あたかも漏水したかのように感じます。

撥水性が維持されている表生地

撥水性が維持されている表生地

水滴は表面をコロコロ流れ落ちます

撥水性は繰り返しの着用などによって低下します。撥水性が低下しても、防水性能は変わりませんので内側に水が浸入することはありません。しかし表面が濡れるとあたかも水が浸入したような不快を感じることがありますので、つねに撥水性能を維持するようにしてください。

ご家庭での撥水回復方法

低下した撥水性能は、汚れを落とし、熱を加える2ステップで回復することができます。

ご家庭での撥水回復方法 1

まず洗濯と十分なすすぎで汚れを取り除いてください。汚れている生地の表面にいきなり撥水スプレーをかけても効果がありませんので、まずはアウターウェアをきれいな状態に戻してください。

ご家庭での撥水回復方法 2

洗濯とすすぎを行ってから衣類乾燥機で熱を与えることで多くの場合撥水性は回復します。乾燥機を使用しないときは完全に乾かしてから低温で当て布をし、アイロンをかけることでも同じ効果が得られます。

ほとんどの場合はこれで撥水性能は回復します。それでも回復しないときは、クリーニング店に相談されるか市販の撥水剤を使用方法に従ってお使いください。