2019年 4月登山の日 「奥武蔵高原」 ~春陽柔らかく、山稜にさわやかな風吹く~

4月登山の日

4月登山の日

 

おすすめの山 【奥武蔵高原】

今月は奥武蔵高原を紹介しましょう。奥武蔵とは埼玉県南西部の山岳・丘陵の総称ですが、山麓には曼珠沙華で有名な巾着田・山中には景観に優れる関八州見晴台や足腰の神様として知られている天台宗の古刹子の権現天龍寺など、景観・歴史的名所にあふれる魅力的な山域です。
 
(行程)
高麗駅→日和田山→北向地蔵→関八州見晴台→正丸峠→伊豆ヶ岳→天目指峠→子の権現天龍寺→大高山→天覚山→東吾野駅
 
コースの特徴
総延長距離40.6キロ。通常コースタイムで19時間の行程なので、十分なトレーニングと軽量化に努めてチャレンジしましょう。
日頃トレーニングを怠ってなければ、10時間頑張れば完走することが出来るでしょう。
途中足腰の神「子の権現」にしっかりお賽銭をしてお参りを済ませておけば、ご利益があること間違いなし!?
もっともこのコースは山稜を離れて西武秩父線側に下山すればすぐに帰ることが出来るので、何度かに分けてチャレンジすることもできます。
 
 

ファストハイキングのススメ

ハイキングや登山をするときに「何を持っていこう」と考えるのと、「何を置いておこう」と考えるのは異なるベクトルですが、どちらも安全に山に登るためには必要な思考です。
持っていくものを考えるのは必要なものは何かと考えることであり、置いていくものを考えるのは無駄を省いて軽量化を図ることにつながります。
自然の中で活動する時に必要なのは、闇に備える。濡れ・寒冷に備える。水分・カロリーの保持です。
装備で言えばヘッドランプ・雨具・速乾性の衣類・保温着・飲料水・行動食でしょう。加えてそれらを運ぶザック・足を守る靴も必要です。
十分に吟味して、軽量化を図った装備は安全登山の要です。
荷物を軽快に、春の山稜を颯爽と行動して、1日の終わりに、スタート地点をはるかに望めば新たなる感動に出会えます。
この春、皆さんもファストハイキングを始めてみませんか?
 
 

ファストパッキングのススメ

ファストハイキングの観点からテント泊装備を考えると、1泊2日で1人約8キロ程度に荷物を減らすことが出来ます。
もっと頑張れば5キロ以下も可能ですが、これはかなりトガった構成なので今回はあくまでもテントを使用したスタイルで皆さんに提案したいと思います。
表を見ていただくと、主なテント泊装備をファストパッキング装備にすると、約半分の重量になることがわかります。

 
 

4月登山の日

4月登山の日

 
 

軽量化のポイントは

■軽量テント・シェルターテントを使う。
■防寒具を活用することを前提に軽量シュラフを使用する。もしくはハーフシュラフを使用して、マットは上半身だけで、ザックを足元に敷くなどの工夫をする。
■アルコールストーブとフリーズドライの活用で軽量化する。
■相対的に軽くなるのでOMM(オリジナルマウンテンマラソン)等のシンプルで軽量なマウンテンマラソン用ザック等を使う。
これに加えて財布は軽量ポーチに変える。必要カロリー・損失水分を行動時間から綿密に割出して、不要な重量増を防ぐ。食料の袋の余分な部分はあらかじめ切っておく。等の工夫がすぐに1キロ程度の軽量化につながります。かなりストイックな印象ですが、
無駄なものは持ち込まない精神が、山の安全と快適性につながりますので、皆さんも工夫を凝らしてください。

4月登山の日
ブランド:NEMO
品名:TANI 2P

価格:¥57,000+税
説明:コンパクトに収納できる重量1.18Kgの軽量モデル、大きく開く本体入り口と大きめの全室は使い勝手に優れる。

 
 

4月登山の日
ブランド:アライテント
品名:ライズ1

価格:¥35,000+税
説明:自立式のドーム型シェルター快適より軽量だという方におすすめ。

 
 

4月登山の日
ブランド:OMM
品名:Moutain Raid 1.6

価格:¥34,500+税
説明:水濡れも想定した化繊綿の寝袋。シュラフカバーなどとの組み合わせ次第で広い温度域に対応します。

 
 

4月登山の日
ブランド:VARGO
品名:チタニウムコンバーターストーブ

価格:¥6,000+税
説明:アルコール、固形燃料、燃料ジェルも使用できる軽量ストーブ。

 
 

4月登山の日
ブランド:OMM
品名:Classic 40

価格:¥18,000+税
説明:フロントに大容量ポケットを装備、軽量かつ収納力に優れたザック。

 
 

4月登山の日
ブランド:OMM
品名:Phantom 25CL

価格:¥28,500+税
説明:各所の細かい調整が可能で2日分の装備で走っても徹底的に揺れを抑える構造です。

 
 

4月登山の日

4月登山の日

石井マウンテンマラソンに出てみませんか?
ファストハイキングを今回紹介しました。関心を持たれた皆さん、石井マウンテンマラソンに出てみませんか?
名前はマウンテンマラソンですが、ビギナーが読図能力や登山の基礎力の養成になるように設定してあるので、普通の1泊2日の登山として気軽に参加できます。
スタート時に渡された地図をもとに、宝探し感覚でポイントを探しながら歩きます。
マウンテンマラソンに出場して優れているのは、2日で通常のなん年分も地図を読んで進路を判断することと、やはり荷物は軽くして、少しでも早く楽に歩きたいと準備をするので、必要最小限の無駄のない登山スタイルを確立出来ることにあると思います。
ビギナーにはスタート前に実践講習も受けることが出来ます。
いつもゴールで振舞われる金目鯛のお味噌汁を目指して皆さんも参加されませんか?学びと感動・ゴールの達成感今までとは違う感動をぜひ味わってほしいと思います。
 
大会概要
【期 日】 2019/5/25(土)~26(日)
【開催地】 静岡県 東伊豆町>
【募集定員】200組(400名)
【参加費用】石井会員 14,000円/1人、 一般 15,000円/1人
【大会事務局】 メールアドレス:event@nomadics.jp TEL:048−767−3144
【主催】Mt石井スポーツ
【運営統括】株式会社ノマディクス
【基本ルール】 大会は2日間にわたって2人1組のチームで行われます。(※エントリークラスは3人1組での参加もOK。)
ロゲイニング方式でチームが独自にルートを選択し、制限時間内に数多くのチェックポイントを回りその総合得点を競います。
詳細はHPをご覧ください。
https://www.ici-sports.com/imm2019/


以上
ファストハイキングを楽しむコツを述べました。「山稜のさわやかな風に吹かれて元気にアウトドア!」

健康と感動をサポートする石井スポーツグループから皆様への提案です。

 
 

奥武蔵高原 日和田山 標高 305m