2019年 3月登山の日 「四ツ岳」 ~春の山 一陣の風となって滑走する~

3月登山の日

3月登山の日

 

おすすめの山

今月は四ツ岳のバックカントリーコースを紹介します。四ツ岳北面台地はバックカントリースキーヤーが一度は滑ってみたいコースではないでしょうか。
滑りも楽しいですが、急傾斜のハイクアップ、大滝川の渡渉、樹林帯のラッセル、頂上直下のアイゼン装着の判断と、総合力の問われる標高差約1400mのビックルートです。
今年、みなさんも四ツ岳にシュプールを刻みませんか。
 
(行程)
平湯野営場駐車場→大滝川渡渉点→森林限界(2300m付近)→四ツ岳頂上
 
コースの特徴
平湯キャンプ場から登り、谷状の急傾斜を苦しい切り返しで尾根に詰めあげます。
春の早朝は氷化している事も多く、早くにクトー(スキーアイゼン)もしくはアイゼン歩行に切り替えると良いでしょう。
尾根状を詰めると、左手に大滝川の上部が見えてくるので、渡渉点を見極めながら川まで一旦下ります。
渡渉後は樹林帯のラッセルを交えて高度を上げます。森林限界をこえる頃から、風も強く、やがて氷化した斜面になるので、ここでも早くクトー(スキーアイゼン)を装着して安全に切り抜けましょう。
頂上の左手側のカール状をひと登りで頂上です、頂上からは積雪状況(頂上付近はアイスバーンのことが多い)を慎重に判断して滑降ルートを選びましょう。少しでも不安がある時は登高ラインを忠実に滑走する良いでしょう。
 
 

バッカントリースキーの楽しみ

春、山の雪も落ち着き、雪をまとった山々をスキーで縦横に駆け巡る楽しみは何者にも代えがたい魅力があります。読図力を駆使してオリジナルなラインを創造するもよし、クラシックなツアーコースをたどるもよし、様々に雪の山を楽しんで欲しいと思います。
 
 
 
 

バッカントリースキーの用具選び

スキー板はフルロッカーではなく、キャンバのあるタイプが硬いバーンでも足元のグリップが良く安定した滑りが可能なのでオススメです。
ビンデイングは当然軽く歩きやすいテックビンディングが定番ですが、スキーブーツも歩行性、滑走性、軽さを高次元でバランスさせた、軽量ツーリングブーツで足元軽く軽快に行きましょう。
スキーシールはシールワックスを用意し、シールが濡れないようにするのはお約束ですが、加えて着脱が簡単で軽く、コンパクトに収納できるアクリルベースの糊を使用したものがオススメです。スキーポールはハイクアップに備えて2段式の調節とロックが確実なタイプを選び、ザックはゴーグル、アバランチギアなどバックカントリーに必要な装備のために必要ですが、春はウエアの着脱もあるのでミディアムサイズのザックを選びましょう。
また、雪質がどんどん変化する春のスキーツーリングでは滑走ワックスとプラのスクレイバーは必需品です。
 
 

3月登山の日
ブランド:ブリザード
品名:ZERO G 95

価格:¥76,000+税
説明:1/2ペア1190g(171cm)と超軽量ながら硬めのレックスで安定性に優れたツアー向けモデル。

 
 

3月登山の日
ブランド:G3
品名:ION 12

価格:¥58,000+税
説明:操作性に優れ滑走性能と重量などのトータルバランスに優れたベストセラーモデル。

 
 

3月登山の日
ブランド:テクニカ
品名:ZRRO G TOUR PRO

価格:¥99,000+税
説明:足首の可動域も広く抜群の機動力を誇るツアーブーツの決定版。滑走性能も非常に高い。

 
 

3月登山の日
ブランド:サロモン
品名:QST 99

価格:¥78,000+税
説明:春の硬い雪面をものともしないエッジグリップに優れたオールマウンテンモデル。滑り重視派の方に!

 
 

3月登山の日
ブランド:サロモン
品名:S/LAB SHIFT MNC+BRAKE

価格:¥85,000+税
説明:今期登場した最強のテックビンディング。ハイクするときだけトゥのピンを使用。滑走時はアルペンビンディングと同様にブーツのコバを抑えるためパワーを逃さず安全性も高い。

 
 

3月登山の日
ブランド:ATOMIC
品名:HAWX ULTRA XTD 130

価格:¥99,900+税
説明:外側のシェルと呼ばれるプラスチック部分を足型に合わせて熱成型可能なメモリーフィットで快適かつ攻めた滑りが可能な高性能ツアーブーツ。

 
 

3月登山の日
ブランド:CONTOUR
品名:HYBRID MIX 115mm

価格:¥22,750+税
説明:グルー面が従来の朔ではない特殊な構造のニュータイプで粘着面同士を張り合わせても簡単にはがすことが出来て取り扱いがとにかく楽!粘着力が低下したら専用のクリーナーで復活させることが出来る優れもの。

 
 

3月登山の日
ブランド:POMOCA
品名:Free2.0 123mm(S~XL size)

価格:¥22,000+税
説明:この時期の硬い雪面にもグリップ力に優れた毛足が長くコシのあるシール。防水性能も高く対候性にも優れている。ビギナーからベテランまで薦められる逸品。

 
 

バックカントリースキーのウエアリング

バックカントリーのハイクアップ時は運動量が多いので、汗をかきやすい状況に加え、外気温が低く汗冷えを起こしやすい状況です。
唯一の解決策はアンダーウエアの下に疎水性が高く水分をすぐに逃がすドライレイヤーを着用することです。上に重ねるアンダーウエアも速乾性・通気性の高いものにしましょう。さらに防風性のある薄手のソフトシェルを重ねると冷たい風や木々からの落雪の濡れに対応できます。いずれにしても、歩き始めは少し肌寒いぐらいでスタートするのがコツです。
当然、森林限界以上の行動と滑走時は透湿性に優れた防水ジャケットを着用するのはお約束ですね。

 
 

春のスキーツーリングの楽しみ

厳冬期に比べ、春のツーリングは陽光もあり、気持ちよく楽しめます。そんな楽しみを盛り上げてくれるのはランチタイムとコーヒーブレイクではないでしょうか。ぜひ、軽量タイプのガスコンロ・コッフェルを用意して、山頂カフェを楽しんでください。何を食べるかは、みなさんの工夫次第ですが定番はラーメンでしょうか。中には一人鍋を用意する猛者もいるようです。こんな時の一工夫は熱いお湯をテルモスに詰めて持っていくことです。お湯を沸かす時間を短縮できて、いざとなれば低体温症対策の湯たんぽ作りにも役立ちます。

 
 

3月登山の日
ブランド:DPS
品名:PHANTOM Permanent Waxless Glide

価格:¥12,000 +税
説明:一度の施工で恒久的にワックスを塗らなくとも十分な滑走性が得られる画期的な新製品。シールの粘着面への影響もないのでバックカントリースキーヤーに非常にお薦め。

 
 

3月登山の日
ブランド:DOIMNATOR
品名:BOOSTER FP PASTE

価格:¥2,700+税
説明:日本の雪に合わせて特別に配合された中フッ素配合滑走用ペーストワックス。HOTWAXしたと同等の滑走性と持続性が魅力。

 
 

3月登山の日
ブランド:G3
品名:G3スキン防水スプレー(60ml)

価格:¥2,000+税
説明:シールのグライド面の防水性を高める撥水強化スプレー。春のツアーでシールが濡れ重くなることを防ぐとともにグライド性もアップ。

 
 

3月登山の日
ブランド:MSR
品名:ALPINE DISH BRUSH/SCRAPER

価格:¥700+税
説明:本来はキャンプの時に皿をきれいにするための物だが、BCでシールに雪が付いて凍り付いたときやスクレーパーとしても使える便利グッズ。ぜひザックに忍ばせておきたい。

 
 

3月登山の日
ブランド:BLACKDIAMOND
品名:CARBON WIPERET

価格:¥18,100+税
説明:朝夕の硬い雪面での移動では歩行時のトラバースでも緊張させられる場面もありますが万一に備えウィペットがあると心強い。ただしピッケルとは違うので使用限界は心得る必要があります。

 
 

3月登山の日
ブランド:G3
品名:ION SKI CRAMPON

価格:¥11,000+税
説明:G3 IONビンディングにつけて使用するスキーアイゼン。シールが効きにくい雪や緩んだ雪面のトラバースに威力を発揮します。

 
 

以上バッカントリースキーを楽しむポイントと用具の選び方について述べました。
ぜひ、春のきざしを感じて、楽しく雪山を楽しんでいただけたら幸いです。

 
「春の陽光のもと、元気にアウトドア!」健康と感動をサポートする石井スポーツグループから皆様への提案です。

 
 

四ツ岳(よつだけ) 標高 2744.6m
乗鞍岳を取り巻く衛星峰のひとつ。四ツ岳溶岩ドームを構成し、北に向かって平湯大滝付近まで流出した溶岩台地をもつ。今回紹介したスキーツアーコースはこの溶岩台地を滑るものである。