【商品担当リレー通信 vol.1】登山靴担当 松島さん

 

石井スポーツの店頭に並ぶ商品は、商品担当チームが季節ごとに各メーカーから仕入れをしたものです。メンバーは「登山用品が好き」「アパレル好き」「山が好き」「ギアマニア」などなど様々なキャラクターの方がいらっしゃいます。

このページでは、商品担当チームがリレー形式で今HOTなトピックスを紹介していきます。

 

 

|| 登山靴担当 松島さんとは 

 

はじめまして、登山本店の松島です!私は2011年5月にアルバイトとして石井スポーツに入社し、2012年9月から社員として登山本店にて勤務しています。私が入社した際は、山ガールブームの中盤から後半にかけてでしたが、最近はブームも少し落ち着いて、良い意味でこだわりをもったお客様が増えているようです。個人的には昨年3月に雪山に登って以来山に登れていないので、早く「山という現場」に戻りたいですね。

 

尊敬する先輩から業務を引き継ぐ形で「登山靴」担当なりました!

 


 

|| 最近の登山靴事情はどうですか?

 

私が好きなブランドの一つである「スポルティバ」は今期も良いものを作っていますね。スポルティバは「ハイエンド」の靴に対する「物作り技術」が高いメーカーです。最新の技術を惜しみなく投じ、変わり続けるスタンスを崩さないところが気になりますね。個人的なイメージかもしれませんが「憧れのブランド」って印象です。

私の私物紹介で恐縮ですが、この写真の左端に写っているスポルティバの「トランゴキューブGTX」も「逸品」だと思いますよ。アッパーの製法がインジェクションの一体成型で、シューレースの構造・タン構造含めてトップクラスのフィット感だと思います。ソフトな履き心地はまるでスニーカーのようです。

 

左から)

・スポルティバ:トランゴキューブGTX

・ガルモント:タワーライト GTX (古いモデルです)
・AKU:アルバトレック GTX
・ファイブテン:ガイドテニー MID
・スポルティバ:TX4
・AKU:ベラモントスエード GTX

 

 

ちょっとだけ、私の可愛い「相棒」のことを説明させてください。左から・・

 

【スポルティバ:トランゴキューブGTX】
この靴で2代目 。それくらいこの靴に信頼を置いています。軽さとフィット、フレックスは、本格登山では欠かせません。

 

【ガルモント:タワーライトGTX】
これは、入社直後に買った靴です。がしかし、知識が乏しく踵の靴擦れが多く、失敗してしまった靴です。靴擦れで悩むお客様の気持ちが非常にわかります。
自分への戒めも含め処分せず取ってあります。

 

【AKU:アルバトレックGTX】
サンプルテストで使用しています。実際の履いた感想、改善点やフィットの向上を直接 AKUへ伝える為です。

 

【ファイブテン:ガイドテニーMID】
アプローチシューズのMIDで、ハイキングやキャンプの際に使用します。防水ナシの仕様なので、行動に制限もかかりますが、靴底のステルスソールのグリップ力には頭が下がります。

 

【スポルティバ:TX4】
普段履き兼低山用です。こちらも防水ナシですが、ビブラムメガグリップの体験を山でも街でも経験しています。汎用性も高い靴です。

 

【AKU:ベラモントスエード GTX】
現在、日本では未展開のモデルです。主に普段履きで使用していますが、AKUの靴づくりの良さと革の質感など、非常にハイクオリティなシューズです。日本では、透湿が非常に良いAIR8000をアッパーに使用したベラモントエアー GTXを展開中です。

 

 


 

季節の変わるこのタイミングですと、紅葉を楽しむためのトレッキング需要が増えてきます。小旅行+ハイキングという組み合わせに便利なのは機能性の高いローカットシューズです。イタリアの登山靴メーカー「AKU」のレザーテイストのローカットシューズがオススメですね。ファッションアイテムとしても良く出来ていて人気ですよ。

 

 

左側に見えるのが、イタリアの「AKU(アク)」の ラバルⅡ LOW GTXです。社内でも履いているスタッフが多い知る人ぞ知る逸品です。右側に見えるのは「スカルパ」のモジトベーシック GTXです。シンプルなデザインでビジネスユースとしても使えそうですよね。

 


 

最後に、最近石井スポーツのSNSのでもよく取り上げられていますが、テクニカ社のフォージですね。正直最初は「ちょっとどうかな」と思っていたのですが、商品コンセプトが明確ですし、お客様に実際に足を運んでいただくという観点ではECインターネット通販との差別化にもなりますね。成形作業することが面白いですし、その間にお客様との会話が弾むのも楽しみの一つです。

 

 


 

 

 

いかがでしたでしょうか?今後も他の商品担当メンバーにも続々登場してもらおうと考えています。登山靴・ザック・登山用ギア・食品・キャンプ用品etcの個性的なメンバーがいますので楽しみにしていてください。

以上、登山靴担当松島がお届けしました。