月別アーカイブ: 5月 2016

2016Canada FELLOW TRAVEL SKI研修

2016/4/16~4/23(8日間)フェロートラベル様によるカナダスキーツアー研修に、コンペカン佐藤晶と、秋田店菅原が参加させていただきました。バンクーバーから移動をして、「ウィスラー」「ブラッコム」と、バンフに移動をして、「レイク・ルイーズ」「サンシャインビレッジ」、4か所のスキー場を滑走してきました。 バンクーバーから1時間30分の移動で、ウィスラービレッジに到着。ウィスラー、ブラッコムは、北米No.1リゾートで、広大なスキー場に圧倒され、雄大な景色を眺めながら、ブラッコム氷河や山頂から滑り込むロングコースは海外スキーならでは!!リゾート地のアフタースキーも堪能できました。 ウィスラー、ブラッコムの次は、バンフに移動をして、レイク・ルイーズとサンシャインビレッジへ!!世界自然遺産カナディアンロッキーの眺望を楽しみながらのスキーは感動します。 とても楽しい8日間の研修でした。カナダツアーに興味のある方は、菅原または佐藤晶までお問い合わせください。 6/3からカスタムフェアが仙台会場からスタートします。 カスタムフェア会場では、フェロートラベル様のブースにて、アンケートにお答えいただくと、抽選にて「ツェルマットツアー1名様」「カナダツアー1名様」ご招待!!フェロートラベルのやさしいスタッフが対応させていただきますので、是非お立ち寄りください。 秋田店 菅原  コンペカン 佐藤晶      

カテゴリー: 2016/2017 | コメントは受け付けていません。

b.c.mapからカスタムフェアに向け注目アイテムのご紹介 Part5

シリーズで来シーズン注目アイテムをご紹介しておりますが、今回はISG SIGER AWARDには惜しくも選ばれなかったものの甲乙つけがたかったモデルを中心にご紹介したいと思います。 まず一台目はELAN RIPSTICK96… こちらは2016-2017のISPOでアワードに輝いて話題になっているモデルとなります。エラン自慢のアンフィビオと呼ばれる左右非対称構造で、ターンの始動がやさしくハードバーンだけでなくパウダーでもその真価を発揮してくれます。96mmというウェスト幅は春山の比較的硬めの雪に最適で、アイシーなコンディションでも確実なエッジグリップでシャープに滑ることが可能。さすがにパウダーでの浮力は十分とは言えないが、ISG SIEGER AWARDに選ばれたブリザードと比べエッジグリップ力はエランが強い印象だ。スピードに乗ってシャープなターン弧を描きたい方にお勧め。重量も軽くフリーライドとツーリングスキーが融合した新感覚のスキーです。     もう一台も軽量でオールマウンテンモデルとして評価の高い VOLKL 100EIGHTをご紹介します フォルクルのGOTAMAの後継機種として登場したこのスキーは3D.RIDGE構造を採用し極限ともいえる程薄く仕上げられ大幅な軽量化を実現しています。 さらにGOTAMAから継承されているフルロッカーシェープはパウダーのみならずザラメやハードパックといった雪質の変化をものともしない走破性を実現しています。   上記の二台は非常に軽量でありながらスキーを滑る楽しさをしっかり味わう事が出来る点で選ばせていただいたモデルとなります。 どちらも、驚くほど軽量でかつ走破性に優れたハイブリッドなスキーとしてお薦めいたします。

カテゴリー: 2016/2017 | コメントは受け付けていません。

オススメの BCポール

もうすぐ6月!カスタムフェアのシーズンとなってきました。 バックカントリースキーヤーの皆様は、まだまだ滑っているかもしれませんね。 私も先週に立山で滑ったばかり。 15-16シーズンの手ごたえの感覚がある内にカスタムフェアに突入です。 今回は、今シーズンより愛用しております オススメのBC用ポールを紹介いたします。 シナノ Fast BC pro 特徴はグリップの形状です。 シール歩行中のヒールサポートの調整が簡単にできます。 また、上から持つ事もできるので、歩行時・キックターンの時など安定して楽です! 今シーズンは超クールなブラックカラーも登場! シール歩行、ちょっと疲れるなぁという方、ぜひお試しください! スイングバランスも良く、滑走時もグリップの形状は気になりません。 一押しのBCポールです。是非、カスタムフェア会場にてご確認ください! こちらのインスタグラムでもFast BC Proの口コミ等がチェックできます https://www.instagram.com/explore/tags/fastbcpro/ 会場でお待ちしております!          

カテゴリー: 2016/2017 | コメントは受け付けていません。

2016/2017 SKI NEW MODEL

カテゴリー: 2016/2017 | コメントは受け付けていません。

2016/2017カスタムフェア情報

カテゴリー: 2016/2017 | コメントは受け付けていません。

カスタムフェア2016/2017予告編

カテゴリー: 2016/2017 | コメントは受け付けていません。

b.c.mapより今期注目のアイテムをご紹介しているコーナーPart 4

b.c.mapより今期注目のアイテムをご紹介しているコーナーPart 4 今回はアルパインツアースキー部門でISG SIEGER AWARDに選ばれたBLIZZARD ZERO G 95をご紹介します。 ツアーリングスキー用として開発された超軽量モデルで171CMサイズでなんと1150gという重量を実現しています。しかしこのZERO Gシリーズはただ軽いだけのスキーとは大違い! これだけ軽量化しながらも滑走安定性、操作性、エッジグリップといった滑り味(フィーリング)の部分も十分満足できる性能を実現できている点にあります。 … ハイクアップして滑る方にとって軽さは何より武器となりますが従来のATスキーはどうしても荒れた雪面スキーが跳ねあげられたり、硬い雪面にエッジが利かずに怖い思いをしたり、スピードを上げるとスキーがバタついてコントロールが難しくなるなど、軽量化のデメリットを感じることも多くありました。 かといって、走破性、エッジグリップなどの滑走性能を高めたスキーは滑りだけならもちろん良いのですが、重量が重くなりハイク中に疲れてしまい、いざ滑ろうというころにはもう滑る体力が少なくなって滑りを楽しめなかった経験をされている方も多いのではないでしょうか。さらに従来のATスキーは登りの性能を高めるためストレートなテール形状を採用しているものが多く、このZERO Gもテール部分はストレート形状ですがテールに向かって細く絞り込むサイドカーブを採用していることで、パウダーはもちろん悪雪においてもスキーコントロールが容易にできるように工夫されています。 このZERO G シリーズならもう滑りを妥協する必要もロングルートをあきらめる事も無くなります。目指す斜面に心おきなくチャレンジ出来ることでしょう。 ラインナップはセンター幅85mmと95mmと108mmの3種類から選べます。 b.c.mapでは春の天候が安定してくる3月以降にアルパインエリアまで足を延ばして楽しむようなシチュエーションで最も汎用性が高いモデルとしてアワードモデルのZERO G 95をお薦めいたします。 カーボンの使い方が進化してきて本当に凄い時代になったものです。 また、山スキーとしてだけでなく、中高齢者が楽にゲレンデを楽しむためのライトオールマウンテンスキーとしてはZERO G 85、ドライパウダーのファーストトラックを狙う方にはZERO G 108もお勧めです。 異次元の軽さと操作性の高次元のバランスを是非体感いただきたいと思います。こちらもカスタムフェア会場でお手にとってご覧ください。 次回は惜しくもAWARDを逃したもののAWARDに肉薄して選考者を悩ませたスキーをご紹介しますのでこちらも乞うご期待!

カテゴリー: 2016/2017 | コメントは受け付けていません。

PEAK PERFORMANCE W APEX JACKET REFLECTION

PEAK PERFORMANCE W APEX JACKET REFLECTION この2つの写真、実は同じジャケットなんです!!。 カメラのフラッシュに反応して写真を撮った時に 模様が白く浮かび上がるんです。 ゲレンデで写真を撮るとき目立つこと間違いなしです。 まずはカスタムフェア有明会場で写真を撮ってみてください。 ちょっと驚きますよ!! かーなりいけてますよ!!

カテゴリー: 2016/2017 | コメントは受け付けていません。

b.c.mapよりカスタムフェアに向け注目のアイテムのご紹介 Part3

b.c.mapより今期注目のアイテムをご紹介しているコーナーの第三弾はBOOTSのご紹介です。 新しい製品の中で特に注目したのが      TECNICA ZERO G GUIDE PRO 滑りの性能で評価の高かったコーチスシリーズから新たによりバックカントリーでの使用に向けて歩行性能や軽量化を図ったZERO Gシリーズが新登場します。 従来3バックルであった物を4バックルとしてより滑走性能も充実させながらフランスのインナーブランドPALAUのサーモインナーを採用し従来のサーモインナーのルーズなフィット感とは異なるホールド性能に進化。 歩行時の快適性を左右するアウトソールも、つま先側がラウンドした歩きやすくグリップの良いソールとDYNFITなどのTECHビンディング対応を標準装備しています。さらにフット感を左右するシェルのラストも新設計し99mm幅と今期よりも1mmスリムな設計です。最も進化した部分は大幅な軽量化を実現したことです。(シェル素材を30%薄くしかつ2.5倍の強度を達成)。この軽さは本当に嬉しい進化です。ツアーブーツ並みの軽さがアルペンブーツで実現されているといえばわかりやすいかと思います。 年々バックカントリースキーも多様化が進み、フリーライディングを目指して山に向かうスキーヤーが増加、それに伴いアルペンブーツと変わらぬ滑走性能に登攀時の性能や快適性も高次元でバランスしている製品が求められてきています。b.c.mapではアルペンスキーブーツをベースに軽量化を実現したこちらのブーツをBCアルペンブーツ部門のアワードに選定させていただきました。 TECNICA ZERO G GUIDE PRO    FLEX130 LAST99mm ¥83000 従来のコーチスシリーズも同様に軽量化されていますが、ZERO Gシリーズに比べより滑走性能を重視したセッティングとなっていますので、是非カスタムフェアで履き比べて違いをご確認してみてください。 次回はアルパインツアースキー部門のアワードモデルをご紹介しますのでこちらもお楽しみに!    

カテゴリー: 2016/2017 | コメントは受け付けていません。

TERNUA NEW WEAR!!

今季登場する TERNUA 最新スキーウェア!! カスタムフェアにてお披露目予定となっております。 是非!

カテゴリー: 2016/2017 | コメントは受け付けていません。