登山靴技術研究所

ICI石井スポーツ本社には、「登山靴技術研究所」という看板を下げた製靴工場があります。

市ヶ谷にある本社には、「登山靴技術研究所」という看板を下げた製靴工場があります。登山靴を中心とした修理・製造全般を行っています。多分、業界では珍しいことではないでしょうか?

弊社は、登山用品全般を取り扱う小売店のイメージを持たれていらっしゃる方が多いと思いますが、実は紳士靴で創業した企業です。現在は、登山・スキー用品の製造・販売を行っていますが、当時からありました製靴工場が何度かの引っ越しを経た今でも本社にございます。

ICI石井スポーツの原点は、この「製靴工場」にあるといっても過言ではありません。

創業当時からの諸先輩方のDNA、モチベーション、そして登山に対する愛情が詰まった、このICI石井スポーツのベース基地となる製靴工場を今回はご紹介させていただきます。

<製靴工場について 目次>

<「登山靴技術研究所で働く、こだわりの岳人」リポート 目次>

製靴工場の歴史

創業は、紳士靴の製造、販売からのスタート。
登山靴を取り扱い始めた当初から、お店の隅に製靴工場がありました。

弊社創業者の石井千秋は、もともと紳士靴の職人でした。

最初は、自分と奥さんの二人で紳士靴の製造・販売の小さな店を営んでおりました。その後、「スポーツの靴はないの?」というお客様からの声に応えていくうちにスポーツ関連の靴までも取扱うようになりました。スポーツ関連の靴のニーズはどんどん増えていき、ラグビーやサッカー、野球などの靴を頼まれるようになっていきました。

実は、紳士靴よりもスポーツ関連の靴の方が、利益が大きかったため、こちらの分野へ力を注ぐことになり、最終的に登山靴とスキー靴を専門に作るようになりました。

さらに、そこから「ザックはないの?」という、うれしいニーズも出てきたことで、靴以外の商品の取り扱いも始まり、業務を拡大していきました。そのおかげでお店や製靴工場もどんどん大きくなり、現在のビジネスに至りました。

そのような中、製靴工場は大久保通りにあったお店の時代からありました。登山靴を作りだし、店がどんどん大きくなりだしたので、店舗の2階や店の裏などのスペースを使って仕事を行っていたそうです。そこから一旦、裏通りのスペースに製靴工場を移転しました。そこで画期的なことですが、当時の社長の横田の指示で、製靴工場を店舗の隅ではなく、店の中にガラス張りにして出しました。お客様に私共の考え方までもご覧いただける空間ですね。

ただ、その時は、スキーの本店と一緒になっていたので、せっかくガラス張りにしたのですが、店がどんどん忙しくなるにつれ、ガラス面のところにスキー板がどんどん並んで立てかけられていき、最終的にはガラス面がほとんど意味が無くなったようでした。

それからも、お店の方は「登山本店」「スキー本店」などのお店を集合させるために、新大久保で何度か引っ越しを繰り返しました。その時も製靴工場はずっと同じ場所にありました。しかし、お店の本社機能を四谷に移すことになり、そこで製靴工場も一緒に移動することになりました。

そして、今現在の市ヶ谷の製靴工場に至ります。

製靴工場の主な作業内容

オリジナルハンドメイド靴の製作と修理

まずは、オリジナルのハンドメイドの靴を制作すること。

もう一つは、お客さんから預かった靴の修理をすること。

これが製靴工場の大きな2本柱です。最近は、店舗スタッフからの要望で、「登山靴相談会」というのを店舗に出張して行っています。

いつも製靴工場内で仕事をしているスタッフにとっても、お客様の生の声が直接聞ける貴重な機会でもあります。

「登山靴相談会」に関しては、MAXでも2ヶ月に1回程度の開催となっています。相談会で預かってきたら、それをこなすのに1ヶ月ちょっとかかります。その場でできるものはその場で対応完了いたしますが、やはりその場で解決できないものもあり持ち帰っての修理となります。

主な相談内容はほとんどが、「当たって、痛い」というものです。登山靴に限らず靴は全部そうですが、自分の足にフィットしないとなりません。それをどうやってクリアするか、というところが腕の見せどころです。

製靴工場の仕事の仕方・流れ

預かった靴は、一人のスタッフが最後まで対応。

私たちの製靴工場は一人がとりかかったものを最後までやるというシステムですので、一日の決まった仕事の流れというのは特にありません。分業制ではなく、一つの仕事は全部一人でやります。

製靴工場のスタッフは、この仕事の一から十までを対応できる基本的な技術を持っています。

しかし、時代の技術革新とともに必要な修理技術も変化していきます。

現状に甘んじることなく、本人の技量をさらに伸ばす意味で、新たなものにチャレンジすることにも取り組み、少しずつでも技術の向上に努めています。

基本的には、1人で全てできるのが私共の仕事の理想です。

修理内容ベスト3!

一番多いのは、「靴底の張替え」

まず、1番目は靴底の張替え(ビブラム替えというもの)。一般的にはリソールやソール替えといいますが、とにかく修理のNo.1です。

2番目はほつれ直し。あちこちミシンで縫ってあるところがあるのですが、そこが擦り切れてフック、靴ひもを留める金具が取れてしまって修理に出されることが多いです。

3番目は傷んだ革パーツの交換(エリ替え)等です。

時々、非常に難易度の高い修理を頼まれることがありますが、お客様から「直してくれ」と言われたら直します。ただ、どうしても費用が掛かってしまうことをお伝えし、ご理解いただいた上で対応します。まれに「さすがにこれは、危ない」という時には、きっぱりお断りする場合もあります。

『靴は、命に直結しているもの』という感覚はスタッフ全員が強く意識しているので、どんなに傷みが酷くてもお客様に修理費用をお支払いいただければ当然修理します。もちろん修理可能なものに限ってのお話です。

120%安心して渡せる状態になるのでしたら、修理対応するのが当製靴工場のポリシーです。

「登山靴技術研究所で働く、こだわりの職人」リポート

それでは、この「登山靴技術研究所」に関しまして、実際製靴工場で働いているスタッフから、ディープな生リポートをお届けいたします!

今回の「石井スポーツで働く、こだわりの職人」

製靴工場 工場長の中 真人です!

今回は、この「登山靴技術研究所で働く、こだわりの職人」として

遠い昔話を交えてお話させていただきます。

是非、ご一読ください。

中工場長の略歴

一番なりたかったのは、「宮大工」だったんですよ。

私は、昭和34年1月14日、和歌山県の田辺で生まれました。そう、田舎ですね。高校3年生の時に進路を決めなければいけなかったのですが、その時一番なりたかったのは、「宮大工」だったんですよ。でも約42年前の和歌山の高校生が有名な宮大工の西岡さん(※)のところに電話する勇気もなく、当然電話番号もわからないし本気になれば調べられたかもしれないけど・・・まあ、どうしようか迷っていました。(注※)西岡 常一(にしおか つねかず)は、法隆寺専属の宮大工

しかし、通っていた高校は進学校で成績もそれなりに良かったので、実は「薬剤師」か「建築士」を目指していました。ただ、建築の方は母親の実家が土建屋さんをやっていて、親戚のおっちゃんに仕事の内容を聞くと商売の裏話などを聞いてしまい、ちょっとその道は断念しました(笑)もうひとつの薬剤師の方も、動物実験などの生々しい話を先輩で働いている人がいたので詳しく聞いていました。ですので、それもいやだなあ・・・と。その時に、たまたまうち(ICI石井スポーツ)のカタログをもらったんですよ。それを開いたときに、登山靴職人の仕事が載っていました。これが運命のきっかけとなりました。

そのころ生物部というクラブで野鳥観察をしていました。その関係でよくリュックを背負って山に入っていたので、それで「これやってみたい」と思って、会社に電話したら「一度見に来なさい!」ということになり、とんとん拍子で夏休みに会社見学に行って、即座に「やります!」と決めました。

実際の製靴工場は時代的にもきれいな製靴工場ではないので、半地下みたいな所で薄暗く、そして埃まみれでした。「これを見たら、諦めるだろう」と会社は思っていたようですが、結局即入社になりました。

ちなみに、あの当時「週刊プレイボーイ」を毎週買って喜んで読んでいたんですけど・・・その左端のところに「カタログ送ります」という広告が載っていました。たしか当時350円かの切手を同封して送ると、カタログが送られてきました。その時にもらった運命のカタログは、まだ製靴工場にありますよ。見せましょうか?(笑)

いずれにせよ、週刊プレイボーイのおかげでこの仕事が始まったわけです。

誇るべき技術力

負けず嫌いなので、基本的に“できない”と言いたくない。

靴に関しては、基本的に全部自信あるんだけど(笑)負けず嫌いなので、基本的に“できない”と言いたくないんですよ。
スキーブーツのインナーの加工も、10年位前からやっています。昔の話ですが、自分が会社に入ったころはスキー靴の修理は全部製靴工場でやっていました。バックル交換から始まりましたが次第にお店に専用の機械が導入されて、そのおかげでお店で対応できるようになりました。

現在ではスキー靴のフィッティング向上のための加工改造も行っていますし、頼まれればなんでもやりますよ!ザックでもやるし。
だって、“できない”ってかっこ悪いですし。

仕事の大変さ・つらいこと・やりがい

1日も「会社に行きたくない」って思ったことないですもん。

うーん・・・(長考の末)、ないね(笑)ずーっと、楽しくてしょうがない。まあこれ、多分自慢できるんだけど。会社入って今42年目ですけど、1日も会社に行きたくないって思ったことないですもん。うちの会社の連中、結構人が良くっていいなあと思います。あとはこの仕事だからっていうわけではないけど、単純にお客さんに喜んでもらえる。

特に相談会で、うまくいった時なんかは後でお礼の手紙くれたり、メールくれたりしますんで、それはすごく嬉しいですね。

靴への想い(大切さ)

靴をパーフェクトに作れるロボットになりたいわけですよ。

えーと、自分の場合は、突き詰めると要するに
「靴をパーフェクトに作れるロボットになりたいわけですよ」
自分が一番興味があるのは、自分の「技能」なんですよ。

もう本当に完璧を目指しています。まだまだ、そこにたどり着けませんが。

でも本来的には、そういうことなんですよ。産業ロボットはどんどん進化してきます。

ですので自分の技能も、なんせ高めたいというのが今まで仕事を続けてきて思ってきたことです。
でも、それが結果的にはお客さんの得になると思っているんですよね。

昔と今の違い(時代の変化)

軽量化への進化とコストパフォーマンスの向上

軽くなった、安くなったというところですかね。でも、お客さんは今でも高いって・・・まあ、昔は知らないので目の前の金額で高い、安いになるので。また、工法も変わったおかげで軽さの進化はすごいですね。絶対軽いほうがいいと思うので。ただ、違いは昔の登山靴というのはやっぱり値段も高かったんで、1足で一年中使ってたんですよ。厳冬期の長期縦走とかは別として、基本的に1足で一年中使っていた。今はシーズンにあわせてとか登る山に合わせて、2足、3足持つという方も結構いるようになってきたんで。

で、一番の違いは、うちで作っているハンドメイドのオールレザーの靴っていうのは、使えば使うほど、味が出てくるんですよね。今の靴っていうのは、やっぱり消耗品なんです。いくら手入れしても何しても、味はでてきません。で、内部に入っているゴアテックスのブーティーという防水素材が未来永劫もたないので、それがだめになった時には、いくら上がきれいであっても雨の日になると濡れる。昔は登山して濡れるのが当たり前だったんだけど、今の時代はそれをお客さんも極端に嫌うので。

製靴工場フォトギャラリー

製靴工場には、妥協という言葉はありません。

中工場長からのお客様へのメッセージ

やっぱり登山を愛する皆様には、『靴に興味を持ってほしい』ということですね。
本当に心から可愛がってやってほしい、と常々思っています。

今の靴は技術の進歩で、“ほぼ手入れフリー”というようなことにもなってきていますが、やっぱり手入れは必要ですからね。
だけど実際、最近の登山靴はそんなに手入れをしなくても大丈夫なんですよ(苦笑)
でも、山から帰ってきたら、その靴を直接自分の目で見てやると、「あれっ」と何かの異変に気付くことがあるのでとにかく興味を持ってほしいですね。

あと、現在、ハンドメイドの登山靴制作、修理、相談会参加などで結構忙しくさせていただいております。
0から靴を作ったり、毎回違った課題に挑戦したりと。でも、本当にやらなきゃいけないことがずーっと続くので、それを何とかこなしているというのが本当のところですね。
お客様との直接のコミュ二ケーションが取れる相談会も非常に有益な時間です。
もし、機会がありましたら相談会でお会いできることを楽しみしております。

それとですね、修理を頼まれた時も、「手入れをすごくしてくれているな」という靴に巡り合えると、嬉しいですよね。
やっぱりそういう靴になるとこっちも修理するときに、きちんと仕上げなきゃいけないという意識がより高くなりますよね。

ところで今、当製靴工場では3人体制(9月から1人加わり、4人となります)で仕事を行っております。多分、年間2000件くらいの作業をこなしていると思います。そのうち、ハンドメイド制作は、年間10〜15くらい。金額的には、タウン用のもので・・・多分4万7千円くらい。一番高いもので16万くらいです。実際問題、±ゼロです。利益はありません(会社には言いづらいですが・・・)。
でも、オーダー靴に関していうと、実は売り場の担当スタッフには、あまり金額を上げないでくれと伝えています。 実際、お店で売っている36,000円の登山靴をすごい高い!というお客さんがいるので、お金持ちしか買えないような靴にしたくないんですよね。時々、「もうちょっと金額あげればもっと売れるよ!」とお客様から言われることもありますが、それは嫌なんですよ。

こんな感じで、製靴工場で仕事をしておりますが、まずはぜひ、店舗に行っていただいてご自分にぴったりの登山靴を見つけていただくことを願っております。そして、使いこなした後に不具合が生じたら、捨てるのではなく、ぜひ、修理して復活させることができることを覚えておいていただければありがたいです。ありがとうございました。

<次回のストーリー>

次回は、「ICI登山靴技術研究所」で中工場長と一緒に働いている二人のスタッフにフォーカスをあててご紹介いたします。