石井スポーツヒストリー

はじめに

 

石井スポーツの歴史を紐解くと、1950年(昭和25) 新大久保に登山・スキー靴の製造販売を開設したことから始まります。その後石井スポーツ自体としては1964年(昭和39) 4月に1号店を東京の新大久保にオープンしました。その後年々出店を重ね、現在では全国に32店舗を構えております。

 

この50年以上の石井スポーツの歴史の中で、私たちがお客さまに提供をして参りましたモノ・コトをご紹介するのが、この「石井スポーツヒストリー」のページです。登山やスキーが好きな方、石井スポーツを長年ご愛顧いただいている方であれば思わず唸る「お宝」を、当時の思い出と共にご紹介させていただきます。

今後も随時更新していきますので、是非ご期待ください。そして次の100年目指して石井スポーツは邁進して参ります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

皆さん、いつも石井スポーツ・アートスポーツをご愛顧いただきありがとうございます。
今回ご用意した、この「石井スポーツヒストリー」は我々が長年積み上げてきたものの一部を、皆様と是非共有したく立ち上げたものです。我々の市ヶ谷にあるオフィスには、諸先輩から引き継がれてきたものがたくさん眠っています。その時代ごとの、山に登ることで感じる自然の息吹、スキーをすることで全身で感じる熱狂、お客様との店舗で交わした会話・・これらが凝縮したものです。
是非、このコンテンツを楽しんでいただき、昔を懐かしんだり、当時の仲間と語らうような時間が生まれてくれればと願っています。
石井スポーツは、これからも山を愛する皆さんと共に歩んで参ります。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

| テレビコマーシャル

 

石井スポーツはのテレビコマーシャルといって、思い出すものはございますか?今回はこの3つをご紹介させていただきます。1978年のCMはなかなか味がありますね。今見ると趣深くある意味において新鮮です。

 

「アイシーアイ♪アイシーアイ♪」のフレーズが耳に残るCM。

 

うって変わって自然の過酷さ・雄大さを物語るCMです。

 

もっとも新しいCMです。スタイリッシュになっていますし、映像技術の進化も感じますね。

 

 

 

ロゴデザイン・オリジナルグッズ

石井スポーツのオリジナルブランドはこれまで多数ありましたが、そのロゴを検討する段階では多くの試行錯誤が重ねられてきました。昭和の時代には、手書きでロゴのラフ案を書き起こすこともよくありました。その一つ一つが今も保存状態よく保管されていることに驚きを覚えます。

上から順に「ICI石井スポーツロゴ関連ラフ案」「オリジナルブランド|パイネロゴ原画」

 

 

2000年記念のピンバッチは記憶にある方もいらっしゃいますでしょうか?店舗にてお客さまにお配りしたのは「シルバーモデル」、そしてスタッフに配られたのはこの「ゴールドモデル」でした。

またICIのロゴ入りブリーフケースもありました。この中に多くの「お宝」が素晴らしい保存状態で保管されていたのです。また機会があれば、新しいものをご紹介したいと思います。

上から順に「ICI石井スポーツ2000年記念ピンバッチ」「ICIオリジナルロゴ付きブリーフケース」


 

 

カタログ(THE EARTH)

石井スポーツが毎年発行している「THE EARTH(ジ・アース)」という方はカタログはご存知でしょうか?登山・スキーグッズの総合カタログであるだけでなく、プロガイドのメッセージや山の情報が満載の人気カタログなのです。

今回は1990年以降のものを時系列に少しだけ紹介させていただきます。懐かしい商品やその当時の情報がチラっと載っているかもしれませんよ。

1990-91年用のジ・アースです。
当時は海外で撮影をすることが多く、現地の登山者をモデルにして表紙を作り込むこともよくあったそうです。(ある意味うらやましい)
表紙の文章にも当時のテイストが溢れていて興味深いですね。

下の写真はジ・アースの中面の様子です。モデルの皆さんの様子は若干「懐かしさ」を感じますが、商品を見ると感慨深いものもあります。当時の登山本店の写真・・今は無き建物ですので、私たち石井スポーツの(ベテラン)スタッフにとっても興味深いものなのです。

 

年代はどんどん現代に向かいます。次第に「海外テイスト」が抜け、国内にフォーカスを当てたコンテンツが増えていきます。「岳 ーガクー」の小栗旬さん表紙のものも懐かしいです。もうこれも7年近く前なんですね。

 

 

いかがでしたでしょうか?石井スポーツヒストリーは今後も定期的に更新して参ります。皆さんが足を運んだことのある店舗の情報も出てくるかもしれません。どうぞご期待ください。