Blog

【高崎前橋店】キネシオテーピング講座(入門編・応用編) 残り僅か!

2018/04/21

喉元過ぎれば熱さを忘れるといいますが、

身体の調子が良いと忘れがちな古傷や昔の故障箇所。

 

 

痛いうちは気になってしょうがない癖に

痛みがなくなると忘れてしまうって、人間は現金なものです。

 

 

さてそんな現金な人間性構成比100%のD・ミツハシが

お知らせする

【応急処置の為のキネシオテーピング講座】入門編・応用編

 

 

故障箇所が気になる方、再発するのが気になってスポーツし辛い方、必見!

 

IMG_3902

 

 

去年、多く開催しましたが好評につき、今年もやります!

しかも多くの受講者から要望があった

ステップアップ【応用編】もやります!

 

 

これは

 

以前のキネシオテーピング講座に参加経験がある方か、

今回の入門編参加の方限定です!

 

 

 

しかも

昼の部14:30~ 夜の部19:00~

と同日2回!(内容は同じです)

下の画像は応用編の申込書です


20180421114956760

いずれも少数定員につき

お申込みはお急ぎ下さい。

お申込みは登山学校HP→こちらから

もしくは

ICI石井スポーツ高崎前橋店 店頭

または 027-361-4050 担当/三橋 まで

お待ちしております!

 

【登山本店】2018年4月16日 谷川岳に登ってきました。

2018/04/19

谷川岳天神尾根からトマノミミ、オキノミミに登ってきました。

P_20180416_102008q
朝9時頃麓のロープウェイ乗り場周辺の気温は7度

山の上はもう少し気温が低かったと思います。

今の状態の谷川岳では以下の装備が必要だと思われます。

冬用登山靴、靴下

12本爪アイゼン

ピッケル

ストック

地図、コンパス

ツェルト

ヘッドランプ

防水スタッフバック

防寒着(フリース、ダウンジャケット)

行動着(長そで、トレッキングパンツ)

ハードシェルや雨具+ゲイター

サングラス

ニット帽

バラクラバ

保温性のある防水のグローブ

ネックウォーマー

日焼け止め

GPS

高度計

行動食

飲み物

ガスストーブ

など冬山登山の基本装備

ただ、風さえなければそれほど寒くはなかったのですが、風が強かった為それなりに寒く、

トップスはウールの長袖にウインドブレイカーとハードシェルを重ね着し、

ボトムスはスリーシーズン用のテルヌアのトレッキングパンツにハードシェルを重ね着して歩きました。

P_20180416_101956
天候は雪で、数日前に新雪が降り積もったようで、冬山の雰囲気での登山をすることができました。

ロープウェイを使用して天神尾根の往復のルートでしたが、ルートはほぼ雪で覆われていました。

途中、熊穴沢避難小屋までの途中のロープの張られた急斜面では雪がなく土と岩が露出していました。

頂上直下の肩の小屋からの下りでは、ホワイトアウト寸前になりルートがわかりづらく、コンパスを使用して進行角度をだしての下山になりました。

P_20180416_125231 P_20180416_124458
あたりは真っ白。

こんな時は、GPS、高度計とコンパス、地図が役に立ちます。

春になりましたが、山は万全の準備で臨みましょう。

土居

 

 

 

【高尾店】 4月17日(火) 毎日高尾山!! 日影バス停~高尾駅までをご紹介♪

2018/04/19

この日は小雨まじりの天候の中、高尾山に登りました。登りは「蛇滝」下りは「いろはの森」コースです。

 

IMG_2923
 

 

今日は、日影バス停まで下山した後、高尾駅までのんびり歩きました。その間の風景を紹介します。

 

先ず日影バス停前には….

 

 

(1) 浅川国際鱒釣場があり、ニジマス、イワナ、ヤマメ釣りを楽しめます。

IMG_2924

 

 

(2) その直ぐ先の 自家焙煎の店「ふじだな」のベランダでの〜んびり飲む珈琲は、下山後の疲れを芯から癒してくれます (火水木は定休日)。

IMG_2925

 

 

(3) 少し歩くと摺差(するさし)に、飯尾豆腐店があります。高尾山系の豊富な水を使った豆腐とおからドーナツ、遠くから買いに来る人もいるようです。

IMG_2926

 

 

(4) 蛇滝口バス停そばには、 豊富な湧き水が出る水場が…。登山後の乾いた喉を潤します。

IMG_2971

 

 

(5) 小仏川の水の取水口…今は生活用水には使われてはいないようです。

IMG_2927

 

 

(6) 駒木野関跡では、この近隣の歴史に触れることができます。

IMG_2928 IMG_2929

 

 

(7)  駒木野庭園では、抹茶セットなどのスイーツを食しながら、のんびり旧家の庭園を眺めて過ごせます。

IMG_2930 IMG_2931

IMG_2932

 

 

いかがでしょう?

高尾山中の山歩きとは違う、のんびりとした里山歩き。

こんな楽しみ方も高尾ならではですね。

 

 

                  高尾店 加賀

【高尾店】4月14日(土) フェスを抜け出し、毎日高尾山!!

2018/04/16

この日は、高尾山口駅前で高尾山スプリングフェスタが開催されました‼︎
ワゴンにはSALE品の販売や、抽選会、輪投げなども‼︎

IMG_2800
 

山歩きをする方、トレイルランニングをする方、飼い主さんと登山に向かうワンコにも出会いました(≧∀≦)

IMG_2803

いつも高尾店に来店してくださるお客様にも会えたり、高尾店を知ってもらえたことも嬉しく感じたイベントでした。

 

 

毎日高尾山の任務がある私は、フェスを抜けていざ山頂を目指します‼︎
土曜日の1号路は、沢山の方とすれ違います。
舗装された坂道が続く1号路ですが、足が疲れてきたら途中こちらに行くとまた少し雰囲気を変えて歩けますよ。

IMG_2812  IMG_2813
 

こんなウッドテーブルや都心を見渡せる展望もあります。

IMG_2814 IMG_2882
 

 

薬王院に向かう途中では、デザート&ドリンク時間無制限の権茶カフェさんの看板が‼︎
なんと、この日がニューオープン‼︎

IMG_2819

スイーツ好きな私。
「高尾山の情報を発信する」という任務を忘れて、一瞬でも食べていっちゃおうか…」と思ったのは言うまでもありません。

 

駅前で高尾山フェスをしている櫻井店長に、何度心の中で叫んだことか(ノД`)…

 

 

『店長?
食べるのも仕事ですかね?
食べてもいいですかねっ?
店長〜っ(ノД`)‼︎返答を〜っ‼︎』

 

 

が…その時、思い出しました。

早朝からフェス準備で集まったスタッフの顔…。
高尾店の店頭に残り、売り場をまわしてくれているスタッフの顔…。

 

 

…( ̄- ̄;)

 

 

『…食べれないっす。
…自分、食べないっす。』

 

 

善の心が勝った私。
オーナーさんから店内を特別に見学させてもらえる許可を得たので、中を撮影させてもらいました。

IMG_2823
 

美味しそうなスイーツ(*≧∀≦)
無人カフェなので、時間を気にせずにゆっくりのんびり過ごすことができそうな空間。

大人1000円。子供500円。
これはお得かも( ´艸`)
プライベートで今度食べに行ってみます♪

 

 

権茶カフェを後にした私は薬王院を経て山頂に向かいます。
途中の分岐である、男坂と女坂。

階段が苦手な私ですが、トレーニングも兼ねて男坂へ。
高尾くんの後ろ姿が、こんな風に見えました笑。

まるで私の心を代弁してくれてるみたい笑。

IMG_2844
 

 

山頂では、土曜日ともあって多くの登山者さん達で賑わっていました。
富士山はあいにく見えませんでしたが、晴れた日には富士山が綺麗に見えるんですよ。

IMG_2831
 

富士山を登る前。
富士山を登った後。

高尾山から見る富士山の見方も変わります。
あそこに立ったんだ。
日本一の山に立ったんだ…と。

IMG_2868
 

一度は登ってほしい山。
それが富士山です。
登ればきっとわかります。

富士登山に興味がある方は、話を聞くだけでも高尾店にご来店くださいね。

まずは、登山店に行ってみる。
それがきっと、最初の一歩なのかなぁと思っています(o^—^o)

 

 

その後、同じルートで下山に向かった私は、さる園の横で思わず足を止めました。

IMG_2837

 

筆字屋と書いて「ひつじや」。
名前からインスピレーションで言葉を書いてくださるそう。

IMG_2841
 

…( ´▽`)

 

『………。
櫻井店長。
自分これ、やります‼︎
これも仕事っすよね‼︎』

 

っと、勝手な解釈をして、ここは迷わずやってもらうことにしました( ^ω^ )

 

 

IMG_2836

まず、紙に自分の名前を書きます。

お話しながら、目をじーっと見てくれます。ちょっと照れます笑。
そして、書いてもらった言葉は…

 

FullSizeR

なんだかじーんとくる(T ^ T)

今の自分が本当にそうなのか、わからないけど、この言葉に近づけるように頑張っていこう‼︎
そう前向きに思わせてくれました(^—^)

興味のある方は是非行ってみてくださいね。
さる園の横で、基本的には土・日・月の出店だそうです。天候が悪い時は出店しないそうなのでご注意ください。

 

 

帰りはリフトで下りてきたんですが、景色を見ながら思いました。

高尾山って奥が深い(*´ω`*)

グルメ、人、景色、花、天気…
どれも着目したら、紹介しきれないものが沢山あります。

 

高尾山 標高 599m

富士山 標高 3776m

 

どちらも山です。
高さではなく、山は登る人がどう感じるかで見方は大きく変わる気がします。

 

あなたはどんな登山スタイルですか?
次は、どんな山に行きたいですか?

 

装備にお悩みの際は、是非、高尾店を思いだしてくれたら幸いです。

 

 

                     高尾店  堀

【高尾店】親子遠足行ってきました\(^o^)/

2018/04/15

こんにちは\(^o^)/ヨッシーこと吉田です(*^^*)

IMG_2706

毎日高尾山、4月9日のツイッターの答え遅くなってしまってごめんなさい。

答えは

6号路でした

6号路にはこの様な看板が複数あって、子供と勉強しながら楽しめるひとつです。

 

では、今日は高尾山のたかおくん親子のハイキングの様子を覗いてみましょう(*´∀`)

先程の看板は6号路を入ってすぐにあります。まずは看板を読んで、一つ物知りになりましょう。

さて、ハイキングの開始です(^o^)

「パパ、つかれたよ。」高尾くん疲れてきたようです。

IMG_2707
パパのお膝で休憩です。

「パパ、木が光ってるね」

「そうだね、気持ちいいいね。さあ、行くよ。」

 

しばらく行くと沢が、、、、、

IMG_2708
「パパ。冷たくて気持ちいいね。」

「濡れちゃ駄目だよ、着替え持ってきてないからね。」とそっと見守るパパ(*´∀`*)

「高尾、そろそろ行こう。」

「はーい。」

IMG_2709IMG_2710
「たかお、もうじき山頂だぞ。がんばっていこう。」

IMG_2711
「パパ、かわいいワンちゃんがいるよ。」

「ワンちゃんも頑張っているから、たかおも頑張ろう。」

IMG_2712
「やったー、山頂だ\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/、パパ山頂だよ。」

IMG_2713IMG_2714IMG_2715
「パパ、ぼく富士山まで飛べるかな?」

「たかおは、難しいかな?富士山きれいだ。」

IMG_2716
「パパ、どこまで見えるかな?だって。」

「今日はどこまで見えてるかな?」

IMG_2717IMG_2718
帰りは1号路、きれいな景色を見ながら下山です(*´∀`*)

「パパ、もう歩きたく無いよーーーー、パパ抱っこしてよ。」

「仕方ないなあ、後少しでおやつだそこまで頑張ろう、そしてケーブルカーに乗ろう。」

「わーーーーーい、おやつ、おやつ、ケーブルカーにものれる。」

IMG_2719
たかおくん、天狗焼きは大好き。黒豆の今川焼きみたいな感じ。

(いっぱい買って、冷凍保存、食べたい時にチンしてオーブン、家でも楽しんでます。byヨッシー)

IMG_2721
ケーブルカーに乗車です。周りの景色を楽しみながらのんびりな時間です。

5月にはあじさいが見れます。

「たかお、無事に下山できたね。お疲れさま。」

「パパ、楽しかったね(*´∀`*)」

是非、高尾山ハイキングをしてみて下さい。

子供はいろいろな発見をしてくれます。のんびり、ゆっくり高尾山を子供と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

【甲府店】 金時山に行ってきました。

2018/04/12

【山名】 金時山

【日程】 4月10日

【天気】 晴れ

【行程】 金時神社入口→金時石割り石→公時神社分岐→金時山→金時神社分岐

→矢倉沢峠→金時山登山口→金時神社入口

歩き始めは少しヒンヤリと感じましたが少し登ると

体が温まって暑くなりました。

IMGP3476
 

IMGP3479
 

IMGP3487
岩が割れた感じに撮れました。

IMGP3489
花も少し咲き始めてます。

IMGP3490
 

IMGP3500
ガサガサと野ネズミと遭遇しました。

IMGP3512
 

IMGP3515
 

IMGP3525
山シャツは快適だったそうです。

IMG_5591
まさかの金時山山頂は斧でした。

IMGP3561
非常に登りやすくもあり沢山の登山者がいました。

山頂で天気が良ければ富士山の眺めがいいので登山入門にもお勧めです。

とは言え山なので装備は整えてお出かけください。

 

甲府店 五味

 

 

4月10日(火) 毎日高尾山!! 山ゴハンしてきました♪

2018/04/12

 

気温20℃・晴天に恵まれたこの日は、山麓駅からエコーリフトを使って快適に山上駅まであがります♪

IMG_2598


その後、美味しそうなソフトクリームに心奪われつつ(〃ω〃)…

IMG_2702


薬王院を経て、高尾山山頂へ‼︎

IMG_2608


高尾山頂から今回の目的地、一丁平園地を目指します。

IMG_2610


もみじ台も見晴らしが良くて、つい景色に見惚れます(゚´ω`゚)

IMG_2612 IMG_2613


もみじ台から一丁平まではアップダウンがあるものの、整備された階段があり歩きやすいですよ。

IMG_2615


一丁平園地に到着‼︎
トイレも完備されていて、ベンチも多くひらけているので、のんびり休憩する場所に最適です♪

IMG_2618


一丁平展望台からの景色も最高ですよ(o^—^o)

IMG_2619


お昼は、バーナーとミニロースターを使って簡単に山ゴハンを作りました‼︎

IMG_2621


今回作ったのは、ラピュタパン‼︎
知ってますか?
ジブリの名作、 天空の城ラピュタでパズーとシータが洞窟で食べてたアレです( ^ω^ )
ジブリファンならお分りですよね♪
食パンに目玉焼きを乗せただけのシンプルすぎるものなのに、美味しそうに食べるシーンを印象深く覚えている方も多いかと?

IMG_2703


私が作るラピュタパンは、
①ミニロースターで食パンをこんがり両面を焼く。

IMG_2622


②マヨネーズを全体に塗る。

IMG_2626


③コッヘルのいつもはフタになっている方で目玉焼きを作る。

IMG_2623


大きいコッヘルをフタの代わりに乗せちゃいます‼︎笑
フタ、大事です!

IMG_2624


目玉焼き完成!
あっ、このヘラは、もんじゃ用のプラスチックヘラなんですが、小さなフライパンで調理する時に何かと役立ちますよ。
テフロン加工も傷が付かないのでおすすめです(^_^)

IMG_2627


④後は、先ほどのマヨネーズを塗った食パンに目玉焼きをのせて、お好みで軽く塩コショウして、ラピュタパンの出来上がり‼︎

FullSizeR


今回は、相棒の高尾くんのご飯も用意してみましたっ(*≧艸≦)!

IMG_2631


帰りは、同じルートを戻りケーブルカーで高尾山口駅まで下山。

                         IMG_2704

 

 

リフトやケーブルカーを上手に利用すれば、いつもより少し遠くに足をのばすことが時間的にも体力的にもできますよね(o^—^o)

 

山で食べるゴハン♪
シンプルなものも、家で食べるより数倍美味しくて、作るのも数倍楽しい(*≧∀≦*)
1人でも、高尾くんと2人でも…
みんなとならもっと☆

バーナー操作が難しそうに思っている方も、今年は山ゴハンにチャレンジしてみてはいかがでしょう⁇

いつもの山行が更に充実すること間違いなしですよ♪

 

 

 

 

高尾店   堀

【大宮店】大宮店スタッフが登る、春を感じる4月の『檜洞丸』日帰り

2018/04/11

2018年4月10日(火)

神奈川県の山『檜洞丸(ひのきぼらまる、標高:1,601M)』に登ってきましたのでレポートします!

 

 

檜洞丸は、丹沢山地の中で西丹沢に位置する標高1,601Mの山です。

丹沢山地というと「大山」や「塔ノ岳」などの、東丹沢の山がメジャーですが、

西丹沢の山は、それらとはまた違った魅力があります。



≪現在の檜洞丸の名称は、山頂南東面から南流して玄倉川に流入する檜洞(ひのきぼら)という沢に由来するものである。なお、洞(ぼら)は沢と同じ意味である。≫(Wikipediaより引用)

↑このような由来らしいです。登山をしない人が聞いたら、山の名前だとは思わないでしょうね・・・・・・・・・。

 

◆ルート◆

西丹沢ビジターセンター ⇒ゴ ーラ沢出合(ツツジ新道) ⇒ 檜洞丸 ⇒ 犬越路 ⇒ 用木沢出合 ⇒ 西丹沢ビジターセンター 

西丹沢ビジターセンターからツツジ新道を登って檜洞丸へ、下りは犬越路経由で用木沢出合に出る周遊コースです。

コースタイムは、山と高原地図(私物の2014年版)ですと6時間40分と出ていました。

 

 

※注意※

今回のルートとは直接関係はありませんが、

玄倉林道で崩落が発生していて、ユーシン渓谷(ユーシンブルー)への道は完全通行止めのようです。

( http://www.pref.kanagawa.jp/docs/m2g/cnt/f417344/kurokurarindoh_closed.html )

このため、玄倉からの檜洞丸登頂はできませんので、ご注意ください。

 

 

 

 

↓スタート地点の西丹沢ビジターセンターです。

駐車スペースは10台ほどですが、手前の道路の路肩スペースにも多少は駐車可能なようですね。

車は早い時間で直ぐに一杯になりました。バスでも来れますので、時期によってはそちらの検討も必要かと思います。

P1020866_R

写真赤丸で囲ったところに登山ポストがあります。施設内では最新情報も掲示されていました。

ツツジ新道は山頂までトイレはありませんので、必ず済ませておきましょう。

 

 

ビジターセンターへのアクセスですが、

車ですと、東名高速道路の大井松田ICで降りて、下道を35分くらいです。

丹沢湖より奥の道は、車一台分の幅しかない所も途切れ途切れあるので、対向車には十分注意してください。



 

_
スタート地点の「西丹沢ビジターセンター」ですが、以前は「西丹沢自然教室」という名称でした。

地図やナビのデータが古い場合、西丹沢自然教室で表記されている時があります。

P1020868_R
西丹沢自然教室=西丹沢ビジターセンターです。

 

 

 

最初は、ビジターセンター横の舗装路を北上していきます。

P1020870_R
この日は最高18℃/最低3℃(丹沢湖)と、やや低めの予報。

毎度のごとく朝早くスタートしたのですが、朝の気温は7℃くらいでやや肌寒かったです。

 

 

 

進んでいくと道路沿いに、ツツジ新道への標識があります。

ここから登山道に入っていきます。

P1020876_R
「熊出没注意」の看板がありました。もちろん熊鈴は用意してますよ。

ちなみに、逆回り(犬越路経由で登り⇒ツツジ新道を下る)の場合は、用木沢出合まで舗装路を更に北上していきます。

 

 

 

スタート直後が↓こんな感じなので、ちょっと身構えてしまいましたが、

直ぐに歩きやすい登山道に変わります。

P1020878_R
なんとなく熊出そうな雰囲気で、ちょっとビビる私。

 

 

 

 

道中は、ヤマザクラが咲いていました。

P1020882_R
さいたま市ではすっかり散ってしまった桜ですが、種類は違えど再び見れるとは。

 

 

 

 

ゴーラ沢出合までは歩きやすい登山道が続き、緩やかに登っていきます。

沢沿いなので、沢の音が心地よいです。

P1020892_R
道中ではミツマタの群生と出会いました。

 

 

 

なだらかな道を歩いていくと河原にぶつかります。そこが「ゴーラ沢出合」です。

P1020898_R
沢を横断して対岸へ渉る必要があります。

木の丸太がかかってたのでその上を渡りました。増水時は渉るの難しそうです。

 

 

 

対岸の奥へ進むと、いよいよ本格的な登りがスタートします。

P1020901_R
階段の入り口のところに看板がありますが・・・・・・・・・

 

 

 

地図を持ってこなかった人に質問です。 道に迷ったらどうしますか?

左側には、計画、装備、体調は万全ですか? と書かれています。

どんな山でも油断せずに、きとんと準備と計画を練ることが大事ですね!

P1020902_R
※赤線は編集で後から加えてあります。

 

 

 

登り始めるて直ぐのところで、至近距離でミツバツツジが咲いてました。

P1020905_R
檜洞丸はツツジの名所としても知られています。

トウゴクミツバツツ(写真のツツジとは違う種類)と、同時期に咲くシロヤシオが見られる、

5月や6月が特に人気な山なんですね。

 

 

 

ゴーラ沢出合までのハイキング気分はどこへやら、

山頂までひたすら登っていきます。

P1020906_R
前回はハイキングでしたし、久しぶりのガッツリ登りなので疲れますが、充実感があります。

 

 

 

道中、ツツジ新道展望台(展望園地)があります。

少しスペースがあってテーブルが1台あるだけなんですが、富士山を眺めることができます。

P1020920_R
木が少し邪魔してますが、天気が良ければハッキリ見えます。

この先登ってる最中に後ろを振り返ると、木の合間から富士山が見えるので、

何だか背中を押されている気分・・・・・・・・・・・・・・になりませんか?

 

 

 

ゴーラ沢から山頂までの登山道も、一部岩が多いところもありますが、しっかり整備されています。

P1020925_R
比較的新しい木の階段が、随所に設置されています。

ルートの多くで、このような階段を目にすることができます。感謝しかないです。

 

 

 

一ヶ所だけハシゴがありました。短いので落ち着いて登れば大丈夫です。

P1020927_R
ゆっくり焦らず一段ずつ。

 

 

 

上の方では、再び富士山がハッキリ見えるようになります。

P1020935_R
毎年色んな山から富士山を見てますが、檜洞丸から見る富士山も素晴らしい!

 

 

 

ちなみに、今回のルート上には雪は全くありませんでした※

ですが、標高1300Mくらいからだったと思いますが、霜が降りてました。

P1020938_R
※その年の気象条件によっては、この時期でも雪が残る場合が考えられます。

必ず最新の情報を確認してから、装備の選択及び計画を立てるようにしてください。

 

 

 

山頂手前では、木道が整備されている区間があります。

P1020939_R
必死に登ってきたあとなので、とても楽に感じる木道歩き。

 

 

 

ちなみにここの木道区間は、バイケイソウの群生地です。

まだポツポツ生えてるだけですが、夏場にかけて木道の周辺に群生するようです。

P1020941_R
いつかその光景も見に行きたいと思います。

 

 

 

そして、

 

バイケイソウの群生地を抜けて、ちょっと登れば檜洞丸山頂(標高:1,601M)です!

P1020947_R
 着いたー。

 

 

 

山頂は広くて開放感があります。ちょっとした広場って感じです。

木のテーブルもあるので、ここで山ごはんもいいと思いますよ!

P1020949_R
山頂からも、富士山をはじめ周囲の山々が見えますが、

木の合間から見える程度で、そこまで展望に優れた山頂ではなかったです。

 

 

 

しっかり休憩したら、犬越路へ向けて歩き始めます。

P1020963_R
ちなみに反対方向になりますが、山頂から蛭ヶ岳方面に少し下ると青ヶ岳山荘とトイレ(有料)があります。

 

 

 

 

「山頂は景色はそこまでだったけど、道中で富士山もバッチリ見れたし、後は下山するだけだ!」

P1020964_R
つて感じで犬越路に向けて、急な階段を下り始めた矢先・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

絶景きたーーっ!!

P1020970_R
と思わず叫ばずにはいられない、遮るものがない大パノラマがそこにはありました!

 

 

 

正直完全に下山(するだけ)モードだったので、このサプライズ的な絶景はうれしかったです。

P1020967_R
 

 

 

これだけ開けていると、富士山の存在感が半端じゃないです。

P1020972_R
写真だと分かりづらいかもしれませんが、富士山の右手には南アルプスの山々も見渡せました!

 

 

 

ここの絶景は、間違いなくこのルート最大のハイライトです!

P1020976_R
天気がよければ、本当に最高のローケーションですよ!

 

 

 

いつまでもココにいるわけにはいきませんので、下山を開始します。

P1020978_R
富士山を左手に臨みながら、登山道を下っていきます。

日当たりがいい場所は、霜が解けて地面が少しぬかるんでいました。

 

 

 

山頂⇔犬越路までの区間は、岩が多くて道幅も狭いので、下山利用時は特に注意が必要です。

P1020983_R
ハシゴやクサリが、何度か登場します。

 

 

 

写真だと分かりづらいですが、高度感がある下りが続きます。

P1020986_R
このようなクサリがある岩場では、クサリを両手で強く握りしめたくなりますが、

それをするとクサリで体が振られるのでかえって危険です。

クサリは補助として捉えて、小刻みに足と手の置き場を探りながら慎重に下りていきましょう。

 

 

 

 

基本下りですが、たまに登り返しもあります。

P1020991_R
こういう登りは短いクセに、じわじわ足にくるんですよね~。

 

 

 

岩場やクサリをクリアしていけば、次第になだらかな道になっていきます。

P1020993_R
一安心。

 

 

 

 

道中に、開けたところから大室山が見れました。

P1020997_R
中々の存在感ですねぇ。

 

 

 

 

そして、ようやく犬越路に到着です。

奥には避難小屋があります。結構キレイなつくりでした。

P1030002_R
ここから用木沢出合方面に下ります。

 

 

 

犬越路から用木沢出合までは最初は再び急な下りになります。

枯れた沢を通ったりするので岩がゴロゴロしています。足の置き場に気を付けましょう。

P1030007_R
ここら辺で登ってくる登山者数名とすれ違いました。

用木沢出合から犬越路へ登ってこられる方も、結構いらっしゃるようですね。

 

 

 

標高が下がってくると、こちらの方でもミツバツツジが咲いてました。

P1030014_R
いい色。

 

 

 

再び沢沿いの道に出れば、あとはゆるやかな下りとなります。

P1030022_R
橋がいくつもあって、何度か対岸へ渡りながら下っていきます。

 

 

 

気温も上がってきたので、気持ちよく沢沿い歩きを楽しみました。

P1030028_R
こういう開けたところが好きです。

 

 

 

下りきればそこが用木沢出合です。

P1030031_R
用木沢出合⇔西丹沢ビジターセンターまでは、約1.8km。

 

 

 

 

後はビジターセンターまで、キャンプ場横の舗装路を歩いて戻ればゴールです。

P1030038_R
キャンプ場ではピークは過ぎたものの、桜がまだ見事に咲いてました。

 

 

 

まだ4月上旬ということで、花や植物はまだまだこれからって感じでしたが、

登山道に雪は一切ありませんでしたし、日中は日の光を浴びると結構暖かかったので、

春を感じられる登山でした。

 

沢あり、岩場あり、クサリあり、花あり、絶景あり、富士山あり―と、自然豊かなバリエーション豊富なルートで楽しかったです。

特に、山頂から犬越路へ至る道に入った直後の、開けたところの絶景は素晴らしいの一言でした。

 

 

私が今回歩いた周遊するコースは、距離がそこそこ長く(約13.5km※計測値)標準コースタイムも6時間以上で

犬越路⇔檜洞丸間でクサリやハシゴの難所一部有りと、日帰りのコースとしてはそれなりに歯応えがあります。

 

脚力・体力に自信がない方は、ツツジ新道でのピストンも検討しましょう。

こちらの方がコースタイムが短くなりますし、幾分安全です。

 

 

 

装備に関しては、

登山靴は、岩場での安定感を重視するなら、少しソールが固いタイプがおススメです。

長距離を歩くことによる膝や足の筋肉への負担軽減のため、トレッキングポールもあると安心です。

予期せぬトラブルなどで、日没後の下山を余儀なくされた場合のために、ヘッドライトは必ずザックに入れておきましょう!

 

 

 

登山装備や計画について分からないことがあれば、

我々石井スポーツ大宮店スタッフまでお気軽にお尋ねください!

 

 

 

 

大宮店 會田

【登山本店】伊豆ヶ岳登山 2018年4月5日

2018/04/07

2018年4月5日に伊豆ヶ岳に行ってきました。

P_20180405_135833
様々な花々が咲いて春の訪れを感じます。

P_20180405_084058
行動中は薄手の長袖一枚では寒く感じる気候でした。

P_20180405_135111
フリースを着ながら登山をしましたが、ウインドブレイカーやソフトシェルを持って行くと風は防ぎつつ暑くもなりすぎず、蒸れづらいということで、非常に快適に行動できると思います。

P_20180405_135309
一般ルートでも道標のない場所がありますので地図を読める知識をつけて春の山に出かけてみてください。

 

ICI石井スポーツ登山本店 土居

 

【IBS名古屋店】残雪の西穂で、ゆるっとハイキングしてきました!

2018/04/06

コンニチハ☆彡 
名古屋店セイタです!U。・x・)ノ チワン!

最近 なんだか暑すぎやしませんか?
私は毎日半袖ですよ!


暑いので雪山なら涼しかろうと
雪山デビューの友人と一緒に 残雪の北アルプスへ・・・
ロープウェイ往復¥2900で
(なぜかザック重量オーバーで+¥600とられる私・・・)
ぴゅいーんと 標高2156m西穂高口へ。

あぁ お手軽♪
IMG_1219

平日ですが観光の中国の方々がたくさんいらっしゃいました。

絶景ですからね!!
IMG_1210

ここから先は登山道
ざくざくの春雪の中をゆっくり1時間半ほど歩いていきます。
IMG_1112 

今の時期なら、その時の天気や状況にもよりますが
西穂山荘までなら6本爪アイゼンやチェーンスパイクで行けますよ!
IMG_1200

樹林が切れて向いの霞沢岳が見えたら 
IMG_1227 

西穂山荘に到着です。
IMG_1186 


山荘についたら 名物「西穂ラーメン」食べましょう~♪
味噌と醤油が選べます! 今日は味噌~。
IMG_1122

お腹がいっぱいになったら もう少しだけ歩きましょうか~♪


焼岳や乗鞍をバックに 山荘から少し登ると 3000m級の稜線です!!
急に風が強くなるのでご注意を!
IMG_1224

冬はハードルが高い北アルプスの稜線も
春の西穂丸山までなら 初めての方にもおすすめです!
IMG_1130

お天気が良ければサイコーの絶景が味わえますよ!
IMG_1239

風が避けられる場所では ぽかぽか。。。
さっき ラーメンを食べたばかりですが 女子会準備中。
女子は別腹が空くんです!!笑
IMG_1147

 青空の元 360°残雪の山々を眺めながら~♪
IMG_1247

のんびり雪山ハイキングも いいですよー!


日差しが強いので サングラスは忘れずに☆彡



名古屋店 セイタでした!