Blog

【登山本店】両神山に行ってきました。

2018/06/22

2018年6月21日 両神山に行ってきました。

!cid_a6ea668e-6b60-4f9e-96c9-744e5c968a87

両神山は秩父三山の一つと言われているそうです。

日本100名山のひとつでもあります。

日向大谷から登り始めるメインルートから登山を開始しました。

日向大谷までは西武秩父駅からバスを乗り継ぎ日向大谷へ行きました。

この日は8時20分に西武秩父駅を出発して日向大谷に9時48分に到着して登山をスタートしました。!cid_ba140591-6220-45b7-bc70-eae74ac7ba90!cid_84745715-377d-4d9d-b101-c768da730ebc
この日は比較的暖かく、薄手の半袖Tシャツに薄手のトレッキングパンツで最初から最後まで歩きました。

防寒着のフリースも持って行きましたがこの日は使いませんでした。

前半は沢沿いのトラバース道を歩きます。途中、道が細くなって少し危険のある場所もありました。

その後急傾斜をひたすら登るルートです。

途中何度も川を渡渉する場所があるので防水性のある登山靴を履いていると快適です。

!cid_dcd24f0b-9592-4fd0-b363-dd7a09f0b384
両神山は奥多摩の山に似た雰囲気を持っているように感じましたが。奥多摩の山の一般ルートよりも危険度のある岩場があるように感じました。この日は前日が雨だった為、岩が滑りやすく特にそのように感じました。

標高差も1000m以上あるので体力もある程度必要な山だと感じました。

!cid_af911458-2ae8-4bae-acd2-221b8b5cdf93
この日の日向大谷の帰りのバスの時間は15時10分と17時20分でした。

15時10分のバスで途中乗り換えをして西武秩父駅に帰りました。

 

ICI 石井スポーツ登山本店 土居龍人(登山ガイド)

 

 

【甲府店】北岳情報2018年 6月18日

2018/06/20

2018-06-20 19_00_19-Microsoft Excel - f61w1w_北岳情報2018.6.18_sanitized
北岳山荘様のご協力により配信される情報を随時アップしていきます。

ピンポイントな情報ですが、だからこそ詳細がわかる!と毎年ご好評いただいています。

装備はしっかりと整えてからお出かけ下さい。

(情報提供:南アルプス北岳山荘様)

 

詳しい詳細はこちらをクリック!

北岳情報2018.6.18.1

北岳情報2018.6.18.2

 

 

【甲府店】北八ヶ岳 縞枯山 〜神秘の地獄谷〜

2018/06/17

少し前までの乾燥した日から一変してのじっとりムシムシの甲府です。

【山名】長野県 北八ヶ岳 縞枯山 2403m

【日程】2018年6月5日

【行程】麦草峠--茶臼山--縞枯山--雨池--地獄谷--麦草峠

93A176F2-ADD8-4A77-8940-96F10A4E3858  48BC6559-C529-46B8-8EBB-75FF544E6115
駐車場横の木道を歩き 麦草ヒュッテから車道を渡って出発です。

------------------------

91676C63-F3E8-4000-BD06-2B48F61C962A 29C5D9C0-43E6-461C-B717-5139BCCDD69E
ゆるりと高度を上げて行き中小場へ到着しました。

展望もいいのでちょっと休憩です。

------------------------

5FD7E76E-EE89-4EDE-8DCE-347809A91847
茶臼山手前で振り返って撮りました。

中小場からは急登です。もうひとがんばりです。

------------------------

DEE793B2-841E-4FA5-A8CC-A696BDBB35CA  004684C8-A850-414D-BF74-C27A1EB03748
茶臼山の展望台に到着です。八ヶ岳、蓼科山など見えました。

------------------------

BB0D4562-BB83-4394-9545-332F4A98CBE4  4F5C032C-6DFD-4CA4-9932-781DC555EFDD
茶臼山から少し下った辺りの 縞枯 です。

この先 登り返して 縞枯山手前の展望台で大休憩です。

------------------------

E47A4916-823A-462E-8940-A8B261D08200
縞枯山からは足場の悪い急な下りがしばらく続きます。

------------------------

B6655B42-6AC7-4F94-B7C9-489C2CD220F3
雨池峠から縞枯山荘までちょっと散策。縞枯山荘は閉まっていました。

------------------------

EC5CBA72-7327-42BE-9889-7296A0B1E023  02E7B90C-D7BA-44B9-BC41-2A0C0BAC9F32
雨池峠から大石川林道の間はイワカガミが群生していました。

お花が咲いているとどんどん歩けちゃいますね。

林道は石がゴロゴロ 川原を歩いている感じです。

------------------------

F20A86FE-771C-4EF9-AB74-30823243BA62  0972AED3-A59A-4A57-BCEB-9DDB8C868DAF
雨池に到着です。池を回って木道を歩き 再び大石川林道に合流してしばらく林道歩きです。

------------------------

04803CC5-62F6-4CB1-950C-B31D94230E3A  7F081DD1-8FC9-47D4-BC68-6E866D21B712
麦草峠まではゆるりと登りが続きます。後半の登りはしんどいですね。

写真は麦草峠の手前にある 地獄谷です。

直径80mくらい 深さ30mほどの凹地になっていて 火口底へ下りていくとまだ雪が残っていて

鳥肌立つ冷たい空気でした。

ここの景色も鳥肌立つステキな場所でした。

------------------------

4C8D0165-2D39-443F-9A01-EB9FA09C05AC
麦草峠はもう目の前です。

池にはおじゃまじゃくしが たくさんいました。

------------------------

石原

 

 

 

【甲府店】 北岳情報2018年 6月14日

2018/06/16

2018-06-15 18_18_22-Microsoft Excel - 北岳情報6月14日
北岳山荘様のご協力により配信される情報を随時アップしていきます。

ピンポイントな情報ですが、だからこそ詳細がわかる!と毎年ご好評いただいています。

装備はしっかりと整えてからお出かけ下さい。

(情報提供:南アルプス北岳山荘様)

 

詳しい詳細はこちらをクリック!

北岳情報6月14日 1

北岳情報6月14日 2

【甲府店】 北岳情報2018年 6月11日

2018/06/15

2018-06-13 21_07_06-Microsoft Excel - 北岳情報2018.6.11(臨時)
北岳山荘様のご協力により配信される情報を随時アップしていきます。

ピンポイントな情報ですが、だからこそ詳細がわかる!と毎年ご好評いただいています。

装備はしっかりと整えてからお出かけ下さい。

(情報提供:南アルプス北岳山荘様)

 

詳しい詳細はこちらをクリック!

北岳情報2018.6.11

北岳情報2018.6.11 1

 

【大宮店】富士山絶景スポット『鉄砲木ノ頭(明神山)』⇔パノラマ台 ピストン登山記録

2018/06/14

2018年6月13日(水)

 

『鉄砲木ノ頭(明神山:標高1291m)』に登ってきました!

↑『てっぽうぎのあたま』と読みます。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

ピンと来ない方も多いと思いますので、まずは鉄砲木ノ頭(てっぽうぎのあたま)について軽くご紹介!

 

 

山梨県山中湖村と、神奈川県山北町の県境にある標高1291mの山で、山中湖の東側に位置しています



山中湖や富士山を望む絶景スポットとして知られており、

私も本に掲載されていた写真を一目見た時から「いつか登ってその景色を見てみたい」と思っていた山なのです。

今回は梅雨の晴れ間を利用して、悲願を達成しに向かいました!

 

 

 

◆今回の登山ルート◆

[山中湖パノラマ台]START---[鉄砲木ノ頭(明神山)]---[山中湖パノラマ台]GOAL

パノラマ台から、鉄砲木ノ頭へのピストン山行です。

果たしてGPSログを載せる意味があったのか・・・・・・・・そう思わずにいられない超シンプルな直登ルート



※山頂付近でGPSログがゴチャゴチャしてるのは、私が山頂でウロウロしていたからです(笑)

 

ちなみに、山と高原地図調べではこのコースは[登り30分/下り25分]と記載されていました。

パノラマ台からの標高差約200mです。たまにはこういう短い登山もアリでしょう!ということで。

 

 

 

↓こちらがスタート&ゴール地点の[山中湖パノラマ台]です。山中湖ICから車で約15分。

パノラマ台自体も富士山の展望スポットとして人気があり、駐車スペースは精々7~8台くらいの小さなものなので、

タイミングが悪いと止められない可能性もあるのでご注意下さい。

RDSC00337
※↑下山後に撮影した写真です。

 

ちなみにパノラマ台や鉄砲木ノ頭は「三国山・パノラマ台ハイキングコース」に設定されており、

山中湖から歩いてパノラマ台まで辿り着けますので、そちらを検討しても面白いと思います。

( http://yamanakako.info/leisure_hiking.php?mode=mikuni )←山中湖観光情報様のサイト

 

 

 

今回はいつもの早朝スタートを通り越して、明け方の薄暗い中でのスタートです。

RDSC00340
薄暗い中をヘッドライト頼りに歩きます。道はハッキリしているので迷うことはありません。

GPSログをご覧になれば分かるように、このルートはほぼほぼ山頂に向かって直登します。

コースタイムは短いですが、思ったよりもしっかり登らされる印象でした。

 

 

 

当日の天気は、予報では晴れ後曇り。朝の方が天気が良さそうということで、早くから登り始めました。

ですが梅雨真っ只中で、大気の状態は不安定。

高速を走っていた時も場所によってはガスっていたので、一抹の不安を抱えながらの登山です。

RDSC00348
↑振り返って山中湖村の夜景。

 

 

この登山道は標高が上がるにつれて、火山灰特有のザレた滑りやすい地面に変わっていきます。

直登するだけにスニーカーの類では踏ん張りが効かず苦労しますので、

アウトドア用の、グリップ力があるシューズで登るのをおススメします。

RDSC00421
↑山頂直下の急坂。

 

 

 

 

コースタイム通り約30分で[鉄砲木ノ頭(明神山:標高1291m)]に到着!

RDSC00361
↑山頂奥の方にあった標識。表記は、明神山でした。

この山頂へは、パノラマ台含め3方向から登ることができます。

 

 

山頂に到着したころには大分明るくなっていたのですが、

ご覧の通りが立ち込めていて、最初は展望どころではありませんでした。

RDSC00362
↑山頂は開けていて、中央には「山中諏訪神社奥宮」があります。

 

 

 

 

 

気温12~13℃と肌寒い中「頼むから晴れてくれ!!」と心の中で念じながら、ひたすらその時を待ちました。

 

 

 

 

 

すると、祈りが通じたのか・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 霧が晴れて、富士山と山中湖が姿を現しました!!!

RDSC00380
(食べているのはチンパンジー[ナチュラルエナジーバー]¥300+税です)

 

 

 

それ以外にも、

 

↓山中湖や三ツ峠山方面。

RDSC00386
杓子山や大平山は、過去に「富士忍野高原トレイルレース」で走った馴染み深い山域。

 

 

↓石割山方面

RDSC00403
などなど、周囲の山々も見渡せるようになってくれました!

(ちなみに快晴で空気が澄んでいるなら、南アルプスも見られるそうです)

 

 

 

 

 

「晴れてくれて一安心」と言ったところで、写真を撮りながら日の出を待っていると・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

!!! 

RDSC00405
これはまさか・・・・・・・・・

 

 

 

「赤富士」?!!

RDSC00406
富士山が、山頂から徐々に赤く染まっていきます!

 

 

 

そして、太陽が姿を現すと、

RDSC00418
 ご来光!

 

 

 

この近い距離から、赤富士を見られるというのは素晴らしい!

RDSC00419
徐々に赤に染まっていく様を観察できたのは初めてで、いいものが見られました。

今回のような赤富士を、この時期にご覧になるなら4時頃からスタンバイしておくといいと思います。

 

 

 

すっかり日も明るくなり、雲が増えてきたのでこれ以上の展望は望めないと判断。

かれこれ1時間はいたでしょうか?ようやく下山を開始しました。

RDSC00430
足元が滑りやすい中真っ直ぐ下るので、距離が短いとは言え油断は禁物。

心配なら、ストックを使うと安定しますよ。

 

 

 

「本日の営業は終了しました」と言わんばかりに、雲に隠れてしまって見えなくなった富士山。

RDSC00428
朝早く(日の出のタイミング)を狙ったのが功を奏した形です。

 

 

 

明るくなってから改めて山頂方向に目をやると、思ったより登ってたことが分かります。

RDSC00432
装備が整っていれば誰でも登れる山ですが、観光目的で軽装で登る場合は十分注意して登ってくださいね。

特に下りが大変ですよ。

 

 

 

山中湖パノラマ台に戻ってきました。

先述の通り、こちらからも富士山や山中湖を望めますので、ドライブがてらこのパノラマ台に立ち寄るのもイイですね。

RDSC00338
下りは20分でした。

 

 

 

梅雨の時季という事で不安も大きかったのですが、結果的には赤富士まで見られて大満足のプチ登山でした。

 

私も色んなポイントから富士山を見てきましたが、

鉄砲木ノ頭からの富士山と山中湖のツーショットは、個人的には5本の指に入る絶景だと思います。

構図と言い、迫力と言い、申し分ありません。

 

 

今回のように手っ取り早く登って景色を楽しむだけでなく、

三国山ハイキングコースや、周囲の山々と縦走してみたりと、色んなパターンが楽しめるのもイイですね。

 

装備に関しては、この時季でも朝はまだ肌寒いことが多いので、ジャケットや手袋と言った防寒対策をお忘れなく。

靴は少なくとも、不整地に対応したグリップ力のあるローカットシューズは欲しいところです。

 

 

 

今度は晴れた冬の時季に登ってみたいと思います!

 

 

 

大宮店 會田

【甲府店】 北岳情報2018年 6月10日

2018/06/13

2018-06-13 21_11_27-Microsoft Excel - 北岳情報2018.6.10
北岳山荘様のご協力により配信される情報を随時アップしていきます。

ピンポイントな情報ですが、だからこそ詳細がわかる!と毎年ご好評いただいています。

まだまだ雪は残っています。

装備はしっかりと整えてからお出かけ下さい。

(情報提供:南アルプス北岳山荘様)

 

詳しい詳細はこちらをクリック!

北岳情報2018.6.10

北岳情報2018.6.10 1

 

 

 

【登山本店】尾瀬に行ってきました。

2018/06/12

2018年6月8日 尾瀬ヶ原に行ってきました。

P_20180608_115509
鳩待峠まではマイカー規制があったため、戸倉地区の駐車場に車を止めてそこから乗り合いバスで鳩待峠に行きました。

天気がよく、気温が高かった為。

薄手の長袖と薄手の長ズボンと帽子を着用して行動しました。

P_20180608_122007
これからの時期は熱中症にも注意が必要です。

日中温度計は25度を指していました。

ただ、早朝の気温は4度ということで、温度差がとても大きいので防寒着も持っていただいた方がいいと思います。

P_20180608_105714 P_20180608_112318 P_20180608_101930 P_20180608_122109
ミズバショウをはじめ様々な花を見ることができました。

鳩待峠から尾瀬ヶ原までは長い木道が続きます。

尾瀬ヶ原の入り口にある山の鼻地区には、

山小屋や飲食できるお店、トイレ、ビジターセンターなどがあります。

P_20180608_114924
 

ICI石井スポーツ登山本店 土居龍人

 

 

 

 

 

 

 

【川越店】 日和田山に行ってきました~。

2018/06/09

【山名】日和田山 (標高 305m)

【日程】2018/6/8(金)

【天気】晴れ

new_IMG_6935
 

こんにちは~ヽ(^。^)ノ

地元の方を始め、小さなお子様から大人まで、幅広く愛される【日和田山】行ってきました。

 

標高305mの日和田山は、日高のシンボルとして親しまれており、奥武蔵の山並みの東縁に位置します。

石塔のある山頂より少し下った金刀比羅神社のあたりが見晴らしがよく、高麗の里や巾着田が望めます。

秋になると、巾着田は曼珠沙華やコスモスで染まるそうです。

 

駐川new_IMG_6952  駐下new_IMG_6919
今日は、巾着田のそばにある有料駐車場(左写真)に車を停めて、『出発~!』

本郷信号を渡り少し進み、左に曲がると日和田山登山口が、見えてきます。

登山口手前には、民営の駐車場(右写真)がありました。

 

看板new_IMG_6920 棒new_IMG_6921 トイレnew_IMG_6923
登山口は、県立奥武蔵自然公園になっており、トイレやベンチ・自動販売機も設置されています。

 

看板2new_IMG_6922 森new_IMG_6924
奥武蔵自然遊歩道になっており、とても歩きやすくなっています。

木立の登山道をすすみ尾根に出ると・・・

 

鳥居new_IMG_6925 分かれ目new_IMG_6926
一の鳥居があり、その先は道が二手に分かれます。

標識には、右が【女坂】 左が【男坂】とあり、今日は男坂から登ることにしました。

 

水場new_IMG_6928 水new_IMG_6929
左の男坂をすすむと、手水場が出てきました。

 

手水場を右にすすみ岩路へ 登りnew_IMG_6930
 

木new_IMG_6931 木の根が、すごい!歴史を感じるほど、根が張り出していました。

 

慎重に足と手を置き、露岩を楽しみました。 いわnew_IMG_6932
急登をすすみ、空が開けたあたりで【金刀比羅神社(ことひら)】の台地に到着。

 

new_IMG_6934 二の鳥居をくぐり振り返ると new_IMG_6935
巾着田や富士山・丹沢・奥多摩などが、眺められます(^_^)

巾着田の一面に咲くマンジュシャゲは、見事なのだろう。と考えながら・・・9月下旬が、おススメのようです。

 

金刀比羅new_IMG_6941 わきnew_IMG_6937
金刀比羅神社には、たくさんの幼い子供たちが、お弁当を食べていました。

社殿の脇を通り、露岩の道をすすむと・・・

 

頂上new_IMG_6938 景色new_IMG_6939
『お~おっ!到着~!』のんびりお散歩ハイキング(*^_^*)

山頂の東側は、眺望がひらけベンチもあるので、一休みにもピッタリ。

頂上も学生さんが、たくさん居られたので、早々と下山する事に決め出発~。

 

下山new_IMG_6944 道new_IMG_6945 分岐new_IMG_6947
金刀比羅神社まで戻り・・・。帰りは【女坂】を下ることにしました。

ゆるやかで整備された歩きやすい、登山道になっています。

一の鳥居をくぐり、同じ道を辿るのはつまらないので、登山口までの下りを自然遊歩道を選択。

 

登山口へ到着~!のんびり歩きの立休憩だけでしたが、1時間弱の山行でした。

巾着田曼珠沙華公園を散策し、ひとり静かなランチを楽しみ、本日のハイキング終了 (^o^)丿

次回は、縦走してみたいですね。

【福岡店】篠栗九大の森へ

2018/06/09

 

 

こんにちは、福岡店 青木です^^

先日、篠栗九大の森に行ってきました。
博多駅からバスで30分ほど、粕谷警察署前で下車して
徒歩15分ほどで到着です。

 
 
IMG_E5974  
 
 

もともとは九大の演習林ですが一般に開放されていて
池のまわりを一周する2kmほどの遊歩道があります。

 
 
 
IMG_E5971

 
 
 

南口からスタート。
駐車場とトイレがあります。平日でしたがほぼ満車でした。

 
 
IMG_E5972
手書きの標識がかわいい

 
 
IMG_E5977  
 
IMG_E5979
 
さわるとかぶれてしまう植物もあるのでご注意を

 

 

IMG_E6007
 

IMG_E6010
水面から生えるラクウショウの木々が幻想的な雰囲気

 
 

この景色だけを見るのであれば北口から入った方が近いですが
ぐるっと一周してもさほど時間はかからないので
のんびり散策するのもおすすめです。

 
 

IMG_E5984
 

IMG_E5980
スイカズラ

 

 

IMG_E6014  
おやつを食べてひと休み
 
 
 

歩きやすく整備されていて気持ちよく散策をたのしむことができました。

一方、SNSで人気が出て森が荒れるなど問題も出ているようで、
保護のために池のまわりにはロープが張られていました。
散策路以外の場所には入らない、植物を持ち帰らないなどマナーを守って散策しましょう。

 

 

IMG_E6022  
 

帰りは近くの八幡様へ。

市内から1時間弱の場所とは思えないほど
ゆったりした時間を過ごすことができました^^

 

 

IMG_E6030
 

IMG_E6025