Blog

【ICI長野店】 「FREERIDE HAKUBA FWQ3 」(フリーライド白馬 FWQ3)参戦!

2018/01/20

皆さん滑ってますかー?

休みの度に滑らないと調子が狂います。

堀田です。

 

IMG_2360
 

自然の山岳をスキー、スノーボードで滑り下り競いあう大会、

「フリーライド白馬 FWQ3」に今年も去年に引き続き参戦することができました!

FWQ3は1月15日~1月18日の日程で行いました。

その参戦の様子を少しご紹介させていただきます。

※FWQ3はFWT(フリ-ライド ワールドツアー)に進む為の登竜門大会、世界各地で行われるFWQの大会でポイントを重ね各国選手はFWTを目指す。

今回白馬のFWQ3に優勝するとワイルドカードが獲得出来、FWT白馬大会に出場し、世界のトップライダーと競う事が出来る!

 

■Day1

受付、ライダーズミーティング。

IMG_2333
 

まず、受付を行います。

実は提出する書類はすべて フランス語 です!

私はフランス語が分かるわけもなく日本語訳の文面を読み、ローマ字中心に記入します。

写真の様にライダーズミーティングを行います。

ここは英語と日本語通訳の2カ国語で進んでいきます。

大会の進行、注意点、等あらゆる説明を受けます。

また、滑走予定斜面の状態説明なども解説されます。

大会の何日も前から徹底的に大会斜面はアバランチコントロールされ、

安全管理が行われます。

 

■Day2

滑走斜面チェック

 

IMG_2353
 

嵐の前の青空。

大会候補の斜面2ヶ所を対岸からチェックを行いに。

写真を撮ったり、双眼鏡で確認したり、それぞれ真剣に確認し滑走ラインをイメージ。

 

■Day3

朝から雨、湿雪が降っていました。

気象条件、滑走斜面の状態から大会は延期。

用具の確認、メンテナンスをして過ごし大会へ備えます。

夜にはライダーズミーティング。明日の気象予報、大会斜面の状態の説明を受ける。

 

■Day4

大会当日。

 

IMG_2375
 

八方尾根スキー場ゴンドドラ前に集合。

この時点では大会の開催はまだ確定していませんでした。

大会斜面の安全かどうかの確認待ち。そして、山の方を見上げてもガスで何も見えていない。

選手同士で「んーどうだろうねー」という会話が飛び交っていました。

 

IMG_2376
 

上への移動の号令が掛かるも、このようにガスと弱い雨…

IMG_2377
 

大会斜面対岸へ移動、ガスで真っ白!

こんな様子で3回ほどミーティングとウェイティングを繰り返します。

 

IMG_2381IMG_2383
 

遂に晴れ間が少しづつやってきました。

「良し、大会行います!」の号令がやっとでました。

指示に従い、スタートへ移動。

「んー硬そうだ…」一筋縄にはいかない雰囲気の斜面。

 

IMG_2389
 

スタートゲート前。

緊張してくる。だんだん、自分の番が近くなってきます。

気が付いたら、自分のビブナンバーが呼ばれます。

「おーやるしかないなー、気持ち良く!」と自分に言い聞かせる!

でも、もう、息してるのやら、してないにやら…

「3,2,1、GOooooo!」 と言われれば、でるしかない。 軽く息を吸って、ドロップイン!

滑りながら、雪の感触を確認しながら、滑っていきます。

 

何とか、滑りきってボトムへ。

滑り終わった選手達が出迎えてくれ、「フッ」となんだか何とも言えない安堵感。

そこから、つづく選手達の滑走を観戦と応援します。

 

IMG_2394
 

IMG_2398カモシカも観戦・応援へ!

 

IMG_2417
IMG_2429
 

■男子スキー

優勝は!日本人!

佐々木悠さん

 

 

IMG_2412
 

■スキー女子

3位に  鈴木彩乃さん

 

IMG_2432
 

IMG_2408
とても、楽しい大会でした。

大会関係者の皆様には感謝の気持でいっぱいです。

 

自身の成績としてはスキー男子21位でした。

まだまだ、鍛錬が足りないですね!しかし、今なぜかモチベーションが凄く上がっています!!

「スキーって本当に面白い!」そう思えています。

皆さん、スキー楽しみましょうー♪

 

FWTへ進んだ日本人選手の応援よろしくお願いいたします!!

また、世界のトップライダーの滑りが観戦できるチャンスです!ぜひ、白馬へ!!

情報だと1月21日(日)に開催になりそうだとか。

 

 FREERIDE HAKUBA について詳しくは ↓ コチラをクリック

                FREERIDE HAKUBA

 

 

ICI長野店・堀田

 

 

【高尾店】次々と現れる氷瀑を越え山頂へ!

2018/01/19

こんにちは(^_^)/

『日本を代表するアルパインアイスの     

           古典的名ルート黄連谷左俣』に! 

1月15・16日に登山本店宮下&高尾店岩田で行ってきました!

2018年1月15日

竹宇駒ヶ岳神社からスタートです«

IMG_1229


いっぱいの夢と希望が入るザックを背負って出発!!

(PAINE ガッシャブルム80~100L)

日本三大急登にも数えられている黒戸尾根を登っていきます!

30Kg近い荷物を持って上がるのは、とにかく辛いです(-_-;)

(トレーニングにも使われるルートです!今回は有名登山家・栗城史多にも遭遇!!)

 IMG_1228


黒戸の難所「刃渡り」!

雪が付いているので気を付けてください(#^.^#)

5合目小屋跡にてテント泊

(黄連谷に入る方は5合目にテント泊or七丈小屋を利用します。)

テントを設営して、六丈沢からの下降路を偵察しに!

(特に暗いうちは少々分かりずらいので)

IMG_1220

六丈沢下降路の入口

 

偵察を終え、テントに戻り明日の長時間の山行に備えて夕食!!

今回は、お正月の余り物の餅!

IMG_1209


愛用のユニフレームから販売されているミニロースターを使い焼いちゃいま~す。

腹持ちも良く食べてると粘っこい登りができるので

私の山食ベスト10に入るひとつです(@_@;)

IMG_1210


ジップロックなどに入れてパッキングするのもいいデスネ!

 

早朝3時に起き、山行開始!

IMG_1230


ヘッドライトの明かりを頼りに黄連谷に降ります。

初めに15mの滝!

_AAA2386


本来であれば1個下の「坊主ノ滝」を登り、コンディションなどを見たりするのですが

時間がない為、省略させていただきました。

(ちなみに、技術的に坊主ノ滝を問題なくこなせないと、左俣には入るのを辞めた方がいいそうです)

(いろんな意味で目安になる滝です。)

 

次の滝は3段50mの滝です

_AAA2412


綺麗なナメ滝ですね(@_@;)

次の次の滝はチムニー滝30m

_AAA2441

チムニってますね(@_@;)

次の次の次の滝は50m+20mのナメ滝!

この時点で疲れきってて写真撮るの忘れてました、、

すみません(-_-;)

 

次第に雪が深くなり、正面に左俣の核心部の「垂直の滝」なんと60m!!!

ダイナミックにですね!90度近くある!名の通り垂直!

 _AAA2438

宮下先輩がカッコよく登る写真です。

IMG_1246

横からのいいアングルで先輩が撮ってくれた写真です。

す・い・ちょ・く、、、落ちれませんでした(T_T)

最後の滝です!

_AAA2435

この滝も2番目に難易度がある滝です!


最後はハイマツ帯を左に詰めて尾根にでて終わりです。

_AAA2433


最終的に竹宇駒ヶ岳神社に夜の21時!

2日目の行動時間16時間!

体力面・精神面的にも大変な山行でした(-_-;)

(2泊3日での山行をオススメします。)

黄連谷は次々と現れる氷瀑を越え、ナメを巡り、源頭部ではラッセルをまじえ

甲斐駒本峰に迫る充実度の高いアルパインクライミングが満喫できる場所です!

今回、時期が1月という事もあり、氷瀑に雪が付いてしまってるのではないかと心配しつつ行ったのですが、

今年は日頃の行いが良かったのか、雪があまり付いていなく登りきることが出来ました!

(本来であれば、新雪期の状態の良い時を狙って行くことをオススメします!)

 

今回は新作品スポルティバのG5を使用しました。

IMG_1232



過酷なアルパインクライミングでの絶対的な安心感をもたらしてくれます!

オススメです!

(高尾店は取り扱いがありません、登山本店にはまだ在庫がございます!)

山のご相談や道具のご相談に!

是非、石井スポーツまで来てください!

ICI石井スポーツ高尾店 岩田和也

 


【仙台泉店】ひだまりのチョモランマを着てみたら

2018/01/19

みなさん、数あるインナーウェアがある中で

『ひだまり』という商品をご存知ですか?

36年間愛されるベストセラーで

エベレスト山脈の標高5350メートル地点でも暖かい

ICI石井スポーツ代表である荒川もエベレストで着ていました!

今回は【ひだまり チョモランマ】のご紹介です!

実際にスキー場にて着用の感想とともにご説明します。

 

IMG_20180118_133138_20180119143650
 

山形県東根市【黒伏高原スノーパーク ジャングル・ジャングル】

1月18日(木) 天気 曇り 気温 -1℃

 

IMG_20180118_123652_20180119143631
IMG_20180118_130849_20180119143640
 

ひだまりチョモランマの女性Mサイズを上下着用。

着心地はちくちくしないので敏感肌の私でも

見頃が長めなので、屈んだり体をひねっても背中が出ない!

ガスの中リフトに乗ってても寒さを感じませんでした。

汗ばんでも汗冷えを感じず驚きです!

 

IMG_0562
 

着てみて実感することができました☆

 

保温力

三重構造特殊ウェーブ加工編地で空気層をプラスし

3枚分の重ね着効果が体温を魔法瓶のように蓄え逃がさない!

透湿性

速乾性・透湿性に優れたダンロン®を使用しており

 汗や湿気による不快なベトつきを放出し、肌側に水分を残さない!

抗菌・消臭素材

三菱レイヨンの消臭素材「キュートリー(CUTELY) ®」を使用。

着替えのできない山でも、匂いを気にしない☆

これは、普段使いから、登山、スキー

いろんなアクティビティによさそうですね!

 

ぜひお店に来てご試着ください!

仙台泉店 松田

 

【広島店】イベント告知☆

2018/01/19

こんにちは!

 

本日はICI石井スポーツ広島店にて行われます、イベントについてのお知らせです!

 

今回は、開催される度に大好評なアルパインツアーサービス様のスライド上映会&説明会でございます。

 

その名も・・・

 

 

 

☆ 『世界の山旅』 スライド上映会&説明会 ☆

 

 

 

0001

 

 

広島店内にあるアースプラザにて開催致します!

スライドを使って、世界各国の素晴らしい魅力のある山々を御紹介いただける講習会・・・

 

聞くだけでも夢広がりますよね!

お話だけでは掴みにくい現地の情報を、映像と共にわかりやすく御紹介いただける事と思います。

 

ご旅行や計画をする上での分からない事や疑問に思ったことがすぐに聞くことが出来るので、お悩み等はすぐさま解消することが出来ると思います!

 

 

 

興味がある!お話を聞いてみたい!等の方は

アルパインツアー様までご予約をお待ちしております!

上記画像内の 電話番号 又は Eメール にてお申し込み受付しております。

osaka@alpine-tour.com

 

皆様のご来店心よりお待ち申し上げております!

 

 

 

 

ICI石井スポーツ広島店

TEL:082-962-9707

サトウ

【登山本店】マレーシア最高峰のキナバル山に登ってきました。

2018/01/19

2017年1月1日~1月3日 マレーシアの最高峰キナバル山(4095m)に行ってきました。

DSC00477
上)写真 キナバルパークへ向かう途中、車の中から見たキナバル山

DSC01257
上)写真 ロウズピーク方面からセントジョーンズピーク方面を見る

DSC01185
上)写真 ラバンラタレストハウスからの登山中、朝日が昇ってきました。

DSC00888
上)写真 キナバル登山の前半は世界最古といわれるボルネオの熱帯雨林の中を歩きます。

 

キナバル山は、世界で三番目の面積を持つ島(日本の1.9倍ほど)であるボルネオ島の北側に位置している山です。

キナバル山の麓には世界最古の熱帯雨林が広がっていて、非常に貴重で生物多様性に富んだ熱帯雨林を見ることができます。

DSC00789
上)写真 1泊目の標高1500m前後のキナバル管理事務所近くのロッジでは血中酸素濃度は97%でした。

97%は正常な値なので標高1500mは自分にとっては問題のない標高のようです。

1日目はキナバルパーク管理事務所近くのロッジに宿泊しました。

ここでもすでに標高は1500m前後になるので、高度順応の為に1泊しておくと良いかと思います。

今回はキナバル登山の高度順応の為に

12月22日に、2909mの西穂高岳

12月26日、ミウラドルフィンズにて4000mの低酸素膣での運動2時間、呼吸法の勉強

1月1日1500mの麓に一泊

1月2日3273mのラバンラタレストハウスに1伯したのちに頂上に行く計画にしました。

高度順応は登山までの期間があいてしまっては効果がないと考え、二週間前からなるべく仕事の合間をぬって標高の高い場所にいることにしました。

また、パルスオキシメーターで血中酸素濃度を常に計り、

血中酸素濃度が、80パーセント以下、70パーセント以下などの数値を行動の目安にする考えでした。

80パーセント以下で様子を見ながらゆっくり登る。

70パーセント以下になったら登山続行するかどうか検討する段階かと、自分の中で考えていました。

その数値に特に明確な根拠はありませんが、同僚の話や、事前に高度順応の為に行ったミウラドルフィンズでの話などを参考にしました。

人によって、高山病の症状が出る数値が違う可能性もありますので、数値を目安にしながら、自分の体と相談しながらの登山になります。

数値に関係なく頭痛や食欲不振、睡眠障害など高山病の症状が出たら登山続行が厳しくなるので、高山病がでないようにペースを上げずにゆっくりと登りました。

※(通常、地上での血中酸素濃度は97%~100%ほど)

キナバル公園の管理事務所近くのロッジで1泊し、翌日7時30分頃から朝食をとり、8時30分頃にキナバル公園公園管理事務所から

標高1866mのティンポホンゲートへの車に乗り込みました。

ティンポホンゲートからは、熱帯雨林の森の中に作られたよく整備された登山道をひたすら登ります。

美しい熱帯雨林が日本の山とはまた違った趣を与えています。

熱帯雨林は植物の密度の濃さを感じます。

所狭しと植物が生えています。

DSC00872DSC00957
キナバル山はラバンラタレストハウスまで、丁度いい感覚で休憩所があり、トイレも併設されています。

休憩所があるたび軽く休憩を取りながら進みます。

DSC00849
トイレットペーパーはなかったので持参するか、現地の水を使う方式に慣れる必要があります。

私は現地の水を使う方式が好きなので、紙を使うことがなかったのですが、トイレに紙を流せるか事前にガイドの方に確認する必要があります。

DSC00994
ラバンラタレストハウスに着くと血中酸素濃度が78パーセントに下がっていました。ピンチ!ということで、

事前にミウラドルフィンズで習った呼吸法を実施。

DSC01042
呼吸法でまさかの97パーセントまで回復。

ただ、これは一時的なことなので呼吸法を使わなくても血中酸素濃度が下がらないように順応していく必要があります。

一時的とはいえ、呼吸法がここまで素晴らしい力を発揮するとは驚きです。

血中酸素濃度が下がったら呼吸法で少ししのげると思うと安心感が違います。

ラバンラタレストハウスに着いたら、まずシャワーを浴びましたがありがたいことに温水シャワーが出ました。

シャワーを浴びたら夕飯をいただき、すぐに就寝しました。翌日深夜の1時30分に起床し、はやーい朝食をいただき2時40分頃にラバンラタレストハウスから頂上へ向かって出発しました。

辺りは真っ暗でヘッドランプの明かりで進みます。今回使用したヘッドランプは、ペツルのアークティックコアと予備のヘッドランプでペツルのティカをもって行きました。

途中、小屋で登山許可証のチェックを行いました。ここに併設されているトイレが頂上までの最後のトイレになります。

ここから頂上まではある程度距離がありますが、ここからトイレがないので注意が必要です。

DSC01278
3500m位から森林限界になってくるので頂上付近は巨大な岩で構成された雄大な景色が広がります。

DSC01187 DSC01191
登山途中に朝日が昇り美しい景色を見ることができました。

その後、ローズピーク(4095m)に登頂し、その日のうちに歩いてティンポホンゲートまで下りました。

一日のうちに標高差800mほど登ってから、標高差2200m以上連続で下るロングコースになります。

素晴らしい景色を見ることができる、とても素敵な山でした。

DSC01003 DSC01004
キナバル登山 装備一覧(今回使用したもの)

ラバンラタレストハウスの部屋で装備の写真を撮ってみました。

前半の熱帯雨林の中は気温もそれほど低くないので、私はRabの半袖Tシャツとマーモットの夏用トレッキングパンツ、フェニックスのキャップ、AKUの登山靴(スーパーアルプ)で歩きました。

防水の軽トレッキングシューズや防水のトレランシューズで着ている方も多かったですが、私は登山靴のしっかりしたホールド力と、下りでの安定感がある靴が好きなので、少し重いですがしっかりしたつくりの登山靴(AKUスーパーアルプ)で行きました。登山全体を通してしっかりと足を守ってくれる登山靴はありがたいです。

その他、万が一頂上付近の気温が低かった時のためのバラクラバとウールの薄手の手袋も持って行きましたが、今回は使いませんでした。

ヘッドランプは予備も含めて2種類、いつも3種類のヘッドランプを持って行きますが今回は軽量化のため2種類にしました。

ザックは軽量化を図るためドイターのグラビティーエクスプローラーを使用、PAINEのザックカバーと合わせて持って行きました。

キナバルは熱帯の気候ということもあり雨もよく降るので、防水対策は万全にしていくことをお勧めします。

登山者の中には傘やポンチョで来ている方もいましたが、暖かい前半の熱帯雨林帯では、ポンチョや傘も涼しくて良さそうですが、後半の気温の低い岩稜体で雨に降られたらやはり上下セパレートの雨具があった方がいいと思います。

その他高山病対策のために沢山の水を飲む戦略だったため、一応浄水器も持って行きましたが活躍する場所がなかったです。

山の途中のラバンラタレストハウスでも水を購入できたので水に関しては問題ありませんでした。その他サングラスも持って行きましたが、今回は使用しませんでした。

DSC01005 DSC01007DSC01008 DSC01009
持ち物

使用したもの

ゴアテックス上下レインウェアー

Rab 半袖速乾性登山用Tシャツ

THE NORTHFACE 長袖速乾性ロングTシャツ

マーモット夏用トレッキングパンツ

ホグロフス薄手フリース

フリースネックウォーマー

PAINE ゴアテックス防水手袋

ホットチリ 冬用アンダー ファクター8メリノウール上下

ウール厚手ソックス

AKU スーパーアルプ 登山靴

ACP カーボントレッキングポール

フェニックスキャップ帽子

水一日目1.5リットル、二日目1.5リットル

 

使用しなかったが持って行った物

薄手ダウンジャケット

ニット帽

バラクラバ

薄手ウールインナー手袋

浄水器

サングラス

※防寒着に関してはその日のコンディションにもよるので多めに持って行くことをお勧めします。

高度の高い場所では体の水分が多く失われるので血液がどろどろになりやすいそうです。水分を多めに補給することで高度順応もしやすくなるということで意識的に多めに水を飲みました。

今回は高山病対策をかなり入念にしたので、高山病の症状が出ることなく登山をすることができました。

 

ICI石井スポーツ登山本店 土居 龍人

 

 

 

 

 

 

【IBS名古屋店】MILLETスキーウェアが30%OFF!!

2018/01/19

先週に続いて、スキーウェアのご紹介です!

画像トルソー

まだまだスキーシーズンが楽しめるこの時期に今季モデルがセール価格になっていますよ!!

画像1
画像2
画像3

7/24 ストレッチ ジャケット

MIV7152-8287-S
¥46,000+税
SALE → ¥32,200(本体価格)+税

【特徴】
フリーライド用の暖かいプロテクティブジャケット。
パウダーやあらゆる地形でのスキーを思うがままに楽しみたい人へ。
保温性、快適性、運動性を追求。

【装備】
・2種類の素材を組み合わせたバイマテリアル構造が保温性を提供
・優れたプロテクションを提供する運動性を重視したフィッティング、肩補強
・更なる通気性と拡張を可能にするマチ付きのプロテクティブカラー
・調整および取外し可能なジップオフフード
・脇下ジップベンチレーション
・ジップで取外し可能なパウダースカート + コネクティングパンツシステム
・ゴーグルワイパー付きの2つのジップハンドウォーマーポケット + 1つのジップチェストポケット + ジップチケットホルダー + 音楽プレイヤー用インナーポケット + メッシュポケット
・オフセンタージップ、調整可能な裾とカフ、ライクラ_インナーカフ

【素材】
表地: ドライエッジストレッチゼノン 2層ナイロン85% ポリウレタン15% 耐久撥水
中綿: ウールブレンド 100g ポリエステル80% ウール20% + プリマロフト_ブラック ポリエステル100g 100%
裏地: ナイロン100% 耐久撥水

画像6
画像4
画像5

アタミック ストレッチ パンツ 

MIV7463-6139-M
¥33,000+税
SALE → ¥23,100(本体価格)+税

【特徴】
フリーライド用の暖かいプロテクティブパンツ。
パウダーやあらゆる地形でのスキーを思うがままに楽しみたい人へ。
保温性、快適性、運動性を追求。

【装備】
・プロテクション性能が高く、運動性を重視したフィッティング。起毛フリースの裏地
・調整可能なウェストバンド。ジップで取外し可能なサスペンダーを搭載したメッシュバンド。コネクティングジャケットシステム
・ジップベンチレーション
・2つのフラップ付きジップハンドウォーマーポケット。カーゴポケット。レッグジップポケット
・プルアップシステムを搭載した裾、裾補強、ブーツゲイター付き

【素材】
表地: ドライエッジストレッチゼノン 2層ナイロン85% ポリウレタン15% 耐久撥水
中綿: プリマロフト_ブラック ポリエステル 40g 100%
裏地: ナイロン100% 耐久撥水

 

 

サイズ・カラー欠けもございますので、お早めにご覧下さい。
スタッフ一同お客様のご来店を、お待ちしております。

 

 

MILLET STORE IBS名古屋店 望月

【甲府店】富士見パノラマスノーリゾートへ行ってきました!

2018/01/19

IMG_2614[1]
昨日は富士見パノラマリゾートへ行ってきました。

富士見パノラマと言えばやっぱり3キロコース。

昨日は気温が高かったこともありスキー場麓のゲレンデは若干雪が緩かったですが、3キロ上部はハードパックでした。

3キロを滑ると刻々と雪質が変化し、いろんな雪面状況を楽しみながらスキーの面白さが体感できます。

まだまだシーズンはこれからです。

高速からアクセスの良い富士見パノラマリゾートへぜひ行ってみてください。

詳しくはこちら

http://www.fujimipanorama.com/snow/

富士見パノラマ

 

またスキー技術の上達を目指す方はナショナルデモンストレーター、SAJデモンストレーター、現役選手が多く所属する日本トップクラスのスキースクール『パノラマスノーアカデミー』で受講してみてはいかがですか?

詳しくはこちら

http://psa-ski.com/index.shtml

PSA

 

 

神田小川町雪だるまフェア2018

2018/01/19

 

冬の風物詩

神田雪だるまフェアが明日から神田駿河台交差点を中心に開催されます。

さて、神田本館の前にはどんな雪像ができるか楽しみで~す。

皆さんも是非、見に来て下さい。

神田本館では「SKIクリアランスセール」を開催しています。

前売りリフト券も販売中!!

詳しくは前売りリフト券 一覧表をご覧ください。

http://www.ici-sports.com/topics/?p=20864

 

第17回 神田小川町雪だるまフェア
日程:2018年1月20日(土)~1月21日(日)
時間:10:00~18:00
場所:神田小川町(靖国通り会場/小川広場会場)

明日、できるのが楽しみです。

20180119171636
 

 

【吉祥寺店】登山学校お気軽にご参加下さい♬

2018/01/19

DTFLC1cVQAAh19k
 

吉祥寺店では登山で役立つ内容を盛り沢山で【石井スポーツ登山学校】を実施しております。

近日でも登山を楽しむため・安全に行うための登山学校を吉祥寺店で実施致します。

おすすめ登山学校の講習会を本日ご案内致します。

 

★雪山入門講座【雪山登山に必要な装備・雪山登山初心者おすすめコースのご紹介】★

白い雪、誰も歩いていない雪原、吹雪、張りつめた空気、凍りついた樹木、木々についたエビのしっぽ、樹氷と青空、深雪など。

雪山は普段の生活とまったく違う世界となります。

今持っている装備にプラスアルファすることでまずはOK。

雪山デビューに必要な装備は何?雪山の危険は何?

など不安や疑問についてお話ししていきます。

また、アイゼンやピッケルなど本格的な雪山装備がなくても行ける、入門向の雪山から、経験者向の雪山紹介もあり。

~安全な装備があることでより快適に楽しく登山が出来ます~

●講師:
椙山 太郎(日本山岳ガイド協会 山岳ガイドⅠ・スキーガイドⅡ)
渡邉 元嗣(日本山岳ガイド協会 登山ガイドⅡ)
山岳旅行専業会社・アルパインツアーサービスに勤務。
国内登山ツアーの企画・運営全般を担当し、日本全国をツアーリーダーとして同行している。
詳細はこちらをご覧ください。HPから申し込みも可能です⇒登山学校HP

 gatag-00002356

★雪山入門【雪山低山ハイクについて学ぼう】★

雪が降ると山の様子は一変します。
雪山を始めたい方へ向けて、冬のウエアのレイヤリング、雪に合わせた道具の違いを知って
選び方から使い方のコツ(実技講習)まで、丁寧にお教えします。
行ってみたいけれど何から始めたらいいかわからない方、この冬、雪山へ!
illust2872_thumb
●講師:渡辺 佐智(日本山岳ガイド協会登山ガイドステージII)
春から秋は登山ガイド、冬から春はバックカントリーガイドとして四季を通して日本の山で活動。
モットーは[楽しく、安全登山]
詳細はこちらをご覧ください。HPから申し込みも可能です⇒登山学校HP
皆様のご参加心よりお待ちしております。
登山仲間やご家族の方との参加も大歓迎です。

メンバーズカードお持ちの方は参加費無料です

当日申し込みも可能ですのでお気軽にスタッフにお申しつけ下さい。

本日もご来店心よりお待ちしております。

【吉祥寺店 村田】

【登山本店】2018年「世界の名峰カレンダー」プレゼント!

2018/01/19

1/20(土)より登山本店にて

商品をお買い上げのお客様の中で

ブログ・ツイッターを見た

とお伝えいただいたお客様先着30名様に

■2018年世界の名峰カレンダー■

をプレゼントいたします。

image1 image2
アイガー、フィッツロイ、モンブラン、エベレストなど

めくっていくと、世界の美しい山々の写真がカレンダーとともに楽しめます♪

「今年のカレンダー買い忘れたー」

という方や

「今使ってるのよりいいなぁ」

なんて方はこの機会にぜひ!

月日が進むのが楽しみになりますね♪

 

登山本店 安達