Blog

【大宮店】早割リフト券 2017 販売開始(解説付き)

2017/09/30

 

皆さま、大変長らくお待たせ致しました!

 

 

 

 

2017年10月1日(日)より、

『2017-2018シーズン スキー早割リフト券

店頭販売が開始されました。

リフト券
 

早割リフト券とは、各スキー場でリフト券と引き換えることができるチケットのことです(一部のスキー場はそのまま使います)

その早割リフト券を石井スポーツで購入できます。

 

 

→→→今年の取扱いスキー場一覧はコチラ←←←

 

 

 

★早割リフト券のメリット★

 ※内容は昨年の記事の焼き直しです。

 

①安い

当日にスキー場で購入するより、安くリフト券を入手することができます。

 滑りに行くスキー場が決まっているのならば、早割リフト券を活用しない手はないです!

 

例えば・・・・・・・・

No176[宝台樹スキー場(全日1日券:大人)]現地販売価格¥4,300⇒早割価格¥3,100

No193[白馬八方尾根スキー場(全日1日券:大人)]現地販売価格¥5,200⇒早割価格¥4,000

No266[ハンターマウンテン塩原スキー場(全日1日券:大人)]現地販売価格¥4,700⇒早割価格¥3,000

などなど、当日に現地で買うよりも安く購入できます!

 

 

②まとめ買い可能で、有効期間内にいつでも使える。

早割リフト券は、まとめ買いが可能です。クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

例えば「〇〇スキー場に、毎年〇回は滑りに行く」という方や「〇〇スキークラブの皆で〇〇スキー場に滑りに行く」と言ったケースでは、まとめ買いしておけば楽ですよね。

早割リフト券は利用可能期間がそれぞれ定められていますが、その期間内でしたら原則いつでも利用できますので、ご都合に合わせた利用が可能です。

 

 

③当日のやり取りがスムーズになる。

お支払いを既に済ませているため、当日に余計なお金やクレジットカードを持っていく必要がありませんし、

受付で早割リフト券を渡して引き換えるだけですので、やり取りがスムーズになります。

スキー場に付いたら、早く滑りに行きたいですよね!

 

 

④全国のスキー場の早割リフト券を購入できる。

北は北海道から西は広島まで、全国100ヶ所を超えるスキー場の早割リフト券を購入可能です(詳細はHPや、店内で配布しているパンフレットを参照して下さい)

※店舗により在庫状況は異なる場合がございます。予めお問い合わせして頂くのをオススメ致します。

 

 

 

⑤共通券や施設利用券付きリフト券などもある。

東急グループの9スキー場ならどこでも使える[東急スノーリゾート共通券(全日1日券:大人)]¥3,200や、

場内利用権1,500円が付く[Mt.Naeba(苗場・かぐら)スキー場(全日1日券):大人パック券]¥4,500など、

お客様のスタイルによって、更にお得になる早割リフト券がございますので要チェックです!

 

 

 

 

 

このように、早割リフト券はメリットが沢山あるんです!

 

 

 

 

 

一方で、購入の際に注意すべき点がいくつかございますので、併せてご説明させて頂きます。

 

 

 

※早割リフト券ご購入時の注意点

 

 

・在庫数に限りがある(場合がある)

スキー場により、販売可能在庫数は異なります。在庫数が少ないスキー場の早割リフト券は、販売終了日を待たずに完売する場合がございます。予めご了承下さい。

購入の目処が立ちましたら、早めに購入するのをオススメ致します。

月により、販売価格が違ってくるスキー場もございます。

 

 

・店舗により在庫状況が異なる

店舗によっては、購入予定の早割リフト券が在庫をしていない場合もございます。予め在庫状況をお問い合わせして頂くと、ご来店時のやり取りがスムーズになります。

 

 

・早割リフト券には販売開始日と販売終了日が設けてある

スキー場により、販売開始日と販売終了日が設けてあります。

特に販売終了日には注意が必要です。主に12月中旬頃に販売終了となるスキー場が多いのですが、

それよりも早く販売終了を迎えたり、短期間限定販売のスキー場もありますので買い逃しのないようご注意ください。

 

 

 

 ・払い戻しは不可

スキー場の営業は、その年の降雪量などにより大きく左右されます。

早割リフト券の払い戻しは出来ませんのでご注意ください。

 

 

 

毎年多くの方にご購入して頂いてます早割リフト券。

 

 

上手に利用してお得にスキーをお楽しみください!

 

 

→→→今年の取扱いスキー場一覧はコチラ←←←

 

 

ご不明な点は。お気軽にお問い合わせ(048―641―5707)ください!

 

 

 

 

大宮店 會田

【立川店】第1回「ISHII MOUNTAIN MARATHON」開催しました!

2017/09/30

第1回「ISHII MOUNTAIN MARATHON」23~24日に開催しました!

K5IP2385.jpg朝

開催2日目 24日の朝


こんにちは!立川店バヤシです。

今回は先日開催開催されたマウンテンレースを紹介します。

 

 

2017-09-29 16_43_44-ISHII MOUNTAIN MARATHON _ ICI石井スポ-ツ - Internet Explorer

石井マウンテンマラソンとは

イギリスにて1965年発祥した山岳レース、「OMM(オリジナルマウンテンマラソン)」をより多くの方に楽しんでもらえるための入り口として「IMM(石井マウンテンマラソン)」は作られました。OMMと同じく2人でチームを組むのが特徴で、2日間に渡って山を走る速さだけではなく、読図能力や効率よく点数を獲得するためのルート設定、幕営技術など山の総合力「山力」を試されるユニークな大会となっています。登山を「より安全に」「より快適に」楽しんでいただくための「山力のスキルアップ」をテーマに、これから本格的な縦走登山をはじめたい方から、スキルアップを目指したい方、そして山の熟練者の方まで、すべての山好きな方々が「山」というひとつのフィールドで一緒に楽しむことが出来るレースとなっています。

基本ルール

レースは2日間にわたって2人1組のチームで行われます。
基本ルールは2人1組で、ロゲイニング方式でチームが独自にルートを選択し、制限時間内に数多くのチェックポイントを回りその総合得点を競います。
また2日間のステージレースとなっており夜は指定された場所でのキャンプとなります。また参加者はこれらのキャンプに必要な装備(テント、寝袋、食料等)をすべて携帯し行動しなければなりません。

 

 

 

9月23日(土) IMM1日目

K5IP1779点から点へ

大会初日のエントリークラス説明会にて


初めてのIMMの舞台は稲取温泉などで有名な伊豆半島東海岸の「東伊豆町」。

初日のスタートと最終日のフィニッシュと表彰式は東伊豆町体育センターで行われました。今回はレギュラークラスとエントリークラスで約100組の方がIMMに参戦しました。

スタッフが持っている四角いフラッグが「コントロール」。参加者の腕に巻いたタグをコントロールにタッチすると、通過時刻と難易度に応じた点数が記録されていきます。より多くのコントロールをより短時間でGETしたチームが優勝となります。

 

 

K5IP1780事前説明

エントリークラスは地図の見方や、攻略法も事前の説明会で行います


IMMはトレランの様に決まったコースや順路があるわけではないので、制限時間内により多くのコントロールを回るための経路の選択が重要になります。またコントロールの難易度に応じて配分される点数が異なるので、自分達の走力や読図やナビゲーション能力に応じた取捨選択をする戦略も非常に重要です。制限時間を過ぎるとせっかくGETした点数もペナルティで減点されてしまうので要注意。

 

 

IMGP0006 23日地図

大会初日23日に支給された地図


これが1日目に参加者に配られた地図。スタート15分前に配布され短い時間で経路を考えなくてはいけません。もちろんGPSなどは使用禁止!この地図とコンパスのみを頼りにナビゲーションを行います。

 

 

スターターは当社荒川社長

スターターは当社荒川社長です


レギュラークラスは10時スタート、エントリークラスは11時に一斉にスタート。競技終了は両クラスともに15時。

ピストルの合図とともにスタートですが、コースはそれぞれ各チームで決めるので走っていく方向はバラバラなのが面白いところです。

 

 

K5IP1841スタート

1日目 エントリークラスのスタート風景


ゲートを出るとそれぞれ思い思いの方向へクモの子を散らすように走って行きました。

 

 

K5IP1862参加者

チームごとに自分達でコースを決めるのがIMMの醍醐味


参加者は前からも来れば、後ろからも来たり、それぞれのチームが自分達で決めたコースを走ります。

 

 

K5IP1877社長走る

社長荒川勉もガチで走る!


我が石井スポーツの社長荒川勉もコースを走りました!

ちなみに後ろに取り残されているのはイワタニプリムスチームです。

 

 

K5IP1869コントロール一つ目のコントロールをGET!

一つ目のコントロールをGET!


一つ目のコントロールをGET!

CP113は30点。スタートから東側はフィニッシュの細田高原とは反対方向なので読図の難易度の割には高得点のコントロールが多いのが狙い目のルート。

 

 

K5IP1880トンネル

トンネルの中は暗闇!


照明の無い暗いトンネルを通過すると・・・

 

 

K5IP1900海と山の絶景

海と山の織りなす絶景!


一気に視界が開け海が見えました!

みかん畑と海のコントラストが美しい大パノラマ!!

 

 

K5IP1907コントロールGET

2つ目のコントロールをGET!


軽快に走り続けてCP117をGET!

ここはちょっと面倒な場所なので配点はなんと60点。

 

 

K5IP1972迷ってます

地図と格闘してます


 自分の位置をしっかり把握するのは難しい!

分岐の形や方位、周囲の地形などをヒントにしてナビゲーションします。

 

 

浅間山

浅間山からは稲取の町が一望の下に


浅間山(516m)に登ると相模湾と伊豆半島東海岸の絶景が待ち構えていました!

右奥の草原が今回のフィニッシュで幕営地の細野高原です。

 

 

CP

CP129に辿り着く道は無い


CP129は登山道の無い山中に設置されていました。

地図と地形をたよりにコントロールを見つけ出します。

 

 

20170923IMM競技の様子S

約3時間ほどコースを巡ってコントロールを6ヶ所計210点GET!

いったん本部に戻り、本日の宿営地細野高原に向かいました。

 

 

フィニッシュ

初日のフィニッシュは細野高原


標高約500mの細野高原が初日のフィニッシュ。

競技は一旦終了しますが、ここでテントを設営してキャンプをしなくてはいけないのがIMMの面白い所。

 

 

利島

テン場からは利島と鵜渡根島が見えました!


一般的な山岳テントから、ワンポールテント、自立シェルター、ツェルト、タープなどテントのバラエティーが豊富!

海の向こうに利島と鵜渡根島が見える絶好のビュースポットが今回の宿営地の特徴。ススキの名所細田高原はキャンプ禁止の場所ですが東伊豆町の全面的な協力で実現しました!

 

 

それぞれ自慢のメニューを楽しむ一時

それぞれ自慢のメニューを楽しむ一時


宿営地での補給は水のみ。テントはもちろん燃料や食材、調理器具などすべてザックに入れて行動しなくてはいけないのが厳しい!

猛者は大量の酒を持ち込んでの酒盛りを楽しんでいます!レース中と違い皆リラックスしてキャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

9月24日(日) IMM2日目

K5IP2445日の出s

細田高原に昇る朝日


夜間雨がパラついたものも朝にはすっかり晴れました!

100張以上のテントが朝日に包まれていく幻想的な日の出でした。

 

 

朝の

レース開始前のひととき


朝食を済ましたらテントを撤収し、レースの身支度を整えます。

2日目のフィニッシュは前日スタートした東伊豆町体育センター。ちなみに1分遅刻で10点減点、30分以上遅刻すると失格になってしまいます。

IMGP0006 2日目地図s

24日に支給された地図


2日目はレギュラークラス、エントリークラス共に9時スタート。競技終了は13時。

前日と同じ場所のコントロールもあれば、より難しくなった所もあるので見比べてみてください。

実際に使用した地図は立川店内にて展示しています。

 

 

K5IP2563 2日目スタート

2日目レーススタート!


 9時にレース開始!広い草原を一斉にスタートしました。

 

 

K5IP2661s K5IP2694s K5IP2678s

2日目はマーシャルとして一番最奥のマーシャルポイントにて待機し、参加者のトラブルに備えました。

フィニッシュから反対側の一番遠くのポイントということもあり、走力に自信のある強者が続々と駆け抜けて行きます。

 

 

K5IP2712石井チーム

石井スポーツのスタッフも参加!


石井スポーツからも選抜メンバーのチームが参戦しました!

 

 

表彰式は豪華賞品をプレゼント!

K5IP2787

エントリークラスの受賞者の皆様



レギュラー

レギュラークラスの受賞者の皆様


それぞれのクラスの1位2位3位の受賞者の方には副賞として石井スポーツ商品券と、東伊豆町の特産品などがプレゼントされました!おめでとうございます!!

 

 

☛IMMのリザルトはコチラ

 

 

 

☛IMMオフィシャル画像はコチラ

 

 

 

 

また来年もIMMでお待ちしております!

FB_IMG_1506523609635集合写真

IMMのスタッフ全員で集合写真


東伊豆町の風光明媚な地で開催された2日間の大会楽しんでいただけたでしょうか?

また次回のIMMでお会いしましょう!!

 

 

 

 

 

 ニューアイテム続々入荷!秋の新作フェア開催中!!

紅葉フェア

税込5000円以上お買い上げの方に、素敵なノベルティをプレゼント!

※数量限定 なくなり次第終了です

 

 

楽しい職場で働きませんか!?

立川店では一緒に働く仲間を募集しています!!

baito
 

 

 

特典盛りだくさん!メルマガ会員募集中!!

お買い得情報やイベント、マメ知識などをメルマガ配信!

ブログ用 メルマガ

メルマガの登録はコチラをチェック!

 

石井スポーツの最新情報はコチラ!

最新アイテムや、山情報など毎日つぶやいています!

ブログ用  ツイッタ- 

石井スポーツグループ公式アカウントhttps://twitter.com/isggreen

 

もうメンバーズカードは忘れない!

スマホでメンバーズカードを管理できます!

ブログ用 ショプリエ

ショプリエの詳細はコチラ 

 

立川店は車でも電車でも超便利!

毎日夜9時まで営業!!山の帰りに、仕事帰りにぜひお立ち寄りください!

装備の選び方、使い方、おススメの山など、山の悩み事はお気軽にスタッフまで!

皆さまのご来店お待ちしております(^o^)丿

立川店取扱いブランド

ICI石井スポーツ立川店

東京都立川市曙町2-42-1パークアベニュー1F

TEL:042-540-4801 営業時間10:00~21:00

JR立川駅北口よりパークアベニューまで直結徒歩5分!
多摩モノレール立川北駅より徒歩1分!

パークアベニュー駐車場:¥5,000以上のお買い物で1時間駐車サービス券を発行!

 

 

 

今度はハセツネでお会いしましょう!立川店☆バヤシでした

山梨県 日向山に行って来ました!【川越店】

2017/09/30

風邪をひいていたのですが「折角の秋晴れの休み、山に行かねば!」と思い

TVでも話題となった山梨県 日向山に行って来ました。

DSC_0071

矢立石側から登りました。オベリスクのような花崗岩。
DSC_0074

ここの斜面を越えると八ヶ岳が見えました!
DSC_0085

山頂は逆側から登ってきたハイカーで賑わっていました。
DSC_0088 DSC_0087 白い山頂。
DSC_0086 甲斐駒ケ岳の紅葉はまだまだ始まったばかりでした。


下山はハイキングコースを下りました。途中にひっそりと三等三角点。
DSC_0094



帰り近くのに尾白川渓谷を歩きました。
DSC_0031

こちらは渓谷と言ってもしっかりとした登山スタイルではないとかなり危険できついルートになっています。

また日向山へのルートも登山道が崩壊して通行止めとなっていますのでご注意ください!
DSC_0035DSC_0047 DSC_0048DSC_0051 DSC_0044

【長岡店】 10月の定休日をお知らせ致します。

2017/09/30

長岡店のブログをご覧頂きまして

ありがとうございます。

(^◇^)

 

new_20170928 079


10月の定休日をお知らせいたします。

10月3日      (火)  定休日

10月10日    (火)  定休日

10月17日    (火)  定休日

10月24日    (火)  定休日

10月31日    (火)  定休日

ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承頂けますようお願い致します。

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

m(__)m

大丸東京店 ファーストエイド机上講習会開催しました。

2017/09/30

こんにちは 大丸東京店です。

9月28日(木) 大丸東京店主催 机上講習会

【ファーストエイド講習会】開催しました。

講師は石井スポーツ登山学校人気の酒井ガイド(登山ガイドステージⅡ)

講習内容はファーストエイドの基礎をわかりやすく説明していただける講習会でした。

大丸東京店では今後も様々な机上講習会を予定しております。

大丸東京店 蛯名

IMG_0714
 

 

【仙台・仙台泉店】登山学校 間ノ岳~北岳縦走3日間

2017/09/30

 

こんにちは!仙台店スタッフの工藤です。

今回の登山学校は台風の影響により一週間ずれてのツアーとなりました。台風のせいで今回参加出来なかった方々には本当に申し訳ないですが、台風一過でビックリするほどの晴れに恵まれた3日間となりました。

甲府駅からジャンボタクシーで麓の広河原まで向かいます。いざ出発!

IMG_0115

広河原からシャトルバスに乗り野呂川出合いから両股小屋まで林道を歩きます。東北とは違う、南アルプスの自然を感じます。

IMG_0120IMG_0126

本日の宿、『両股小屋』に到着。なにはともあれまずは一服です。

IMG_0130IMG_0141

小屋の夕飯がすごく美味しくてびっくり!猫もいます!

IMG_0147IMG_0146

朝は5時起床で6時から行動開始!野呂川越から稜線に向かい登ります。南アルプスは苔も茂っており森が深い。。

IMG_0152IMG_0155

稜線に出ると日差しがまぶしく、展望も開けて気持ちいい!遠くに見える山々が圧倒的です。

IMG_0167IMG_0158
IMG_0170IMG_0177
IMG_0184IMG_0203

10時26分。最初にたどり着いたのは『三峰岳 2999m』風も穏やかで大パノラマが広がります。ここで短めの昼休憩です。

IMG_0213

雲の向こうには富士山が頭を出してました。近い。。振り返ると仙丈ケ岳。近い。

IMG_0210IMG_0215

そしていよいよ間ノ岳に向かいます!なかなか岩岩してましたのでヘルメット装着。いらないような気がする、、と言わずに安全第一です(^ー^)

IMG_0219IMG_0223
IMG_0232IMG_0234

11時50分、『間ノ岳 3190m』登頂!!振り返ると登ってきた稜線がぐるりと見えます。振り返りながら高度を感じながらっていいですよね。ここまできたぞ!って気になります。

IMG_0240
 

暫しの休憩後、本日の宿『北岳山荘』を目指します。途中で『中白峰山 3055m』に到着。山の向こうに小屋が見えてきた辺りからが何故か長い。なかなか着かない。

IMG_0269
IMG_0263IMG_0272
IMG_0279IMG_0280
IMG_0288

13時50分、『北岳山荘』到着!後ろにそびえる北岳がデカい!!ここの小屋も管理が行き届いており、きれいで充実してました。

IMG_0291IMG_0304

17時半頃には夕焼けが真っ赤に北岳を染め上げました。写真には納まりきれないスケール感。ため息が出るほどの強烈な絶景でした。

 

 

IMG_0292
IMG_0298

25日はこの3日間の内、一番の快晴でした。昨日は頭だけ出してた富士山もすっかり姿を現してくれました。

IMG_0306
IMG_0312

南アルプスの山々を一望しながら6時20分登山開始!朝は寒く、霜柱が立ってました。

IMG_0326IMG_0355

3000mの酸素の薄さを感じながら、岩場、ガレ場を歩きます。下を見るとヒュンとする高さですね。。

IMG_0336IMG_0341
IMG_0331

7時40分、無事『北岳 3193m』登頂達成!!おめでとうございます!

IMG_0347

当日誕生日の方もいて、登頂の感動がひとしおです!山頂は風が穏やかで雲もなく、周りの山々を見下ろす大展望でした。

IMG_0352

赤岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ケ岳、富士山などなどぐるりと見渡し山座同定。圧巻の景色に時間が止まったかの様でした。

北岳山頂を堪能し、気を引き締めて下山を開始!ここから長い長い下りが始まります(^ー^;)

下りもなかなか急でして、ガンガン高度を下げていきます。

今回はツアーテーマに『サポーターの活用法』ということで、日本シグマックス株式会社様より協賛頂いた『ザムスト EK-3ひざサポーター』を参加者に活用していただきました。

 下りは疲労と体力の低下により膝に負担がかかり、間接に痛みが出ることがありますからね。サポーターをすることで負担を減らし、最後までの余力を稼ぎます!ツアーの様子を写真撮り過ぎてメモリの容量不足となってしまいサポーターの写真が撮れませんでした。申し訳ないです。。しかし活用いただいた方からは負担が減った実感があるとの感想をいただきました!ありがとうございます!!

8時20分、『肩の小屋』を経由し、その後もガシガシ下ります。10時20分『白根御池小屋』で昼休憩。振り返ると遠くに肩の小屋が見え、さっきまであんな高いところにいたのか、、、。

IMG_0358IMG_0357
IMG_0360
IMG_0363IMG_0364

そこから後は苔のむす山道をひたすら下り、最後の気力を振り絞り歩きます!広河原まではもうすぐ!それが長い、長いように感じる!

IMG_0365IMG_0367

12時45分、無事、広河原に到着!みなさんお疲れ様でした(^^)

本当に天候に恵まれた3日間で、否応なしにテンションが上がりましたねー!参加者のみなさんの協力もあって、充実した良いチームで最高の登山ができました。

さて、次回の登山学校は紅葉の『栗駒山~秣岳縦走』です!乞うご期待!

 

 

【広島店】秋冬商品の入荷情報!その2

2017/09/30

こんにちは!^o^

 

 

ここ最近、朝晩が急に冷え込んでまいりましたね・・・

寒いのが苦手な私には辛い季節になりました・・・(暑いのも嫌いですが)

 

 

ぼちぼち長袖の洋服が恋しくなってきたのでは!?

(ちょっと早いかな!?!?)

 

 

そんなこんなでご入荷アイテムのご紹介です♪

 

ダウンやフリース、カットソー等々各ブランド色々と入荷しておりますが・・・

 

 

第二弾に御紹介いたしますのは≪MAMMUT (マムート)≫!!

 

男性にも女性にもカッコ良くて好まれるブランドですね♪

 

その中でもイチオシを御紹介☆

 

 

DSC_0054

SOFtech CLIMB Light Hooded Jacket Women ¥18,000+税 

☆メンバーズカードご提示で5%OFF☆

 

 

昨年も大人気だった商品が今年流行りのカラーも加えて再登場!

写真では伝えきれない綺麗な赤色!これは是非実物をご覧頂きたいところでございます!!^^

 

 

(men‘sの商品もカラー違いでございます!)

 

 

すっごくストレッチ性抜群で、動きを妨げられることのないこの上着は、一枚あるとミドルウェアにも秋口にはアウターとしてもお使いいただけるのでは??

 

 徐々に商品も増えてきております♪

 

 

着てみるだけでも大歓迎!

 

 

 

是非一度広島店遊びに来てみてください^^

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております☆

 

 

 

広島クレド・パセーラ4F

ICI石井スポーツ広島店

サトウ

(新宿西口店)10/7(土)SIDAS 足形測定会開催

2017/09/30

足圧測定チラシ150225RUN
 

 

 

新宿西口店です。

10月7日(土)にインソールメーカー SIDAS様による 足形測定会を実施致します。

特殊な計測機械を用いて足形の傾向をその場で導きだします。!!

参加費等は一切かかりませんのでお気軽にご参加ください。

会場は 4階スキーコーナーです。

沢山のご参加お待ちしております。

【仙台泉店】 宮城の里山を歩いて来ました。

2017/09/29

 こんにちは、仙台泉店です。

 9月も終盤に入りましたが、天気が落ち着いて参りましたので、20日(水)、22日(金)

 宮城の里山を歩いて来ました。

 

 9/20(水)につきましては、宮城県南・丸森方面の、『 夫婦岩 』、『 岩岳 』を歩きました。

『 夫婦岩 』登山口は、立派な案内板とトイレを構えた、大きな駐車場となっております。

しかし平日昼近くの為、登山者は少ないようです。登山道は途中まで作業道となり開けていますが、

間もなく尾根に登る、600段位の階段を上ります。

 

DSC_1720DSC_1711
 

 階段を上り尾根に出た後、クサリ場を経て、ほどなく『 夫婦岩 572M 』山頂に到着です。

 視界の無い山頂より、少し進むと、なかなかの高度感のある展望が望めます。

 

 DSC_1719DSC_1718

 

  つづいて、案内板脇より、『 岩岳 』を登りました。こちらも1時間程度で登れる、

  里山ですが『 夫婦岩 』同様、登山口がしっかり整備され、展望に恵まれます。

 

DSC_1734DSC_1729

 

 9月22日(金)には、宮城県北、『 御駒山 』を歩きました。宮城県北・岩手県南の

小中学生が、多く利用した、『 国立花山少年自然の家 』脇より、最短ルートで登ります。

 

DSC_1736 DSC_1737

 

 ほどなく山道を歩いていると、なんと! ” カモシカさん ” がいらっしゃるではありませんか!

 興味があるのか、しばらくこちらの様子を見ながら、お互い硬直状態が続きます。

 まるで、映画『 もののけ姫 』の1シーンのようです。

 

 DSC_1741

 

御駒山山頂では、新発売『 ポカリスウェット・ゼリー¥170 』をいただきます。

 花山湖方面の展望を堪能しながら、しっかり水分と電解質の補給です。

 クセが無く、飲みやすいゼリーです。( 石井スポーツ各店で販売しておりますので、秋山の

 お供として是非ご利用ください。)

 

DSC_1748DSC_1750
 

 

 『 御駒山 』下山のあとは、鳴子の『 胡桃ヶ岳 』に向かいます。

 蜘蛛の巣との格闘の上、30分で山頂に到着です。老朽化した山頂標識では、かすかに『胡桃ガ岳・461M』

 が読み取れます。

 

 DSC_1755DSC_1754

 

胡桃ガ岳山頂よりは、藪が深く展望に恵まれなかった為、山麓の『 潟沼 』からの

『 胡桃ガ岳 』です。 潟沼は、日本一の『 酸性湖 』とされるそうです。

 

DSC_1765

 

  今週は、分県登山ガイド『 宮城県の山 』のまだ、登っていない里山を歩いて見ました。

どの山についても、往復2時間程度で、1年中歩ける山ばかりです。おそらくお客様のお住まいの

近隣にはこのように手軽に登れる里山が存在するはずですので、体力維持の為、冬季でも是非山歩き

を継続して行きましょう。

 

                              仙台泉店     阿部

【長岡店】 紅葉が始まった 谷川岳 に行ってきました。

2017/09/29

new_20170928 039
 

【山名】 谷川岳 (標高 オキノ耳 1977m  トマノ耳 1963m)

【日程】 2017/09/26(火)

【天気】 晴れ

こんにちは~ヽ(^。^)ノ 今日は、【谷川岳】へ登ってきました。

私ごとですが、今年も元気に年を歳を重ねることが出来た、自分へのご褒美に一人登山をしてきました~。

とにかく、フフフ・・・と始終、笑顔だった私でした(^◇^)

 

new_20170928 001 new_20170928 003 new_2017092801 001
谷川岳ロープウェー駐車場に到着。 定番のロープウェーを利用し天神平へ向かいます。

土合口から乗り込み、15分程度で天神平へ到着します。

車窓から薄っすら紅葉し始めた斜面が眺められました。紅葉には、早かったかなぁ↘と心の中で呟きながら・・・。

 

new_20170928 110 new_20170928 004 new_20170928 006
天神平ロープウェーで、トイレを済ませ準備万端!

 

『いざ!出陣!!!』(^◇^)09:40 出発

 

観光の方が多く居られました。お時間ある方は、リフトで天神峠を目指す方も・・・

リフトに心を引かれながら・・・前を向いて一歩一歩と・・・。

 

new_20170928 011  new_20170928 012
熊穴沢避難小屋 10:12 到着 [一人歩きもあり、所要時間 32分]

(山と高原地図のコースタイムだと、天神平~熊穴沢避難小屋 45分)

 

new_20170928 103 new_20170928 104
天狗の留まり場  10:37 到着 [所要時間 25分]

(谷川岳ロープウェーのコースタイムですと、熊穴沢避難小屋~天狗の留まり場 30分)

 

new_20170928 097
天神ザンゲ岩 11:00 到着 [所要時間 23分]

(谷川岳ロープウェーのコースタイムで、天狗の留まり場~天神ザンゲ岩 30分)

 

new_20170928 027 new_20170928 028 new_20170928 030
肩の小屋 11:10 到着 [所要時間 10分]

(谷川岳ロープウェーのコースタイムで、天神ザンゲ岩~肩の小屋 20分)

 

new_20170928 034 new_20170928 032
トマノ耳 標高 1963m  11:17 到着 [所要時間 7分]

(谷川岳ロープウェーのコースタイムで、肩の小屋~トマノ耳 10分)

多くの登山者が居られました。天気も良く紅葉も眺められ、登山日和に皆さん、いい笑顔です(*^_^*)

 

new_20170928 037 トマノ耳から眺めた、紅葉のオキノ耳ヽ(^。^)ノ

いつまでも眺めていたい景色です!最高!!!

 

new_20170928 042  new_20170928 044
オキノ耳 標高 1977m  11:35 到着 [所要時間 10分]

(谷川岳ロープウェーのコースタイムで、トマノ耳~オキノ耳 15分)

 

本当に気持ちが良く、ウキウキさせてくれる景色 new_20170928 046
 

new_20170928 047  富士浅間神社 奥の院へ向かいお弁当場所を探して(^○^)

このまま進むと、一ノ倉岳へ行けるのですが・・・次回の楽しみに☆¨

鳥居をくぐり少し進み登山道の邪魔にならない岩の上に よっこいしょ!と腰を下ろし(^_^)

 

new_20170928 050 一ノ倉岳・茂倉岳 方面

 

オジカ沢ノ頭 方面 new_20170928 051
 

富士浅間神社 奥の院 12:20 出発

トマノ耳 12:54 通過

 

new_20170928 086 new_20170928 088
昔、雪の厳剛新道を登った事があるのですが・・・記憶がなく(~_~;)辛かった事だけが残っています。

肩の小屋 13:00 到着 [所要時間 40分] 肩の小屋でお手洗いを済ませ、ストックを用意し、下山開始!

肩の小屋 13:05 出発

 

new_20170928 094 new_20170928 096
右の写真をよ~くご覧下さい(@_@;) 棒でも紐でもありません↘ ヘビさんです(@_@;)

悲鳴をあげる寸前で、とどまりましたが・・・。登山道をゆうゆうと横断していきました。ふーぅー(~_~;)

天神ザンゲ岩 13:15 到着 [所要時間 10分]

天狗の留まり場 13:31 到着 [所要時間 16分]

 

new_20170928 108
熊穴沢避難小屋 13:54 到着 [所要時間 23分 オキノ耳~熊穴沢避難小屋 60分]

(谷川岳ロープウェーのコースタイム オキノ耳~熊穴沢避難小屋 100分)

 

new_20170928 109
天神平ロープウェー 14:24 到着 [所要時間 30分]

(山と高原地図のコースタイムだと、熊穴沢避難小屋~天神平 40分)

 

到着! 5時間44分の行動時間でしたヽ(^。^)ノ

 

風がなく、日差しが強く、とっても暑かったです。今年一番のご褒美を頂きました!(^^)!

例年でいくと10月上旬は、紅葉を楽しめるでしょうから、是非お出掛けしてみては・・・

 

秋の季節を歩く注意点!

天候をみて、お出掛けをされますよね。

しかし、秋の天候は、急変する事もよくあります。 防寒着・レインウェアーは、もちろんですが

手袋も必ず持参しましょう!

合わせて、万が一の時に使える、ヘッドランプの携帯もお忘れなく!

楽しい山行をする為の準備をしっかり行い、お出掛けして下さいませ(^O^)

 

*・゜*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・秋を感じるおまけ・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*

 

 

new_20170928 057 new_20170928 058 new_20170928 060 new_20170928 075

new_20170928 062     new_20170928 072

ホソバヒナウスユキソウ                          リンドウ と トマノ耳